Windows XP を セーフ モードで起動する方法

はじめに

セーフ モードとは、必要最低限の状態でパソコンを起動する機能です。

Microsoft Windows XP をセーフ モードで起動すると、必要最低限のファイルやデバイス ドライバのみを読み込んでパソコンを起動することができます。

通常の方法で Windows XP が起動しない場合でも、セーフ モードでは起動できる可能性があります。また、アプリケーションが起動しない場合や、作業中に止まってしまう場合などにも、セーフ モードで起動することによって、正常に動作する可能性があります。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。以下の手順では、コンピューターを再起動する操作が含まれるため、この資料を印刷して手元に置いておくと便利です。

Windows XP を セーフ モードで起動する方法

コンピューターが起動中の場合は、コンピューターを再起動する必要があるため、手順の 1 より操作してください。

コンピューターを起動していない場合は手順の 3 より操作します。手順の 3 の内容を確認後、コンピューターの電源を入れてください。
  1. Windows が起動中の場合、 [スタート] ボタンをクリックし、[終了オプション] または [シャットダウン] をクリックします。


    [終了オプション] または [シャットダウン] をクリック
  2. [コンピュータの電源を切る] ダイアログで [再起動] をクリックします。

    [再起動] をクリック

    ご使用の環境や設定によっては、次の画面が表示されます。[実行する操作を選んでください] ボックスの一覧から [再起動] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [再起動] をクリックし、[OK] をクリック
  3. コンピューターの起動直後に、次の Windows 拡張オプション メニューが表示されるまで、F8 キーを繰り返し押します。

    Windows 拡張オプション メニュー

    : お使いのコンピューターによって、Windows 拡張オプション メニューに表示される項目が異なる場合がございます。
  4. 上方向キーや下方向キーで [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。
  5. セーフ モードで Windows XP が起動します。

    : セーフモードで Windows を起動すると、「ようこそ画面」に通常使用するアカウントと [Administrator] アカウントが表示されます。通常使用しているアカウントでログインしてください。

    "Windows はセーフ モードで実行されています。" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックして セーフ モードで操作を続けます。

    [はい] をクリック
なお、セーフ モードを終了し、コンピューターを通常の方法で起動したい場合、手順の 12 を参考に、コンピューターを再起動後、ログインしてください。
プロパティ

文書番号:880414 - 最終更新日: 2009/07/07 - リビジョン: 1

フィードバック