FIX:「アクセスが拒否されました」エラーが発生したメッセージが表示される、Internet Explorer 6 でフレーム セットでスクリプトを実行している Web ページを開く

重要 この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前にレジストリをバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元できるよう、手法を確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
256986 Microsoft Windows レジストリ説明
BUG #: 30165 (IE の OE には、エンジニア リングが継続的な)BUG #: 27411 (コンテンツ管理)

現象

Microsoft Internet Explorer 6 では、フレーム セットを含む Web ページを開きます。フレーム セットの左側のフレームにスクリプトが実行されると、次のエラー メッセージが表示されます。
Web ページに問題があるため、正しく表示または機能しなくなる可能性があります。今後、ステータス バーに表示された警告アイコンをダブルクリックすると、このページを表示できます。

行: 6
Char: 2
エラー: アクセスが拒否されました。
コード: 0
URL: http://URLPath/frameset.html

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生する可能性があります。
  • Document.Domainプロパティは、クロス フレーム スクリプトで明示的に定義されています。たとえば、microsoft.com は。
  • 次の条件のいずれかが成立します。
    • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) がインストールされているがあります。
    • Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) がインストールされているがあり、Internet Explorer (MS04 025) 用の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。

      Internet Explorer (MS04 025) 用の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

      867801 MS04-025: Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

Microsoft Internet Explorer 6 SP1 をインストールするこの修正プログラムを適用する必要があります。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

328548 Internet Explorer 6 の最新の service pack の入手方法

先頭に戻る

再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

先頭に戻る

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは以降の修正プログラムによって置き換えられません。

先頭に戻る

レジストリ情報

警告: レジストリ エディターを誤って使用した場合、最悪の場合オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトでは、レジストリ エディターの使用に起因する問題を解決できることを保証できません。自己の責任においてレジストリ エディターを使用してください。

この修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer 6 を終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main
  4. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
  5. FeatureControlを入力し、ENTER キーを押します。
  6. FeatureControlサブキーが選択されている [編集] メニューの [新規] をポイントし、し、[キー] をクリックします。
  7. FEATURE_DOC_WRITE_DOMAIN_KB886184を入力し、ENTER キーを押します。
  8. FEATURE_DOC_WRITE_DOMAIN_KB886184サブキーが選択されていると [編集] メニューの [新規] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  9. Iexplore.exeを入力し、ENTER キーを押します。
  10. Iexplore.exeを右クリックし、[変更] をクリックします。
  11. [値データ] ボックスで、 1と入力し、[ OK] をクリックします。
  12. [ファイル] メニューには、レジストリ エディターを終了する終了をクリックします。
先頭に戻る

修正プログラム ファイルの情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。
   Date         Time   Version         Size       File name   ---------------------------------------------------------
09-Feb-2005 01:36 6.00.2800.1493 2,699,776 Mshtml.dll

状況

マイクロソフトでは、Microsoft Internet Explorer 6 Service Pack 1 で問題があることを認識しています。

詳細

Document.Domainプロパティの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:886184 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック