容量の大きなファイルを圧縮して小さくするには

概要

容量が大きいファイルやフォルダを圧縮して保存することによって、ハード ディスクの容量を節約することができます。

詳細

Windows XP では、zip 形式でファイルを圧縮し、ファイルのサイズを減らしたり、ディスク領域を節約することができます。zip 形式で圧縮すると、ファイル名と同じ名前の圧縮フォルダが作成されます。圧縮フォルダをダブルクリックすると、圧縮解除 (解凍) ができます。

ファイルを圧縮して保存するには

  1. ファイルを圧縮します。

    圧縮するファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [送る] をポイントして、[圧縮 (Zip 形式) フォルダ] をクリックします。ここでは、例として [XP1] ファイルを圧縮します。


  2. 圧縮フォルダが作成されます。

    ここでは、60 KB のファイルが 20 KB に圧縮されています。ファイルのほか、フォルダも同様の手順で圧縮することができます。


補足
ここでは、Windows XP 標準の圧縮機能について説明しています。他の圧縮ソフトをインストールしていると、表示されるメニューが変わる場合があります。

関連情報

307987 [HOW TO] Windows XP でファイル圧縮を使用する方法
310270 Windows XP の [送る] メニューに項目を追加する方法
816214 Windows XP で圧縮 (zip 形式) フォルダを使用時のエラー メッセージ "対象はこの種類のドキュメントを処理できません"
プロパティ

文書番号:880397 - 最終更新日: 2005/02/24 - リビジョン: 1

フィードバック