SQL Server のディスク コント ローラーのキャッシュ機能の説明

概要

ライト ・ キャッシュの使用 (書き込みとも呼ばれるキャッシュのバックアップ) ディスク コント ローラーは、SQL Server のパフォーマンスを向上させることができます。書き込みキャッシュ コント ローラーとディスク サブシステムは、データの重要なトランザクション データベース管理システム (DBMS) の環境で使用するため特別に設計されている場合、SQL Server では、に対して安全です。これらのデザイン機能は、システム障害が発生した場合、キャッシュされたデータを保存する必要があります。外部の無停電電源装置を使用して (UPS) がこれを達成するために一般に十分ではなく電源とは無関係の障害モードが発生する可能性があるためです。

コント ローラーとディスク サブシステムのキャッシュは SQL Server で使用するため安全なことができます。これらを組み込んでいるほとんどの新しい専用のサーバー プラットフォームでは、安全です。ただし、ハードウェア ベンダーに、ディスク サブシステムが具体的にはテストされデータ クリティカルなトランザクションのリレーショナル データベース管理システム (RDBMS) 環境で使用できる承認済みかどうかを必ず確認してください。


詳細

SQL Server のデータ修正ステートメントは、論理ページの書き込みを生成します。という 2 つの場所に書き込み、このストリームを示されていることができます: ログとデータベース自体です。パフォーマンス上の理由は、SQL Server は独自のキャッシュ バッファー システムを介してデータベースへの書き込みを延期します。ログへの書き込みは、コミット時まで一時的に延期されます。データの書き込みと同じ方法ではキャッシュされません。特定のページのログの書き込みの前に常にあるために、ページのデータが書き込ま、ログはログが「先行書き込み」と呼ばれます。

トランザクションの整合性は、リレーショナル データベース システムの基本的な概念の 1 つです。トランザクションは、完全に適用されるか完全にロールバックされている作業の分割不可能な単位と見なされます。SQL Server 先行書き込みトランザクション ログは、トランザクションの整合性を実装する際に重要なコンポーネントです。

予期しないシステム障害からの復旧は、トランザクションの整合性と密接に関連概念では、任意のリレーショナル データベース システムは対処する必要がありますもします。さまざまな最適でない、実際の効果には、このエラー可能性があります。多くのデータベース管理システムで、時間のかかる人間指向の手動のリカバリ ・ プロセス システム障害が発生可能性があります。

対照的に、SQL Server の回復メカニズムは完全に自動で、ユーザーによる介入操作なしで実行など、SQL Server がミッション ・ クリティカルな本番アプリケーションをサポートは、一時的な電源変動のためのシステム障害が発生します。、電源回復時にサーバー ハードウェアが再起動し、読み込みおよび初期化するには、ネットワーク ソフトウェアは、SQL Server が再起動し。SQL Server が初期化されると、自動的にトランザクション ・ ログ内のデータに基づいて、リカバリ ・ プロセスが実行されます。このプロセス全体は、人間の介入なしに発生します。クライアント ワークステーションが再起動されるたびにすべてのデータを入力した最後のトランザクションまでのユーザーを検索します。

SQL Server のトランザクションの整合性と自動回復は、非常に強力な時間と労働力の保存機能を構成しています。書き込みキャッシュ コント ローラーが正しく、データ クリティカルなトランザクション DBMS 環境での使用に設計されていない場合、可能性がありますが侵害される SQL Server の機能を回復するにためのデータベースの破損します。これは、コント ローラーが SQL Server トランザクション ログの書き込みと、コント ローラー ボードのハードウェアでキャッシュ バッファーをインターセプトが、システム障害時にページを作成するこれらは保持されないかどうかに発生します。

大部分のキャッシュ コント ローラーは、書き込みキャッシュを実行します。書き込みキャッシュ機能は、常に無効にすることはできません。

サーバーでは、UPS を使用する場合でも、キャッシュされた書き込みのセキュリティは保証されません。UPS では対応できない多様なシステム障害が発生します。たとえば、メモリ パリティ エラー、オペレーティング システムのトラップ、またはシステム リセットの原因となるハードウェアの故障、制御されないシステム中断が得られます。ハードウェアの書き込みキャッシュでメモリの障害は、重要なログ情報が失われることがあります。

書き込みキャッシュ コント ローラーに関する別の問題は、システムのシャット ダウン時に発生します。「サイクル」のオペレーティング システムまたは構成の変更中システムを再起動することも珍しくはありません。場合でも、注意が必要な演算子に依存して、システムを再起動する前にすべてのディスク操作が終了するまで待機するのにはオペレーティング システムの推奨事項、キャッシュされた書き込みもできますコント ローラーに存在します。CTRL + ALT + DEL キーの組み合わせを押す、または [リセット] ボタンが押された、キャッシュされた書き込みが破棄されます、データベースが破損する可能性があります。

データベース ・ サーバで使用しても安全であるためダーティ キャッシュ データを破棄することのすべての考えられる原因を考慮する、ハードウェアの書き込みキャッシュを設計することは。これらの RST バス シグナルが、オンボード バッテリ バックアップ キャッシュ コント ローラーの非制御リセットを回避するし、ミラーリングの受信機能が含まれますが、デザインや安全 (エラー チェックおよび訂正) メモリの一部です。ライト ・ キャッシュには、これらとデータの損失を避けるために必要なその他の機能が含まれていることを確認するのには、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

SQL Server には、Microsoft SQL Server Always-On のストレージ ・ ソリューションのレビュー プログラムの下で説明したように '安定したメディアへの配信の保証' をサポートするシステムが必要です。 /Fo オプション、SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件

プロパティ

文書番号:86903 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Integration Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Integration Services, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core, SQL Server 2012 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

フィードバック