Windows Update でエラー番号 0x800700B6 が表示される場合の対処方法

現象

Windows Update サイト (http://update.microsoft.com/) にて、[高速] または [カスタム] をクリックした際に、エラー番号 0x800700B6 が表示され、更新可能なプログラムをスキャンできずにエラーが発生する場合があります。

回避策

この現象が発生する場合、 Windows Update サイトに正しくアクセスできていない可能性があります。 以下の解決方法を順番におこない現象が回避できるかどうか確認してください。







解決方法 1.

このエラーは、Windows XP に Service Pack 1 が適用されていない場合に発生することがあります。 使用している Windows XP に Service Pack 1 が適用されていない場合は、まずは、Windows XP Service Pack 1 を適用してから Windows Update をおこなうことで問題が回避できることがあります。


Windows XP Service Pack 1 をインストールするには、以下のサポート技術情報を参照ください。

  883186 : Windows XP Service Pack 1a をインストールするには

 (http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;883186 )

現象が回避できない場合は、別の解決方法を確認します。

解決方法 2.

このエラーは、Windows Update に必要なサービスが無効になっている場合に発生することがあります。
この場合、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) および自動更新サービスをリセットすることにより問題が回避できる場合があります。
  1. [スタート] メニューをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [サービス] 画面で Background Intelligent Transfer Service を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [スタートアップの種類] リストで、自動または手動が選択されていることを確認します。
  5. サービス状態にて、いったん [停止] をクリック後、[開始] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. 同様に [サービス] 画面で Automatic Updates を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  8. [スタートアップの種類] リストで、自動が選択されていることを確認します。
  9. サービス状態にて、いったん [停止] をクリック後、[開始] をクリックします。
  10. [OK] をクリックします。
  11. [サービス] 画面を閉じます。

上記の作業が完了したら、再度 Windows Update をおこないます。
現象が回避できない場合は、別の解決方法を確認します。

解決方法 3.

このエラーは、インターネット関連の常駐アプリケーションやサードパーティ製のウイルス対策ソフトなどの影響が原因で発生することがあります。まずは、Windows の起動時にそれらのアプリケーションが起動しないように設定を変更し、現象が回避するかどうか確認してみます。
  1. [スタート] メニューをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに msconfig と入力し、 [OK]をクリックします。
  3. [システム構成ユーティリティ] ウィンドウで [スタートアップのオプションを選択] をクリックします。
  4. [スタートアップのオプションを選択] の下にある [スタートアップの項目を読み込む] チェックボックスをオフにします。
  5. [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスを全て隠す] をオンにします。

  6. 表示されているサービス名のチェックボックスを全てオフにします。
  7. [OK] をクリックし、[システム構成ユーティリティ] ウィンドウを閉じます。
  8. コンピュータを再起動するかどうかを確認するダイアログが表示されたら、[はい] をクリックしてコンピュータを再起動します。
コンピュータの再起動後、Windows Update をおこないます。

上記の作業で問題が回避できた場合は、Windows の起動時に自動的に起動するアプリケーションが Windows Update に影響を与えている可能性が考えられます。この場合、上記の手順の [システム構成ユーティリティ] ウィンドウにて [スタートアップ] タブと [サービス] タブの項目にある実行ファイルまたはサービスの構成を変更することにより、原因となっている実行ファイルまたはサービスを特定します。 原因となっているアプリケーションを特定できた場合には、当該アプリケーションのマニュアルや製造元が提供している情報などを確認して、Windows Update の実行に影響を与えないような設定がある場合は、設定変更をおこなってください。


現象が回避できない場合は、システム設定ユーティリティの設定を元に戻し、別の解決方法を確認します。

システム設定ユーティリティの設定を元に戻すには
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに msconfig と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [システム構成ユーティリティ] ウィンドウで、[通常スタートアップ] を選択します。
  4. [OK] ボタンをクリックして、[システム構成ユーティリティ] ウィンドウを閉じます。
  5. 変更を反映するためにコンピュータの再起動を促すメッセージが表示されましたら、[はい] をクリックしてコンピュータを再起動します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。 834374 Windows Update でエラーが発生した場合のエラー番号について
プロパティ

文書番号:885964 - 最終更新日: 2016/10/17 - リビジョン: 1

フィードバック