Internet Explorer 5.x および 6.0 の更新プログラムのロールアップ

概要

マイクロソフトは、Internet Explorer 5.x および 6 の新しい更新プログラムを公開しました。更新プログラムのロールアップ 871260 には、セキュリティ更新プログラム 867801、およびセキュリティ更新プログラム 832894 以降に公開された Internet Explorer 用の修正プログラムがすべて含まれています。この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。システム管理者は、セットアップ スイッチを使用することにより、更新プログラムのカスタム インストールを実行できます。Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 以外のすべてのバージョンでは、Internet Explorer の [Internet Explorer のバージョン情報] ダイアログ ボックスに、Q871260 が表示されることを確認することによって、更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できます。Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 では、使用しているコンピュータ上にある更新されたファイルのバージョンを、この資料の「ファイル情報」に記載されているファイルと比較することにより、更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できます。また、IsInstalled という名前の DWORD 値が以下のレジストリ キーの下に存在し、値のデータが 1 に設定されていることを確認することによっても、更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{42cd6e37-d75d-4b9a-bcd5-4aedd9e32728}.
Internet Explorer 6、Internet Explorer 5.5 および Internet Explorer 5.01 用の更新プログラムのインストールを完了するには、コンピュータを再起動する必要があります。コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] (または [プログラムの追加と削除]) を使用することによって更新プログラムを削除できます。また、システム管理者は Ieuninst.exe ユーティリティまたは Spuninst.exe ユーティリティを使用して更新プログラムを削除することができます。Ieuninst.exe ユーティリティは
%Windir% フォルダにインストールされます。Spuninst.exe ユーティリティは
%Windir%\$NTUninstallKB867801$\Spuninst フォルダにインストールされます。

はじめに

Internet Explorer 5.x および 6 の新しい更新プログラムがリリースされました。更新プログラムのロールアップ 871260 には、セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025)、およびセキュリティ更新プログラム 832894 (MS04-004) 以降にリリースされた Internet Explorer 用の修正プログラムがすべて含まれています。

セキュリティ更新プログラム 867801 の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 セキュリティ更新プログラム 832894 の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 先頭に戻る

詳細

ダウンロード情報

Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE6.0sp1-KB871260-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) (64-bit)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
ダウンロード IE6.0sp1-KB871260-ia64-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Windows Server 2003 (64-bit Edition)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード WindowsServer2003-KB867801-x86-jpn.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




: Microsoft Windows Server 2003 (64-bit Edition) を実行している場合、セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) には、セキュリティ更新プログラム 832894 (MS04-004) 以降に作成された修正プログラムが含まれています。セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) を Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピュータにインストールすると、コンピュータ上にある更新対象のファイルの中に、マイクロソフトの修正プログラムによって以前に更新されたファイルが 1 つ以上あるかどうかが、インストーラによってチェックされます。以前に修正プログラムを適用してこれらのファイルを更新していた場合、累積的な修正プログラム ファイルがインストーラによってコンピュータにコピーされます。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824994 Windows Server 2003 製品アップデート パッケージの内容に関する説明


先頭に戻る

Windows Server 2003

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード WindowsServer2003-KB867801-x86-jpn.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




: Microsoft Windows Server 2003 (32-bit Edition) を実行している場合、セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) には、セキュリティ更新プログラム 832894 (MS04-004) 以降に作成された修正プログラムが含まれています。セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) を Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピュータにインストールすると、コンピュータ上にある更新対象のファイルの中に、マイクロソフトの修正プログラムによって以前に更新されたファイルが 1 つ以上あるかどうかが、インストーラによってチェックされます。以前に修正プログラムを適用してこれらのファイルを更新していた場合、累積的な修正プログラム ファイルがインストーラによってコンピュータにコピーされます。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824994 Windows Server 2003 製品アップデート パッケージの内容に関する説明


先頭に戻る

Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード WindowsServer2003-KB867801-ia64-jpn.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




: Microsoft Windows XP 64-bit Edition Version 2003 を実行している場合、セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) には、セキュリティ更新プログラム 832894 (MS04-004) 以降に作成された修正プログラムが含まれています。セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) を Microsoft Windows XP 64-bit Edition Version 2003 ベースのコンピュータにインストールすると、コンピュータ上にある更新対象のファイルの中に、マイクロソフトの修正プログラムによって以前に更新されたファイルが 1 つ以上あるかどうかが、インストーラによってチェックされます。以前に修正プログラムを適用してこれらのファイルを更新していた場合、累積的な修正プログラムがインストーラによってコンピュータにコピーされます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824994 Windows Server 2003 製品アップデート パッケージの内容に関する説明


先頭に戻る

Internet Explorer 6

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE6.0-KB871260-WindowsXP-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 (SP2)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE5.5sp2-KB871260-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Internet Explorer 5.01 Service Pack 2 (SP2)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE5.01sp2-KB871260-Windows2000sp2-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Internet Explorer 5.01 Service Pack 3 (SP3)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE5.01sp3-KB871260-Windows2000sp3-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

Internet Explorer 5.01 Service Pack 4 (SP4)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


ダウンロード IE5.01sp4-KB871260-Windows2000sp4-x86-JPN.exe パッケージ
ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロード センター」の Web サイト、 で、「ダウンロード センター ヘルプ」をクリックしてください。




先頭に戻る

インストール情報

この更新プログラムのロールアップをインストールするには、管理者としてログオンする必要があります。ダウンロード版の更新プログラムをインストールするには、「セットアップ スイッチ」に記載されている適切なスイッチを使用して、ダウンロードした更新プログラムのロールアップ 871260 またはセキュリティ更新プログラム 867801 (Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 の場合) を実行します。


エンタープライズ管理者の場合、Microsoft Systems Management Server (SMS) Feature Pack または SMS 2003 を使用して、更新プログラムのロールアップ 871260 を適用することができます。Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) では、更新プログラムのロールアップ 871260 のインストール状況が認識され、このロールアップがインストールされている場合、MS04-025 がインストールされているという結果が返されます。MBSA では、ロールアップに含まれているバージョンの新しいファイルが、セキュリティ上の観点からセキュリティ更新プログラム MS04-025 と同等と認識されるため、SMS を使用して、このセキュリティ更新プログラムおよび更新プログラムのロールアップを適用することができます。MBSA を使用して、検査対象のコンピュータに特定の更新プログラムのロールアップがインストールされているかどうかを確認することはできません。たとえば、MSBA を使用して、MS04-004 以降の修正プログラムが使用されているかどうかを確認することはできません。MSBA で確認できるのは、MS04-025 によって実現する最小限のセキュリティの基準を満たしているかどうかということのみです。Microsoft Software Update Services (SUS) を使用して、更新プログラムのロールアップ 871260 を適用することはできません。
SMS を使用して、MS04-004 以降の修正プログラムを実行しているコンピュータのみを対象として更新プログラムのロールアップ 871260 を適用する方法、およびクライアント コンピュータに更新プログラムのロールアップがインストールされているかどうかを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
867832 Microsoft Baseline Security Analyzer で検出されないソフトウェア更新プログラムを Systems Management Server 2003 で配布する方法


次のいずれかの方法を使用して、この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できます。

Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

  • 使用しているコンピュータ上の更新されたファイルのバージョンを、この資料の「ファイル情報」に記載されているファイルと比較します。
  • 以下のレジストリ キーに Installed 値 (DWORD) があり、値のデータが 1 に設定されていることを確認します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix\KB871260

上記以外の Windows

  • [Internet Explorer のバージョン情報] ダイアログ ボックスの [更新バージョン] に Q871260 が表示されていることを確認します。
  • 使用しているコンピュータ上の更新されたファイルのバージョンを、この資料の「ファイル情報」に記載されているファイルと比較します。
  • 以下のレジストリ キーに IsInstalled 値 (DWORD) があり、値のデータが 1 に設定されていることを確認します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{42cd6e37-d75d-4b9a-bcd5-4aedd9e32728}
先頭に戻る

必要条件

マイクロソフトでは、この資料に記載されているバージョンの Windows および Internet Explorer について、これらの脆弱性の影響を受けるかどうか、およびこの資料に記載されている更新プログラムによって脆弱性が修正されるかどうかを調査するためのテストを行いました。


Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6


Windows Server 2003 用の Internet Explorer 6 の更新プログラムのロールアップをインストールするには、Windows Server 2003 (32-Bit または 64-Bit) では Internet Explorer 6 (バージョン 6.00.3790.0000)、Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 では Internet Explorer 6 を実行している必要があります。

先頭に戻る

Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)


Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) 用の更新プログラムのロールアップをインストールするには、以下のバージョンの Internet Explorer を実行している必要があります。
  • Windows XP 64-Bit Edition Version 2002 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows XP Service Pack 1 (SP1) 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows XP 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows NT Workstation および Server 4.0 Service Pack 6a (SP6a) 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition SP6 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
  • Microsoft Windows Millennium Edition 用の Internet Explorer 6 SP1 (バージョン 6.00.2800.1106)
先頭に戻る

Internet Explorer 6

Internet Explorer 6 用の更新プログラムのロールアップをインストールするには、Windows XP で Internet Explorer 6 (バージョン 6.00.2600.0000) を実行している必要があります。

先頭に戻る

Internet Explorer 5.5

Internet Explorer 5.5 用の更新プログラムのロールアップをインストールするには、Windows Millennium Edition を実行している必要があります。

先頭に戻る

Internet Explorer 5.01

Internet Explorer 5.01 用の更新プログラムのロールアップをインストールするには、Windows 2000 SP4 では Internet Explorer 5.01 SP4 (バージョン 5.00.3700.1000)、Windows 2000 SP3 では Internet Explorer 5.01 SP3 (バージョン 5.00.3502.1000) を実行している必要があります。


先頭に戻る

注意事項

  • この資料に記載されていないバージョンの Windows および Internet Explorer は、プロダクト サポート ライフサイクルが延長フェーズであるか、サポートが終了しています。この資料に記載されている更新プログラム パッケージの中には、これらのバージョンの Windows および Internet Explorer にインストールできるものがありますが、マイクロソフトでは、これらのバージョンの Windows および Internet Explorer について、これらの脆弱性の影響を受けるかどうか、およびこの資料に記載した更新プログラムによって脆弱性が修正されるかどうかを確認するためのテストを行っていません。マイクロソフトでは、サポートされているバージョンの Windows および Internet Explorer にアップグレードしたうえで適切な更新プログラムを適用することをお勧めします。プロダクト サポート ライフサイクルが延長フェーズになっているバージョンの Windows または Internet Explorer を使用していて、延長サポート契約を購入している場合は、担当のテクニカル アカウント マネージャ (TAM) またはアプリケーション デベロップメント コンサルタント (ADC) に、使用している構成の更新に関してお問い合わせください。
  • 使用している Internet Explorer のバージョンを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    164539 インストールされている Internet Explorer のバージョンの確認方法
  • Windows コンポーネントのサポート ライフサイクルの詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
  • Internet Explorer 6 SP1 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    328548 [IE] 最新の Internet Explorer 6 Service Pack を入手する方法
  • Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    276369 Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法
  • Internet Explorer 5.01 SP3 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    267954 [IE]最新の Internet Explorer 5.01 Service Pack を入手する方法
先頭に戻る

再起動の必要性

Internet Explorer 6

Internet Explorer 6 用の更新プログラムのインストールを完了するには、コンピュータを再起動する必要があります。

Internet Explorer 5.01 および Internet Explorer 5.5

Internet Explorer 5.01 または Internet Explorer 5.5 用の更新プログラムのインストールを完了するには、コンピュータを再起動した後、Windows NT 4.0 ベースのコンピュータまたは Windows 2000 ベースのコンピュータに管理者としてログオンする必要があります。

先頭に戻る

セットアップ スイッチ

Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

Windows Server 2003 用のセキュリティ更新プログラム 867801 および Windows Server 2003 用の更新プログラムのロールアップ (Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 も同様です) では、以下のセットアップ スイッチがサポートされています。
  • /? : インストール スイッチの一覧を表示します。
  • /u : 無人モードで実行します。
  • /n : アンインストールするためのファイルのバックアップを作成しません。
  • /o : OEM ファイルを上書きするときに確認メッセージを表示しません。
  • /z : インストールの完了後に再起動しません。
  • /q : Quiet モードを使用します (ユーザー入力を必要としません)。
  • /l : インストール済みの修正プログラムの一覧を表示します。
  • /x : セットアップ プログラムを実行せずにファイルの展開のみを行います。

1 つのコマンド ラインで複数のスイッチを組み合わせて使用することができます。たとえば、Windows Server 2003 (32-Bit) 用の更新プログラムのロールアップをインストールするときにユーザーによる操作を省略するには、次のコマンド ラインを実行します。
WindowsServer2003-KB867801-x86-jpn.exe /u /q
Windows Server 2003 (32-bit) 用のセキュリティ更新プログラムのインストール後にコンピュータを再起動しないようにするには、次のコマンドを実行します。
WindowsServer2003-KB867801-x86-jpn.exe /z

上記以外の Windows

更新プログラムのロールアップ 871260 のその他の更新プログラム パッケージでは、以下のスイッチを使用できます。
  • /q : 非表示モードで実行します (ファイルの展開中にメッセージを一部表示しません)。
  • /q:u : ユーザー非表示モード (ユーザーにいくつかのダイアログ ボックスを表示します)。
  • /q:a : 管理者非表示モード (ユーザーに一切ダイアログ ボックスを表示しません)。
  • /t:path : セットアップで使用される一時フォルダまたはファイルの展開先のフォルダ (/c スイッチの使用時) の場所を指定します。
  • /c : インストールを実行せずにファイルの展開のみを行います。/t:pathを指定していない場合は、展開先のフォルダの入力を求められます。
  • /c:path : セットアップの .inf ファイルまたは .exe ファイルのパスと名前を指定します。
  • /r:n : インストール完了後にコンピュータを再起動しません。
  • /r:i : 再起動が必要な場合に、コンピュータの再起動を求めるメッセージを表示します (/q:a スイッチを使用している場合は除きます)。
  • /r:a : インストール完了後、コンピュータを必ず再起動します。
  • /r:s : インストール完了後、ユーザーにメッセージを表示せずにコンピュータを再起動します。
  • /n:v : バージョン チェックを実行しません。修正プログラムをインストールする Internet Explorer のバージョンにかかわらず、このスイッチの使用時には注意が必要です。

1 つのコマンド ラインで複数のスイッチを組み合わせて実行できます。たとえば、Internet Explorer 6 SP1 (32-bit) 用の更新プログラムのロールアップをインストールするときにユーザーによる操作を省略し、インストール後にコンピュータが強制的に再起動されないようにするには、次のコマンドを実行します。
IE6.0sp1-KB871260-x86-JPN.exe /q:a /r:n
先頭に戻る

この更新プログラムのロールアップに含まれる修正一覧

837247 Internet Explorer がターミナル サービス セッションのスタートアップ プログラムであるか、オペレーティング システムのシェルである場合に、対象のウィンドウが指定されているリンクが必ず新しいウィンドウで開く
831845 スクリプトを使用して Internet Explorer 6 ウィンドウを閉じると Mshtml.dll でアクセス違反が発生する
835183 Internet Explorer 6 を終了すると Msxml3.dll でアクセス違反が発生する
817786 Internet Explorer で Web ページを更新するとアクセス違反が発生する
818614 Internet Explorer 6.0 で Web ページのドロップダウン リスト ボックスの項目をキーボードで選択できない
837209 Internet Explorer 5.5 で HTTPS Web ページが完全にダウンロードされない
840312 キャッシュされた HTC ファイルによって Internet Explorer 6 で追加の GET 要求が生成される
826722 ネットワーク共有上のショートカットを削除できず、"ほかの人またはプログラムによって使用されています" というエラー メッセージが表示される
840386 Internet Explorer 6.0 を使用して Excel 2003 ブックを開けない
840387 Internet Explorer 6 を実行していると、IIS から配信される圧縮 .exe ファイルが一部削除される
839571 Windows Server 2003 で LAN 自動構成およびプロキシ設定が接続時に使用されない
840388 圧縮されたデータをビヘイビアで使用すると Internet Explorer 6 でデータが展開されない
813503 フィルタを使用して IFRAME を動的に追加または削除すると Internet Explorer がクラッシュする
816868 エラー メッセージ : "Internet Explorer Cannot Download a File"
831306 [FIX] FileDownload イベントが発生しない場合がある
328353 エクスプローラのツリー ビューでフォルダ名を変更すると、選択したフォルダが折りたたまれる
817981 フォルダのツリー ビューのアイコンが小さくなり、クリックや視認が困難になる
834273 カスケード スタイル シートを使用する Web ページを表示すると Internet Explorer 6 が突然終了する
841368 Windows XP で Web プログラムを表示すると Internet Explorer 6 Service Pack 1 が突然停止する
840391 Office ドキュメントの JScript または JavaScript ハイパーリンクから Internet Explorer 6 を起動すると応答が停止する
835311 Office ドキュメントの JavaScript ハイパーリンクから Internet Explorer 6 を起動すると応答が停止する
829643 Windows XP ベースのコンピュータで Internet Explorer 6.0 Service Pack 1 が設定を自動的に検出する機能を使用して WPAD サーバーを検出できない
837251 GZIP データ圧縮方式で圧縮されたデータが Internet Explorer で正常に展開されない
830511 Web ページのダイアログ ボックスで F1 キーを押すと Internet Explorer が突然終了する
827666 ドキュメントを印刷またはプレビューすると Internet Explorer が突然終了する
327010 リンクを電子メールで送信すると不完全なリンクが件名に表示され本文にはリンクが表示されない
840139 Internet Explorer 6 経由での Web ページへのアップロードに時間がかかる
840378 ターミナル サービスを実行している Windows Server 2003 ベースのコンピュータで移動プロファイルがアンロードされない
824463 画像の大きさが正常に変更されず、画像の間にすきまが生じる
320273 Windows XP の [フォルダ] ウィンドウに Web フォルダのサブフォルダが表示されない
830849 Internet Explorer 6 でアクセス制限が行われていても設定を自動的に検出する機能が有効になる
843268 Internet Explorer で Web ページを表示すると CPU 使用率が長時間上昇したままになり、コンピュータが応答を停止することがある
838893 Internet Explorer 6 Service Pack 1 でエラー メッセージ "無効または認識されない応答をサーバーが返しました" が表示される
834806 Windows 2000 ベースのコンピュータで Shift + F10 キーを押しても Internet Explorer のショートカット メニューが閉じない
830313 Windows Server 2003 でタイトル バーに Web サイトのタイトルではなく Web サイトのアドレスが表示される
828432 Internet Explorer 6.0 セキュリティ更新プログラム MS03-032 を適用後サードパーティのソフトウェアが正常に動作しないことがある
834158 Web ページの印刷の向きを横から縦に変更すると Web ページを印刷できなくなる
821591 Internet Explorer 6 Service Pack 1 でハイパーリンクを 2 度目にクリックすると "オフラインでは使用できない Web ページ" というメッセージが表示される
830780 Shift + F10 キーを押すとエクスプローラが応答を停止し、ショートカット メニューが閉じない
824067 Outlook で HTML メッセージを表示するとユーザー名とパスワードを要求される
840530 Internet Explorer Service Pack 1 でデスクトップ ショートカットを使用して Web サイトにアクセスすると、リンク先にアクセスできない
831167 Web サイトにログオンできない、インターネット トランザクションを完了できない、または HTTP 500 (内部サーバー エラー) ページが表示される
826499 Internet Explorer のズーム機能を使用すると、ドロップダウン リスト ボックスの項目が表示されない
843613 SSL 上でカスタムの Web ベース プログラムを使用すると Internet Explorer 6 SP1 でアクセス違反が発生する
842527 .xml ファイルにリダイレクトされるホーム ページが設定されているフォルダにアクセスすると、プレビュー ウィンドウに何も表示されない
先頭に戻る

ファイル情報

この更新プログラムのロールアップ (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。

Windows XP、Windows 2000、Windows NT 4.0 および Windows Millennium Edition 用の Internet Explorer 6.0 SP1

    日付          時刻    バージョン       サイズ       ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1577 1,017,856 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1459 2,802,688 MSHTML.DLL
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1577 1,336,832 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1577 399,872 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1459 485,888 URLMON.DLL
2004/07/21 16:04 6.0.2800.1459 590,336 WININET.DLL

Windows XP 64-Bit Edition Version 2002 用の Internet Explorer 6.0 SP1

各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻     バージョン        サイズ       ファイル名
----------------------------------------------------------------------
21-Jul-2004 19:25 6.0.2800.1577 2,869,760 Browseui.dll IA64
21-Jul-2004 13:35 6.0.2800.1459 9,104,384 Mshtml.dll IA64
21-Jul-2004 19:25 6.0.2800.1577 3,667,456 Shdocvw.dll IA64
21-Jul-2004 19:24 6.0.2800.1577 1,112,064 Shlwapi.dll IA64
21-Jul-2004 13:34 6.0.2800.1459 1,421,312 Urlmon.dll IA64
21-Jul-2004 13:34 6.0.2800.1459 1,800,704 Wininet.dll IA64


Windows Server 2003

   日付           時刻       バージョン        サイズ        ファイル名        フォルダ
-------------------------------------------------------------------------
2004/07/09 09:25 6.00.3790.186 1,057,792 browseui.dll RTMGDR
2004/07/09 09:25 6.00.3790.191 2,921,472 mshtml.dll RTMGDR
2004/07/09 09:25 6.00.3790.186 1,394,176 shdocvw.dll RTMGDR
2004/07/09 09:25 6.00.3790.186 286,720 shlwapi.dll RTMGDR
2004/07/09 09:25 6.00.3790.186 504,320 urlmon.dll RTMGDR
2004/07/09 09:25 6.00.3790.186 614,912 wininet.dll RTMGDR
2004/07/09 09:13 6.00.3790.186 1,057,792 browseui.dll RTMQFE
2004/07/08 17:13 6.00.3790.191 2,921,472 mshtml.dll RTMQFE
2004/07/09 09:13 6.00.3790.186 1,394,176 shdocvw.dll RTMQFE
2004/07/09 09:13 6.00.3790.186 286,720 shlwapi.dll RTMQFE
2004/07/09 09:13 6.00.3790.186 504,320 urlmon.dll RTMQFE
2004/07/09 09:13 6.00.3790.186 614,912 wininet.dll RTMQFE


Windows Server 2003 (64-Bit) および Windows XP 64-bit Edition Version 2003

   日付            時刻      バージョン      サイズ         ファイル名       フォルダ
-----------------------------------------------------------------------------
2004/07/08 17:29 6.0.3790.186 2,536,960 browseui.dll RTMGDR
2004/07/08 17:29 6.0.3790.191 8,221,184 mshtml.dll RTMGDR
2004/07/08 17:29 6.0.3790.186 3,361,280 shdocvw.dll RTMGDR
2004/07/08 17:29 6.0.3790.186 738,304 shlwapi.dll RTMGDR
2004/07/08 17:29 6.0.3790.186 1,266,688 urlmon.dll RTMGDR
2004/07/08 17:29 6.0.3790.186 1,493,504 wininet.dll RTMGDR
2004/07/08 17:25 6.0.3790.186 1,057,792 wbrowseui.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:25 6.0.3790.191 2,921,472 wmshtml.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:25 6.0.3790.186 1,394,176 wshdocvw.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:25 6.0.3790.186 286,720 wshlwapi.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:25 6.0.3790.186 504,320 wurlmon.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:25 6.0.3790.186 614,912 wwininet.dll RTMGDR\WOW
2004/07/08 17:12 6.0.3790.186 2,536,960 browseui.dll RTMQFE
2004/07/08 17:12 6.0.3790.191 8,221,696 mshtml.dll RTMQFE
2004/07/08 17:12 6.0.3790.186 3,361,280 shdocvw.dll RTMQFE
2004/07/08 17:12 6.0.3790.186 738,304 shlwapi.dll RTMQFE
2004/07/08 17:12 6.0.3790.186 1,266,688 urlmon.dll RTMQFE
2004/07/08 17:12 6.0.3790.186 1,494,016 wininet.dll RTMQFE
2004/07/08 17:13 6.0.3790.186 1,057,792 wbrowseui.dll RTMQFE\WOW
2004/07/08 17:13 6.0.3790.191 2,921,472 wmshtml.dll RTMQFE\WOW
2004/07/08 17:13 6.0.3790.186 1,394,176 wshdocvw.dll RTMQFE\WOW
2004/07/08 17:13 6.0.3790.186 286,720 wshlwapi.dll RTMQFE\WOW
2004/07/08 17:13 6.0.3790.186 504,320 wurlmon.dll RTMQFE\WOW
2004/07/08 17:13 6.0.3790.186 614,912 wwininet.dll RTMQFE\WOW


Windows XP 用の Internet Explorer 6.0

     日付         時刻     バージョン      サイズ       ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 10:00 6.0.2750.164 1,014,784 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2743.2100 2,768,896 MSHTML.DLL
2003/08/15 13:31 6.0.2722.900 34,304 PNGFILT.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2715.400 548,864 SHDOCLC.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2750.164 1,333,248 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2750.164 390,656 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2715.400 109,568 URL.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2743.2100 481,792 URLMON.DLL
2004/07/21 10:00 6.0.2743.2100 585,216 WININET.DLL


Windows Millennium Edition (Me) 用の Internet Explorer 5.5 SP2

    日付         時刻      バージョン       サイズ       ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 09:03 5.50.4943.2100 796,944 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 09:04 5.50.4943.2100 2,663,696 MSHTML.DLL
2002/10/16 20:01 5.50.4922.900 48,912 PNGFILT.DLL
2004/07/21 09:03 5.50.4943.2100 1,141,008 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 09:03 5.50.4943.2100 291,088 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 09:03 5.50.4915.500 84,240 URL.DLL
2004/07/21 09:03 5.50.4943.2100 409,360 URLMON.DLL
2004/07/21 09:03 5.50.4943.2100 463,632 WININET.DLL


Windows 2000 SP2 用の Internet Explorer 5.01 SP2

   日付           時刻     バージョン       サイズ      ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 792,848 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 2,287,888 MSHTML.DLL
2003/08/19 11:00 5.0.3521.1800 48,912 PNGFILT.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 1,100,048 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 279,312 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 14:43 5.50.4915.500 84,240 URL.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 409,360 URLMON.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 450,832 WININET.DLL


Windows 2000 SP3 用の Internet Explorer 5.01 SP3

   日付           時刻     バージョン      サイズ       ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 792,848 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 2,287,888 MSHTML.DLL
2003/08/19 11:00 5.0.3521.1800 48,912 PNGFILT.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 1,100,048 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 279,312 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 14:43 5.50.4915.500 84,240 URL.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 409,360 URLMON.DLL
2004/07/21 14:43 5.0.3532.2100 450,832 WININET.DLL


Windows 2000 SP4 用の Internet Explorer 5.01 SP4


    日付           時刻     バージョン      サイズ     ファイル名
--------------------------------------------------------------
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 792,848 BROWSEUI.DLL
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 2,287,888 MSHTML.DLL
2003/06/12 19:15 5.0.3806.1200 48,912 PNGFILT.DLL
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 1,100,048 SHDOCVW.DLL
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 279,312 SHLWAPI.DLL
2004/07/21 14:47 5.50.4915.500 84,240 URL.DLL
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 409,360 URLMON.DLL
2004/07/21 14:47 5.0.3819.2100 450,832 WININET.DLL

注意事項
  • Windows Server 2003 ベースのコンピュータまたは Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 ベースのコンピュータにセキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) をインストールする際、コンピュータ上の更新対象ファイルのいずれかが、マイクロソフトの修正プログラムによって過去に更新されているかどうかがチェックされます。過去に修正プログラムをインストールしてこれらのファイルのいずれかを更新している場合は、RTMQFE ファイルがコンピュータにコピーされます。それ以外の場合は、RTMGDR ファイルがコンピュータにコピーされます。
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    824994 Windows Server 2003 製品アップデート パッケージの内容に関する説明
  • ファイルの依存関係のため、およびセットアップまたはアンインストールで必要となるため、これらの更新プログラム パッケージには他のファイルが含まれていることもあります。
先頭に戻る

アンインストール情報

Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

この更新プログラムを削除するには、セキュリティ更新プログラム 867801 (MS04-025) を削除します。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
867801 [MS04-025] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
システム管理者は、Spuninst.exe ユーティリティを使用してこのセキュリティ更新プログラムを削除できます。Spuninst.exe ユーティリティは %Windir%\NTUninstallKB867801\Spuninst フォルダにあります。このユーティリティでは、以下のセットアップ スイッチを使用できます。
  • /? : インストール スイッチの一覧を表示します。
  • /u : 無人モードで実行します。
  • /f : コンピュータのシャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
  • /z : インストールの完了後に再起動しません。
  • /q : Quiet モードを使用します (ユーザー入力を必要としません)。

上記以外の Windows

この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [アプリケーションの追加と削除] で [Internet Explorer Q871260] をクリックし、[変更と削除] または [追加と削除] をクリックします。

システム管理者は Ieuninst.exe ユーティリティを使用して、この更新プログラムを削除することができます。Ieuninst.exe ユーティリティは、この更新プログラムのロールアップにより %Windir% フォルダにインストールされます。このユーティリティでは、以下のコマンド ライン スイッチがサポートされています。
  • /? : サポートされているスイッチの一覧を表示します。
  • /z : インストールの完了後に再起動しません。
  • /q : Quiet モードを使用します (ユーザー入力を必要としません)。
たとえば、更新プログラムを削除するときにユーザー入力を不要にするには、次のコマンドを使用します。
c:\windows\ieuninst /q c:\windows\inf\q871260.inf
: このコマンドでは、Windows が C:\Windows にインストールされていることを想定しています。


先頭に戻る

既知の問題

Windows Server 2003 および Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

Windows Server 2003 または Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 を実行するコンピュータで Internet Explorer 用の複数の累積的な更新プログラムを正常に削除 (アンインストール) するには、最後にインストールした更新プログラムから順に削除する必要があります。たとえば、818529、828750 の順でインストールした場合は、828750、818529 の順に削除する必要があります。

この更新プログラムの適用後に発生する可能性のある既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325192 Internet Explorer または Windows に対する更新をインストールした場合の問題

Windows XP、Windows 2000、Windows NT 4.0、Windows Millennium Edition (Me) および Windows 98 Second Edition

  • Windows XP、Windows 2000、Windows NT 4.0、Windows Millennium Edition (Me)、または Windows 98 Second Edition を実行するコンピュータでは、更新プログラムのロールアップ 871260 を削除した後、Internet Explorer 用の以前の累積的な更新プログラム (重要な更新プログラム 818529 など) を削除することはできません。この動作は仕様です。最後にインストールした累積的な更新プログラムについてのみ、削除がサポートされます。
  • この更新プログラムの適用後に発生する可能性のある既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    325192 Internet Explorer または Windows に対する更新をインストールした場合の問題
先頭に戻る

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
871260 (最終更新日 2004-08-19) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:871260 - 最終更新日: 2008/05/06 - リビジョン: 1

フィードバック