Windows XP SP2 のネットワーク セットアップ ウィザードについて

適用対象: Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

概要


この資料は、Windows XP Service Pack 2 (以下 SP2) 環境におけるネットワーク セットアップ ウィザードについて説明しています。

ネットワーク セットアップ ウィザードを実行することにより、以下のことができるようになります。
  • ネットワーク上のすべてのコンピュータが 1 つのインターネット接続を使用するように構成する
  • ネットワーク上で使用するコンピュータ名とコンピュータの説明を入力する
  • ファイルとプリンタの共有を有効にする
また、ウィザードの途中で作成することができるネットワーク セットアップ ディスクにより、その他のコンピュータについても、簡単にホーム ネットワークに参加することができるようになります。

詳細


ネットワーク セットアップ ウィザードを実行してホーム ネットワークまたは小規模オフィス ネットワークを構成する

注意 : コンピュータの環境によって、設定内容は異なります。設定に必要な項目は、あらかじめサーバーの管理者などにご確認ください。コンピュータ名およびワークグループ名を変更するには、コンピュータを再起動する必要があります。

作業中のアプリケーションをすべて終了してから、次の手順を実行してください。
  1. コントロール パネルを開きます。
    [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックします。
  2. 作業する分野を選びます。
    [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。
  3. [ネットワーク セットアップ ウィザード] を起動します。
    [ネットワーク セットアップ ウィザード] をクリックします。
  4. ネットワーク セットアップ ウィザードを開始します。
    [次へ] をクリックします。
  5. ネットワークに接続するための準備が完了しているか確認します。
    ヒント: ネットワークに接続するためのより詳細な準備項目に関しては、上記画面内の「ネットワーク作成のチェックリスト」を確認します。
  6. 接続方法を選択します。
    ご利用のコンピュータの設定にもっとも近い項目をクリックし、[次へ] をクリックします。

    ここでは例として、[住宅用ゲートウェイ経由またはネットワークの別のコンピュータ経由でインターネットに接続している] をクリックします。
  7. コンピュータ名とコンピュータの説明を入力します。
    [コンピュータの説明] ボックスに説明を入力します (コンピュータの説明は任意です)。
    [コンピュータ名] ボックスにコンピュータ名を入力し、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、「MICROSOFT01」(「」は除く) と入力します。
  8. ワークグループ名を入力します。
    [ワークグループ名] ボックスにワークグループ名を入力し、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、「WORKGROUP」(「」は除く) と入力します。
  9. ファイルとプリンタの共有を設定します。
    ファイルとプリンタの共有の設定を選択し、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、[ファイルとプリンタの共有を有効にする] をクリックします。
    補足: 「ファイルとプリンタの共有を有効にする」を選択した場合、Windows ファイアウォールの例外に [UPnP フレームワーク] および [ファイルとプリンタの共有] が登録されます。
    「ファイルとプリンタの共有を無効にする」 を選択した場合、Windows ファイアウォールの例外に [UPnP フレームワーク] のみ登録されます。
  10. ネットワークの設定を確認します。
    今まで設定した項目が一覧で表示されます。
    設定に問題がないことを確認後、[次へ] をクリックします。
  11. コンピュータがネットワークを構成します。
    ネットワークの構成が完了し、次の画面が表示されるまでお待ちください。
  12. ネットワーク セットアップ ディスクを作成するかどうかを選択します。
    他のコンピュータがネットワークに参加する必要がある場合、ネットワーク セットアップ ディスクを使用して、簡単にネットワークに参加させることができます。
    ここでは例として、[ネットワーク セットアップ ディスクを作成する] をクリックします。
    補足: [既にあるネットワーク セットアップ ディスクを使う]、[Windows XP CD を使う] を選択した場合、次の画面でそれぞれの使用方法が表示され、設定が完了します。
    [他のコンピュータでウィザードを実行する必要はない (ウィザード終了)] を選択した場合、そのままウィザードが終了し、設定が完了します。
  13. ネットワーク セットアップ ディスクを作成します。
    フロッピー ディスクをフロッピー ディスク ドライブに挿入し、[次へ] をクリックします。
  14. ネットワーク セットアップ ディスクの使用方法が表示されます。
    使用方法を確認し、[次へ] をクリックします。
  15. [完了] をクリックし、ネットワーク セットアップ ウィザードを完了します。
  16. コンピュータを再起動します。
    "新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

Windows x64 Editions のテクニカル サポート

Microsoft Windows x64 Editions はハードウェアに組み込まれているため、Microsoft Windows x64 Editions の技術サポートと支援はハードウェアの製造元が提供しています。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。Windows x64 Editions に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。


Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。