エラー メッセージ "0x800ccc0E" が表示され、Outlook Express 6 でメールを送受信できない


はじめに


Microsoft Outlook Express 6.0 で次のエラー メッセージが表示され、メールを送受信できないことがあります。
サーバーへの接続は失敗しました。
エラー番号 : 0x800ccc0E
この問題の対処方法は複数あります。一般的なトラブルシューティングの方法 1 から順番に実行してください。

一般的なトラブルシューティング

一般的なトラブルシューティングは、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。一般的なトラブルシューティングをすべて実行しても問題を解決できない場合は、高度なトラブルシューティングを実行してください。高度なトラブルシューティングは、上級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

一般的なトラブルシューティング


方法 1 : インターネットに接続されているかを確認する

コンピューターがインターネットに接続されているかを確認するには、Internet Explorer などの Web ブラウザを起動して Web ページが表示されるかどうかを確認します。

インターネットに接続されていない場合、ケーブルやモデムの接続確認、コンピューターの再起動や接続設定の確認を行って、インターネットに接続できることを確認します。インターネットの接続設定の詳細を確認するには、プロバイダへ問い合わせるか、プロバイダの接続の設定に関するページをご覧ください。プロバイダの接続の設定について参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。 インターネットに接続されている状態でも送受信できない場合は、次の手順へ進みます。

方法 2 : プロバイダへアカウントの設定内容を確認する

プロバイダによっては、セキュリティ強化のために電子メール アカウントやサーバー名などの設定方法を変更している場合があります。

たとえば、送信メールのサーバーのポート番号は、通常 25 に設定されていますが、サービス プロバイダによっては他のポート番号に変更することによって問題を回避できる場合があります。送信サーバーのポート番号は、以下の手順で確認、および変更してください。
  1. [ツール] メニューをクリックし、[アカウント] をクリックします。

  2. [インターネット アカウント] のダイアログ ボックスを表示されたら [メール] タブをクリックします。次に、メール アカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [詳細設定] タブをクリックします。[送信メール] ボックスには、通常送信メールのサーバーのポート番号が 25 に設定されていますが、サービス プロバイダによっては他のポート番号に変更することによって問題を回避できる場合があります。(画像の例では、587 に設定変更しています。) 設定を変更する場合は、ポート番号を入力して [OK] をクリックします。

最新の設定内容を確認するには、プロバイダへ問い合わせるか、プロバイダのメールの設定に関するページをご覧ください。プロバイダの接続の設定について参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。 設定の変更が必要かどうか確認したら、次の方法へ進みます。

方法 3 : アカウント設定を削除し、再作成する

Outlook Express 6 に設定しているアカウント設定を一度削除してから、プロバイダにて確認したサーバーなどの情報を元にアカウントを再度設定します。 アカウント設定を削除し、再作成する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
881624
Outlook Express 6.0 でアカウント設定を削除し、再作成する方法
上記の手順を実行した後に、正常に電子メールを送受信できるかご確認ください。この方法で問題が解決した場合は、すべての作業は完了です。引き続き問題が発生する場合は、高度なトラブルシューティングを実行してください。

高度なトラブルシューティング


お使いのパーソナル ファイアウォールが原因で Outlook Express 6 でのメール送受信が阻害されている可能性があります。一時的にファイアウォールを無効化して正常に電子メールを送受信できるかご確認ください。もし無効化で問題がない場合には、パーソナル ファイアウォールの詳細な設定を行う必要があります。詳細な設定については、パーソナル ファイアウォールのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせてください。

: ファイアウォールの目的は、悪意のあるユーザーからの攻撃や要求していないネットワーク トラフィックを送信してコンピューターを攻撃するウイルスなどの悪質なソフトウェアからコンピューターを保護することです。パーソナル ファイアウォールを無効にする前に、Windows ファイアウォールを有効に設定してください。

Windows ファイアウォールを有効にする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [ネットワークとインターネット接続] をクリックし、[Windows ファイアウォール] をクリックします。
  3. [全般] タブで [有効 (推奨)] をクリックし、[OK] をクリックします。

関連情報


Microsoft Outlook 2002 または Microsoft Office Outlook 2003 を使用中にエラー メッセージ "0x800ccc0E" が表示される場合の対処法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
881615 エラー メッセージ "0x800ccc0E" が表示され、Outlook 2002 または Outlook 2003 で送受信できない