スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを設定するには

概要

Windows XP では、スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを設定して保護することができます。

詳細

スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを設定するには

  1. [コントロール パネル] を開きます。

    [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。



  2. [パフォーマンスとメンテナンス] ウィンドウを表示します。

    [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。



  3. [電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。

    [コントロール パネルを選んで実行します] の [電源オプション] をクリックします。



  4. スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを求める設定にします。

    [詳細設定] タブをクリックします。次に、[オプション] の [スタンバイから回復するときにパスワードの入力を求める] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れます。



  5. [電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

    [OK] をクリックします。




スタンバイ状態から復帰する際に、[パスワードの入力] ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワード] ボックスに Windows にログオンする際に使用しているパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

他の Windows システムで、スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを設定する方法については、下記の Q&A をご覧ください。

関連情報

882795 コンピュータを使用しないときに、電源をスタンバイ/休止にしてみよう
プロパティ

文書番号:881899 - 最終更新日: 2005/02/24 - リビジョン: 1

フィードバック