Word の起動スイッチを「/」の説明

概要

この資料では、 /aスイッチは、どのような動作、およびその使用方法について説明します。

詳細

/A スイッチを指定します

/Aスイッチは、Microsoft Word で作業している場合、問題が発生場所を決定するために使用できるトラブルシューティング ツールです。


/Aスイッチを使用して Word を起動するときに、アドインと全文書対象テンプレートを自動的に読み込まれているから、Normal.dot テンプレートを含む、スイッチができなくなります。


/Aスイッチは、設定ファイルもロックされます。設定ファイルの読み取りまたはこのスイッチを使用する場合は変更できません。

注: 一般的な運用スタートアップ スイッチと/aスイッチを使用することはお勧めしません。このスイッチは、Word の任意の設定が保持されていることを防止できます。問題が発生するかを決定するのには Word のトラブルシューティングを行う必要がある場合にのみ、 /aスイッチを使用します。

/A スイッチで Word を起動する方法

注: 次の一覧に記載されているデフォルトのインストール パスは、デフォルトの場所し、システムによって異なる場合があります。/Aスイッチは、省略またはロック、次の Word を起動します。
  • 標準テンプレート (Normal.dot)、次のフォルダーに配置されています。
    C:\Documents and Settings\ のユーザー名\Application Data\Microsoft\Templates
  • テンプレートと、次のスタートアップ フォルダーに置かれているファイル。
    C:\Windows\Application Data\Microsoft\Word\Startup
  • 全文書対象テンプレートまたはアドインとして追加されたファイルです。ツール] をクリックすると、これらのファイルが配置することができ、
    テンプレートとアドインWord でします。
  • コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドインを使用します。COM アドインはカスタム コマンドや特殊な機能を追加することによって Word の機能を拡張する補足的なプログラムです。
  • Microsoft Windows レジストリの次の場所に Word の Data キー:
    Word 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Data

    Word 2002
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Word\Data

    Word 2000
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Word\Data

  • Windows レジストリの次の場所に Word のオプションのキー。
    Word 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Options

    Word 2002
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Word\Options

    Word 2000
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Word\Options

  • 現在選択されている Microsoft Office アシスタントの設定は、Windows レジストリの次の場所に配置します。
    Word 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\Assistant

    Word 2002
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Common\Assistant

    Word 2000
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Common\Assistant

/A スイッチを使用する方法

/Aスイッチを使用して Word を起動するには、次の手順を実行します。
  1. Winword.exe を探します。

    注: デフォルトでは、このプログラムは、Word のバージョンに応じて次の場所です。
    Word 2003
    C:\Program Files\Microsoft Office\Office11
    Word 2002
    C:\Program Files\Microsoft Office\Office10
    Word 2000
    C:\Program Files\Microsoft Office\Office
  2. [開始] をクリック
    実行します。
  3. [名前] ボックスで手順 1 で見つかった場合、Winword.exe のパスを入力します。
  4. パスを引用符で囲むには、次のような。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\Winword.exe"
  5. [名前] ボックスのパス ステートメントの末尾の引用符の後にカーソルを移動します。
  6. スペースを入力し、入力
    /a.

    パス ステートメントは、ここでは、次のようななります。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\Winword.exe" /a
  7. [OK] をクリックします。
注: /Aスイッチを二重引用符の外側を入力する必要があります。引用符で囲まれて、 /aスイッチを入力すると、コマンドを実行しようとするときに次のいずれかに次のようなエラー メッセージが表示されます。
ファイルが見つかりません 'C:\Program ファイル Office\Office11\Winword.exe/a' (またはそのコンポーネントの 1 つ)。パスとファイル名が正しく、必要なライブラリが使用可能かどうか確認ください。
- または -
見つかりません ' C:\Program ファイル Office\Office11\Winword.exe と、' です。名前を正しく入力したかどうかを確認し、もう一度やり直してください。ファイルを検索するに [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
プロパティ

文書番号:826857 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック