RIP リスナーが新しい工順情報を使用してルート テーブルを更新できません。


現象


場合は、Microsoft Windows XP ベースのコンピューターには、ルーティング情報プロトコル (RIP) リスナーが実行されているが、RIP リスナーが新しい工順情報を使用してルート テーブルを更新できません。

原因


この問題は、ファイアウォールが原因で RIP リスナーが RIP バージョン 1 を使用しているルーターによって送信されるルーティング情報を受け取る場合に発生する可能性があります。Windows XP Service Pack 2 (SP2) をインストールするときは、Windows ファイアウォールを有効にします。コンピューターが Windows ファイアウォールまたは別のファイアウォールを有効にされている場合、着信 UDP ポート 520 をブロック可能性があります。

回避策


  1. [開始] をクリック
    実行します。
  2. [名前] ボックスに REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM\MSXML
    wscui.cpl.
  3. [OK] をクリックします。
  4. [ Windows ファイアウォール] をクリックします。
  5. [全般] タブをクリックし、例外を許可しない] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。
  6. [例外] タブで、[ポートの追加] をクリックします。
  7. [ポート番号] ボックスで、次のように入力します。
    520
  8. [ UDPを] をクリックします。
  9. [] ボックスで、次のテキストを入力します。
    RIP リスナーを開く 520 のポート
  10. [OK] をクリックします。
  11. RIP リスナーを開く 520 のポート] チェック ボックスを選択し、[ OK ] を 2 回クリックします。

詳細


RIP リスナーに他の問題については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
811156新しい工順情報を使用してリモート アクセス サーバーとして構成されている Windows XP ベースのコンピューター上のルート テーブルは更新されません。