Windows Server 2003 で Windows 以外の NTP サーバーとの同期が成功しない

現象

Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピュータと Microsoft Windows が実行されていないネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバーとを同期するときに、同期が成功しないことがあります。この問題が発生すると、以下のイベントがシステム ログに出力されます。

原因

この問題は、コンピュータから対称アクティブ モード (Symmetric Active Mode) を使用して同期要求が送信されるときに発生することがあります。デフォルトでは、Windows Server 2003 ドメイン コントローラはタイム サーバーとして構成され、対称アクティブ モードを使用して同期要求を送信します。Windows が実行されていない一部の NTP サーバーは、クライアント モードを使用する要求以外には応答しません。

解決方法

この問題を解決するには、タイム サーバーと同期するときに Windows タイムでクライアント モードが使用されるように、Windows タイムを構成します。この操作を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで、以下のコマンドを記載順に入力します。各コマンドの最後で Enter キーを押します。

    • w32tm /config /manualpeerlist:NTP_server_IP_Address,0x8 /syncfromflags:MANUAL
    • net stop w32time
    • net start w32time
    • w32tm /resync

詳細

Windows タイムによって要求の送信に使用されるモードは、次のレジストリ サブキーに設定されています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpServer
このサブキーの Enabled エントリの値が 1 の場合は、Windows タイムによって対称アクティブ モードが使用されます。それ以外の場合は、Windows タイムでクライアント モードが使用されます。


この資料の「解決方法」で使用されている 0x8 という設定を使用すると、Windows Time でクライアント モードが使用されます。


/manualpeerlist スイッチで指定するモードに対応する設定には、以下のものがあります。
  • 0x01 - 特別なポーリング間隔 SpecialInterval を使用
  • 0x02 - UseAsFallbackOnly
  • 0x04 - SymmetricActive モードとして要求を送信
  • 0x08 - Client モードとして要求を送信

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 875424 (最終更新日 2005-07-10) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:875424 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック