Office プログラムを起動するたびに Office 使用許諾契約書に同意する必要がある

適用対象: Microsoft Office Access 2007Microsoft Office Excel 2007Microsoft Office InfoPath 2007

現象


Microsoft Office Word などの Microsoft Office プログラムを起動するたびに、[使用許諾契約書] ダイアログ ボックスが表示されます。[同意する] をクリックすると、[使用許諾契約書] ダイアログ ボックスが一度消えてから再表示されます。再び [同意する] をクリックすると、[使用許諾契約書] ダイアログ ボックスが消え、Office プログラムが正常に機能します。

この現象は、起動する Office プログラムのすべてに対して発生します。

原因


この現象は、ユーザー アカウントに Microsoft Windows レジストリを変更するためのアクセス許可がない場合に発生します。

解決方法


この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントでコンピューターにログオンします。
  2. Word などの Office プログラムを起動します。[使用許諾契約書] ダイアログ ボックスが表示されます。

    注: Windows Vista の場合、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Office] の順にクリックします。次に Office プログラムを右クリックし、[管理者として実行] をクリックして、[続行] をクリックします。
  3. [同意する] をクリックします。
  4. 起動した Office プログラムを終了します。
  5. 使用許諾契約書が表示される他の Office プログラムについても手順 2. ~ 4. を繰り返します。

回避策


重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この現象を回避するには、以下の手順を実行します。
  1. Administrator ユーザー アカウントを使用して、コンピューターにログオンします。
  2. Microsoft Windows XP を使用している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。Microsoft Windows 2000 Server を使用している場合は、「regedt32」と入力します。

    注: Windows Vista および Windows 7 では、[ユーザー アカウント制御] (UAC) ダイアログ ボックスが表示されることがあります。レジストリ エディターを開くには、[続行] をクリックする必要があります。
  3. 次のレジストリ サブキーのうち、適切なものを見つけて右クリックします。

    32 ビット版の Windows の場合:
    • 2010 Microsoft Office スイートの場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\14.0
    • 2007 Microsoft Office スイートの場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\12.0
    • Microsoft Office 2003 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\11.0
    • Microsoft Office 2002 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\10.0
    • Microsoft Office 2000 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\9.0
    64 ビット版の Windows の場合:
    • 2010 Microsoft Office スイートの場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\14.0
    • 2007 Microsoft Office スイートの場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\12.0
    • Microsoft Office 2003 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\11.0
    • Microsoft Office 2002 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\10.0
    • Microsoft Office 2000 の場合:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\9.0
  4. [アクセス許可] をクリックします。
  5. [Users (Computer_name\Users)] をクリックし、アクセス許可の一覧で [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックし、レジストリ エディターを終了します。
  7. Office プログラムを起動し、使用許諾契約書に同意します。
  8. 手順 2. ~ 4. を繰り返した後、手順 5. で [Users (Computer_name\Users)] に付与した [フル コントロール] アクセス許可を削除します。これを行うには、[Users (Computer_name\Users)] を見つけてクリックし、アクセス許可の一覧で [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオフにします。
  9. [OK] をクリックし、レジストリ エディターを終了します。