Windows XP Service Pack 2 (SP2) のインストール時にエラー メッセージ "Microsoft Windows をインストールするのに使用したプロダクト キーは無効である可能性があります" が表示される

現象

Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) をインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

Microsoft Windows をインストールするのに使用したプロダクト キーは無効である可能性があります。・このエラー メッセージが表示された理由の詳細およびこの問題を解決する方法については、www.howtotell.com を参照してください。

原因

この問題は、Windows XP をインストールするときに使用したプロダクト キーが、マイクロソフトによって有効でないと判定されたプロダクト キーと一致している場合に発生することがあります。

解決方法

Windows Update や自動更新などの更新サービスにアクセスするには、正規の Microsoft Windows ソフトウェアがインストールされている必要があります。ホーム ユーザーまたはビジネス ユーザーで、マイクロソフトとボリューム ライセンス契約を締結していない場合は、ソフトウェアの違法コピーの被害を受けた可能性があります。コンピュータに Windows XP がプレインストールされていた場合は、Windows ソフトウェアが正規の製品であるかどうかについてコンピュータの販売店または製造元に問い合わせてください。



ソフトウェアの違法コピーの疑いについて報告するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

正規の Windows XP 製品を入手するには、最寄りの販売店に問い合わせるか、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

必要に応じて、各国のマイクロソフト支社にお問い合わせください。各国の支社を探すには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

マイクロソフト ボリューム ライセンス契約を締結しており、Windows XP Professional のライセンスがあるにもかかわらず、正規でないプロダクト キーを使用してコンピュータをセットアップした場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

328874 SP1 以降の Windows XP を実行しているコンピュータでボリューム ライセンス プロダクト キーを変更する方法

プロパティ

文書番号:883254 - 最終更新日: 2007/04/23 - リビジョン: 1

フィードバック