Windows XP SP2 でポップアップ ブロックによりログイン画面が表示されない

現象

ホーム ページの構造により、Windows XP Service Pack 2 の新機能ポップアップ ブロックにて、ウィンドウが開かない場合があります。たとえば、会員制のサイトなど、ログイン画面が別ページに表示される場合などに以下のような問題が発生します。
  • ウィンドウが開かない
  • ログインに失敗する
  • ページが真っ白で表示される
ログイン画面などが別ウィンドウで開こうとしますが、ポップアップ ブロック機能により、開かない場合があります。また情報バーが一瞬表示され、元のページに戻る場合もあります。


これらの問題が、Internet Explorer のポップアップ ブロック機能により発生している可能性があります。通常、ポップアップ ブロック機能が動作した場合には、情報バーと呼ばれるバーがアドレス バーの下に表示されますが、上記の問題が発生した後、自動的に別ページに移動してしまうような構成のページを利用している場合には、情報バーが表示されたことに気づかない場合があります。



ポップアップ

解決方法

安全なページであることを確認の上、ご利用の [キーボード] のどちらか一方の [Ctrl] キーを押しながら、ログイン画面などへのリンクをクリックします。一時的にポップアップ ブロックが無効になり、ページを表示することができます。

注意 : [ツール] メニューの [ポップアップ ブロック] からポップアップ ブロックを無効に設定できますが、問題のあるサイトのポップアップも受け入れてしまうので、設定の変更は推奨しません。

詳細

Windows x64 Editions のテクニカル サポート

Microsoft Windows x64 Editions はハードウェアに組み込まれているため、Microsoft Windows x64 Editions の技術サポートと支援はハードウェアの製造元が提供しています。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。Windows x64 Editions に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。


Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
プロパティ

文書番号:884091 - 最終更新日: 2005/07/15 - リビジョン: 1

フィードバック