[Keyboard] 日本語 106/109 キーボード配列への設定方法


概要


この資料は、キーボードの配列設定を日本語 106/109 配列に変更する手順について説明しています。

[対象製品]

  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop Elite (2003 年発売の新製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop Elite Executive Edition (2003 年発売の新製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop Pro (2003 年発売の新製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop Pro (2002 年発売の旧製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop (2003 年発売の新製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop (2002 年発売の旧製品)
  • Microsoft(R) Basic Wireless Optical Desktop (2003 年発売の新製品)
  • Microsoft(R) Wireless Optical Desktop for Bluetooth
  • Microsoft(R) Natural MultiMedia Keyboard
  • Microsoft(R) MultiMedia Keyboard
  • Microsoft(R) Internet Keyboard
  • Microsoft(R) Office Keyboard
  • Microsoft(R) Natural Keyboard Pro
  • Microsoft(R) Internet Keyboard Pro
  • Microsoft(R) IntelliType Pro 5.0 (Windows 版)
  • Microsoft(R) IntelliType Pro 2.2 (Windows 版)
  • Microsoft(R) IntelliType Pro 1.1 (Windows 版)
  • Microsoft(R) IntelliType Pro 2.3 for Bluetooth (Windows 版)

※ スペシャル カラー バージョンなどの限定版キーボードや、本体色のカラーが異なるシリーズのキーボードも、これらに含まれます。

詳細


お使いのオペレーティング システムによって、変更の手順が異なります。

重要 : キーボードの配列を変更した場合、その変更を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

Windows XP の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。[スタート] メニューの表示設定によっては、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] アイコンをダブルクリックして、[システムのプロパティ] を開きます。
  3. [ハードウェア] タブをクリックして、[デバイス マネージャ] をクリックします。
  4. [デバイス マネージャ] のメニュー バーの [表示] から "デバイス (種類別)" を選択します。デバイスの一覧から "キーボード" をダブルクリックして、配列を変更するキーボード モデル名をダブルクリックします。
  5. [ドライバ] タブをクリックし、[ドライバの更新] をクリックして、[ハードウェアの更新ウィザード] を開始します。
  6. "一覧または特定の場所からインストールする (詳細)" を選択して、[次へ >] をクリックします。検索とインストールのオプションを選択する画面で、"検索しないで、インストールするドライバを選択する" を選択して、[次へ >] をクリックします。
  7. デバイス ドライバの選択画面で、"互換性のあるハードウェアを表示" のチェックをオフにして、
    [製造元] の一覧から "(標準キーボード)" を、
    [モデル] の一覧から "日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)" を
    選択します。
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従います。
    ドライバの更新やインストールに関する警告ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてインストールを継続します。
  9. システムを再起動します。
ご注意 : Windows XP でキーボードのドライバを更新する際に、上記の手順にある 7 番目で、[製造元] の一覧から "Microsoft" を選択して、[モデル] の一覧から以下のモデルを選択しないでください。
  • Microsoft USB Internet Keyboard
  • Microsoft USB Internet Keyboard Pro
  • Microsoft USB Natural Keyboard
  • Microsoft USB Natural Keyboard Pro
これらの Windows XP に標準でインストールされているモデルを選択してドライバの更新を行なった場合、システムの再起動後に PS/2 サービスが無効となり、PS/2 ポートに接続されているすべてのデバイス (キーボード/マウスなどのポインティング デバイス) が機能しなくなることが確認されています。

Windows 2000 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] アイコンをダブルクリックして、[システムのプロパティ] を開きます。
  3. [ハードウェア] タブをクリックして、[デバイス マネージャ] をクリックします。
  4. [デバイス マネージャ] のメニュー バーの [表示] から "デバイス (種類別)" を選択します。デバイスの一覧から "キーボード" をダブルクリックして、配列を変更するキーボード モデル名をダブルクリックします。
  5. [ドライバ] タブをクリックし、[ドライバの更新] をクリックして、[デバイス ドライバのアップグレード ウィザード] を開始します。
  6. [次へ] をクリックし、検索方法の選択画面で、"このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択する" を選択して、[次へ] をクリックします。
  7. デバイス ドライバの選択画面で、"このデバイス クラスのハードウェアをすべて表示" を選択し、
    [製造元] の一覧から "(標準キーボード)" を、
    [モデル] の一覧から "日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)" を
    選択します。
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従います。
    ドライバの更新やインストールに関する警告ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてインストールを継続します。
  9. システムを再起動します。

ご注意 : Windows 2000 でキーボードのドライバを更新する際に、上記の手順にある 7 番目で、[製造元] の一覧から "Microsoft" を選択して、[モデル] の一覧から以下のモデルを選択しないでください。
  • Microsoft Natural Keyboard Pro
  • Microsoft USB Natural Keyboard
これらの Windows 2000 に標準でインストールされているモデルを選択してドライバの更新を行なった場合、システムの再起動後に PS/2 サービスが無効となり、PS/2 ポートに接続されているすべてのデバイス (キーボード/マウスなどのポインティング デバイス) が機能しなくなることが確認されています。

Windows Millennium Edition の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] アイコンをダブルクリックして、[システムのプロパティ] を開きます。
  3. [デバイス マネージャ] タブをクリックして、種類別に表示されたデバイスの一覧から [キーボード] をダブルクリックし、配列を変更するキーボード モデル名をダブルクリックします。
  4. [ドライバ] タブをクリックして、[ドライバの更新] をクリックし、[デバイス ドライバの更新ウィザード] を開始します。
  5. 検索方法の選択画面で、"ドライバの場所を指定する" を選択して、[次へ] をクリックします。
  6. "特定の場所にあるすべてのドライバの一覧を作成し、インストールするドライバを選択する" を選択して、[次へ] をクリックします。
  7. デバイス ドライバの選択画面で、"すべてのハードウェアを表示" を選択し、
    [製造元] の一覧から "(標準キーボード)" を
    [モデル] の一覧から "106 日本語 (A01) キーボード (Ctrl + 英数)" を
    選択します。
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従います。
    ドライバの更新やインストールに関する警告ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてインストールを継続します。
  9. システムを再起動します。

Windows 98 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] アイコンをダブルクリックして、[システムのプロパティ] を開きます。
  3. [デバイス マネージャ] タブをクリックして、種類別に表示されたデバイスの一覧から [キーボード] をダブルクリックし、配列を変更するキーボード モデル名をダブルクリックします。
  4. [ドライバ] タブをクリックして、[ドライバの更新] をクリックし、[デバイス ドライバの更新ウィザード] を開始します。
  5. [次へ] をクリックし、検索方法の選択画面で、[特定の場所にあるすべてのドライバの一覧を作成し、インストールするドライバを選択する] を選択して、[次へ] をクリックします。
  6. デバイス ドライバの選択画面で、"すべてのハードウェアを表示" を選択し、
    [製造元] の一覧から "(標準キーボード)" を
    [モデル] の一覧から "106 日本語 (A01) キーボード (Ctrl + 英数)" を
    選択します。
  7. [次へ] をクリックして、画面の指示に従います。
    ドライバの更新やインストールに関する警告ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてインストールを継続します。
  8. システムを再起動します。

Windows 95 および Windows NT 4.0 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [キーボード] アイコンをダブルクリックして、[キーボードのプロパティ] を開きます。
  3. [全般] タブをクリックして [キーボードの種類] の [変更] をクリックします。
  4. [デバイスの選択] ダイアログにて、"すべてのデバイスを表示" をクリックし、
    [モデル] の一覧から "PC/AT 106 日本語 (A01) キーボード (Ctrl + 英数)" を
    選択します。
  5. [OK] をクリックして、画面の指示に従います。
    ドライバの更新やインストールに関する警告ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてインストールを継続します。
  6. システムを再起動します。