登録エディター (REGEDIT) のコマンド ライン スイッチ

3.10 3.11
WINDOWS
kbenv kbole

概要

Microsoft Windows オペレーティング システムのバージョン 3.1 登録情報エディター (REGEDIT をします。EXE) は、シェル (プログラム マネージャーなど) と OLE 情報がレジストリ エディターの設定に役立ちます。EXE は、Windows のヘルプ ファイルで、レジストリ エディターです。HLP と REGEDITV。HLP。この資料では、レジストリ エディターのコマンド ライン スイッチについて説明します。EXE です。

詳細

レジストリ エディターの構文です。EXE

REGEDIT [/v|-v] [/s|-s] <FILENAME>

<FILENAME>

これをします。REG 形式のファイル、レジストリ エディターの [ファイル] メニューの [登録ファイルの保存コマンドを使用して生成できます。高度なモードで EXE です。

[/v |-v]

このスイッチは、レジストリ エディターを開きます。EXE 高度なモードでは、登録データベースが (Windows 3.1 のファイル マネージャーのツリー ウィンドウに似ています) のツリー構造で表示されます。データベースの任意の部分を編集することができます。

[/s |-s]

コマンドラインでファイル名を指定すると、通常表示されるすべての情報ダイアログ ボックスが表示されないようにするのにはこのスイッチが使用されます。これは、方法は、REGEDIT を実行するアプリケーションのセットアップ プログラムが希望する場合に便利です。EXE をします。REG ファイルをユーザーが表示されるダイアログ ボックスを混同しません。

スイッチの構文

いずれか「/」または"-"オプション ・ スイッチを示すために使用することができます。スイッチ (-vs など) を組み合わせることができ、大文字または小文字で入力します。認識されないスイッチは無視されます。
プロパティ

文書番号:82821 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 2

フィードバック