CD-ROMの自動起動をOFFにする方法

概要

この資料は Windows 2000 において、CD-ROM の自動再生機能を無効にする方法について解説したものです。

詳細

解説

Windows 2000 において CD-ROM をドライブに挿入すると自動再生しますが、自動再生しないように設定することが可能です。 自動再生しないようにするには、以下の手順を実行します。

CD-ROM の自動再生機能を無効にするには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。


  2. [名前] に「gpedit.msc」と入力し [OK] ボタンをクリックします。


  3. [グループ ポリシー] ウィンドウが開きます。[ツリー] の [コンピュータの構成] をクリックし、[管理用テンプレート] をクリックします。さらに、[システム] をクリックします。


  4. [ポリシー] の [自動再生機能を無効にする] をダブルクリックします。


  5. [自動再生機能を無効にする] のプロパティが表示されますので [自動再生機能を無効にする] の [有効] をクリックします。


  6. [自動再生を無効にする] ボックスから [CD-ROM ドライブ] をクリックし、[OK] ボタンをクリックします。
プロパティ

文書番号:879671 - 最終更新日: 2004/08/24 - リビジョン: 1

フィードバック