スクリーンセーバーを設定する方法

概要

この資料は、スクリーンセーバーの設定方法について解説したものです。

詳細

解説


スクリーンセーバーとは、指定した時間内に何も操作が行われなかった場合に、画面の焼き付けを防止 するため自動的に表示される画像データです。
スクリーンセーバーは [コントロールパネル] の [画面] アイコンで設定することができます。

スクリーンセーバーを設定する

  1. [スタート] ボタンをクリックし [設定] をポイントした後、 [コントロールパネル] をクリックします。



  2. [コントロールパネル] ウィンドウから [画面] アイコンをダブルクリックします。



  3. [画面のプロパティ] ウィンドウが表示されます。



  4. [スクリーンセーバー] タブをクリックします。



  5. [スクリーンセーバー] ドロップダウンリストをクリックし任意のスクリーンセイバーをクリックしま す。



  6. ウィンドウのモニター画面に選択した画像が表示されます。



  7. 実行までの待ち時間を確認します。既定では 15 分でスクリーンセーバーが実行されます。
    変更する場合はスピンボタンで数字を上げたり下げたりするか、直接設定したい数字を入力します。



  8. [プレビュー] ボタンをクリックすると実際のスクリーンセーバーを確認できます。


  9. マウスを動かすか、任意のキーを押すとスクリーンセーバーが解除されます。


  10. [OK] をクリックします。

プロパティ

文書番号:879559 - 最終更新日: 2004/08/24 - リビジョン: 1

フィードバック