ターミナル サーバー セッションで共有ネットワーク プリンターに印刷しようとするときにエラー メッセージが表示されます。

現象

Microsoft Windows 2000 ベースのコンピューターまたは Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、上のターミナル サーバー セッションに接続している任意のプログラムから共有ネットワーク プリンターに印刷しようとする、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示される可能性があります。
プリンターがインストールされていません。プリンターをインストールするには、Windows の [スタート] メニューの [設定] をポイントし、プリンターをプリンターの追加] をダブルクリックし、します。ウィザードの指示に従います。
現在のプリンターが使用可能ではありません。別のプリンターを選択します。
、印刷する前に、プリンターを選択する必要があります。プリンターをインストールする場合は、プリンターの追加] アイコンをダブルクリックするか、このダイアログ ボックスの [全般] タブ上にあるプリンターの検索] ボタンをクリックします。
エラー メッセージでは、プログラムによって異なります。

これらのエラー メッセージが表示され、[ OK] をクリックすると、プリンターのダイアログ ボックスが開くことがあります。 エラー メッセージが発生したのと同じプリンターを選択した場合、印刷適用ボタンが利用できないと、印刷することはできません。別のプリンターを選択する場合は、印刷できる場合があります。

原因

この問題は、他のユーザーがターミナル サーバーにログオンし、ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている同じプリンター ドライバーの新しいバージョンを持っている場合に発生する可能性があります。印刷スプーラーでは、ターミナル サーバーに新しいドライバーを検出すると、スプーラーはプリンター ドライバーの新しいバージョン用の新しいバイナリ データ ファイルを作成します。ターミナル サーバー セッションでのプログラムから印刷しようとすると、以前のバージョンのプリンター ドライバーがコンピューターにインストールされているため、新しいバイナリ データ ファイルをアクセスできません。

バイナリ データ ファイルは一時ファイル ミニドライバー テキスト ファイルに含まれる情報を解析した後にユニバーサル プリンター ドライバー (Unidrv) を作成します。ユニバーサル プリンター ドライバー (Unidrv) は、Microsoft 以外の PostScript プリンターを使用する標準のプリンター ドライバーです。Unidrv のバイナリ データ ファイルには、.bud ファイルの拡張子があります。

解決策

修正プログラムの情報

Windows Server 2003

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

前提条件が必要ではありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語バージョンがファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルが一覧表示されます。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。

Windows Server 2003 では、Itanium ベースのバージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームサービス区分
Localspl.dll5.2.3790.220860,16030-Sep-200408:32IA-64RTMQFE
Spoolss.dll5.2.3790.212233,98430-Sep-200408:32IA-64RTMQFE

Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームサービス区分
Localspl.dll5.2.3790.220312,32030-Sep-200423:28x86RTMQFE
Spoolss.dll5.2.3790.21281,40830-Sep-200423:28x86RTMQFE

Windows 2000

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルが一覧表示されます。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。

Windows 2000

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームサービス区分
Basesrv.dll5.0.2195.682442,25620-Nov-200322:59x86該当なし
Cmd.exe5.0.2195.6824236,30421-Sep-200300:45x86該当なし
Faxui.dll0.2.0.1138,00020-Nov-200322:59x86該当なし
Gdi32.dll5.0.2195.6824222,99220-Nov-200322:59x86該当なし
Kernel32.dll5.0.2195.6867711,44020-Nov-200322:59x86該当なし
Localspl.dll5.0.2195.6876252,68820-Nov-200322:59x86該当なし
Mpr.dll5.0.2195.682454,03220-Nov-200322:59x86該当なし
Msgina.dll5.0.2195.6876334,09620-Nov-200322:59x86該当なし
Rdpwd.sys5.0.2195.682490,23220-Nov-200322:59x86該当なし
Sp3res.dll5.0.2195.68705,847,55206-Nov-200322:29x86該当なし
Spoolss.dll5.0.2195.687680,14420-Nov-200322:59x86該当なし
User32.dll5.0.2195.6869380,17620-Nov-200322:59x86該当なし
Userenv.dll5.0.2195.6871389,39220-Nov-200322:59x86該当なし
Win32k.sys5.0.2195.68691,628,81631-Oct-200303:02x86該当なし
Win32spl.dll5.0.2195.682487,31220-Nov-200322:59x86該当なし
Winlogon.exe5.0.2195.6873182,03211-Nov-200300:29x86該当なし
Winsrv.dll5.0.2195.6873243,98420-Nov-200322:59x86該当なし
Kernel32.dll5.0.2195.6867711,44020-Nov-200322:59x86ユニプロセッサ
Win32k.sys5.0.2195.68691,628,81631-Oct-200303:02x86ユニプロセッサ
Winsrv.dll5.0.2195.6873243,98420-Nov-200322:59x86ユニプロセッサ

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

修正プログラム パッケージに名前を付ける方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

816915新しいファイル名前付けスキーマの Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージ

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:831754 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック