必要なサービスが無効または使用不可になっています。エラー 0x80246008

概要

この資料は、Windows Update サイトを利用する際、「必要なサービスが無効または使用不可になっています。エラー 0x80246008」 というメッセージが表示される現象について説明しています。

注意: 本技術資料は、新しい Windows Update サイトを使用しているユーザーを対象としています。Windows Update が利用可能なユーザーは、Windows Update を行った際に、自動的に誘導されます。

原因

このエラーは、Background Intelligent Transfer Service (BITS)、Event Log のサービスのうち 1 つ以上が無効または使用不可になっている場合に発生します。

解決方法

Background Intelligent Transfer Service のスタートアップの種類を [自動] にして、[状態] が [開始] になっていることを確認します。
  1. Windows の [スタート] メニューをクリックします。
  2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスにservices.mscと入力し、[OK] をクリックします。

  4. [サービス] ウィンドウが開きます。
  5. Background Intelligent Transfer Service サービスを探して、右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
  6. [スタートアップの種類] ボックスで、[自動] を選択します。 サービスの状態が [開始] になっていることを確認します。

  7. [OK] をクリックします。
  8. 同様に、Event Log サービスを探して、右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
  9. [スタートアップの種類] ボックスで、[自動] を選択します。
  10. サービスの状態が [開始] になっていることを確認します。

  11. [OK] をクリックします。
プロパティ

文書番号:875563 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

Microsoft Windows Update, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Professional

フィードバック