Windows Update ホームで自動更新の設定が表示されない

概要

この資料は、Windows Update のホームに自動更新の設定が表示されない場合の対処方法について説明しています。

現象

Windows Update のホーム右側に表示される自動更新の設定画面が、表示されない場合があります。 また、[システムのプロパティ] の [自動更新] タブが表示されない場合もあります。

原因

wuaueng.dll が登録されていない可能性があります。また、Windows XP Service Pack 2 (以下 SP2) を適用したコンピュータをお使いの場合には、自動更新の設定が行われていない場合に発生します。

SP2 が適用されているか確認する方法については、以下のサポート技術情報をご覧ください。
884227 Windows XP SP2 のインストールが正常にできているか確認する方法

解決方法

以下の手順でトラブルシューティングを行うことにより、自動更新の設定画面が表示される場合があります。

手順 1. 自動更新の設定を確認します


※ SP2 を適用したコンピュータをお使いの方が対象です。
  1. [スタート] メニューをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [セキュリティ センター] をクリックし、セキュリティ設定の管理から、[自動更新] をクリックします。
    ※ クラシック表示の場合は、[自動更新] をダブルクリックします。
  3. 以下の項目のどれかが選択されていることを確認してください。
    • 自動 (推奨)
    • 更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する
    • 更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールを実行しない
    • 自動更新を無効にする


    注意: 上記のように何も選択されていない場合、Windows Update のホームに自動更新の設定は表示されません。

手順 2. wuaueng.dll を手動で登録します


以下の手順により、wuaueng.dll を手動で登録しなおします。
  1. [スタート] メニューをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regsvr32 wuaueng.dll と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 「wuaueng.dll の DllRegisterServer は成功しました。」 と表示されたら、[OK] をクリックします。

関連情報

306525  Windows での自動更新の構成方法および使用方法
プロパティ

文書番号:883968 - 最終更新日: 2016/10/17 - リビジョン: 1

フィードバック