マイクロソフトのワイヤレス製品を特定の環境下のコンピューターで使用すると正常に動作しない

現象

マイクロソフトの ワイヤレス マウス および ワイヤレス キーボード製品を、特定の環境下のコンピューターで使用すると、以下のように正常に動作しない場合があります。
  • レシーバに、マウス、またはキーボードを極端に近づけないと動作しない
  • マウス カーソルの動きが鈍く追随性が悪い

補足 : この現象はマイクロソフトが販売以下の無線製品で発生します。
  • Bluetooth 製品 : 2.4GHz 帯
  • ワイヤレス製品 : 2.4GHz 帯
  • ワイヤレス製品 : 27MHz 帯

原因

マイクロソフトのワイヤレス製品は、マウス、またはキーボードから発信する無線周波数の電波をレシーバが受信して、その信号をパソコン本体に情報を伝えているため、以下の環境下でお使いの場合は、ワイヤレス製品の通信が妨害されて正しく動作しません。

電波を発生する機器の付近 :
  • 電子機器から発生する電磁波
  • ディスプレイやパソコン本体のファン
  • 蛍光灯
  • 27MHz 帯の電波を用いた家電機器
  • 2.4GHz 帯の電波を用いた家電機器 (コードレス電話、電子レンジ)
  • 2.4GHz 帯の無線ホーム ネットワーク機器 (IEEE 802.11b/g)
電波を吸収する性質がある物質の付近 :
  • 電波がレシーバに到達する前に金属などの電波を吸収する性質を持つ物質が近くにある。
  • スチール製の机、事務机
  • 金属製のパソコン ケース
  • 金属製の家具

回避策

この現象を回避するには、以下のいずれかの方法を試してください。
  • ディスプレイやパソコン本体などの電子機器から、レシーバ、マウス、およびキーボードを離します。
  • 電波を吸収しやすい素材からなるべくレシーバ、マウス、およびキーボードを離します。
プロパティ

文書番号:838689 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック