スパイウェアやアドウェアによって Internet Explorer が起動しない場合の対処方法

概要

サードパーティ製のソフトウェアの機能を無効に設定することによって、問題が解決する可能性があります。

詳細

Internet Explorer が以下のファイルなどのエラーやメッセージで起動できない場合、スパイウェアやアドウェアが原因となっている可能性があります。
  • kernel32.dll にエラーが発生しました

  • 問題が発生したため Internet Explorer を終了します Modname: ntdll.dll

  • Generic Host Process for Win32 Service

  • detected spyware system error


この問題は、Internet Explorer で使用するためにインストールしたサードパーティ製のソフトウェアや、Internet Explorer のブラウザ ヘルパ オブジェクトの機能を無効にすると、解決できる可能性があります。

サードパーティ製のソフトウェアの機能を無効するには


注意
この対処方法によって、スパイウェアやアドウェアが原因で発生している問題は解決する可能性がありますが、正常な動作をしているサードパーティ製のソフトウェアの機能も無効になります。
  1. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。

    次のいずれかの手順を実行して、[インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。


    Windows XP の場合

    1. [コントロール パネル] の内容を表示します。

      [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[ネットワークとインターネット接続] をクリックします。


    2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。

      [インターネット オプション] をクリックします。


    Windows 2000 、Windows Me および Windows 98 の場合

    1. [コントロール パネル] を表示します。

      [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。


    2. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。

      [インターネット オプション] をダブルクリックします。




  2. サード パーティ製のブラウザ拡張の設定を無効にします。

    [詳細設定] タブをクリックし、[設定] ボックスの一覧から [ブラウズ] の [サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする (再起動が必要)] チェックボックスをクリックして、チェックを外します。次に、[OK] をクリックします。


  3. コンピュータを再起動します。


Internet Explorer が起動できるかご確認ください。

関連情報

881873 意図しない Web ページが表示されてしまう場合の対処方法
883026 Internet Explorer 6 を修復するには
プロパティ

文書番号:881902 - 最終更新日: 2005/02/23 - リビジョン: 1

フィードバック