IIS に含まれるパスワード変更ページに関する問題のトラブルシューティング


概要


この記事では、Microsoft インターネットインフォメーションサービス (IIS) に含まれているパスワード変更のページを使用するときに発生する可能性があるさまざまな問題のトラブルシューティング方法について説明します。

はじめに


IIS に含まれているパスワード変更ページを使用すると、Web ページのユーザーアカウントのパスワードを変更できます。 IIS の各バージョンでは、パスワードの変更ページを使用すると、問題が発生する可能性があります。 この記事では、発生する可能性のある問題のトラブルシューティングを行い、IIS の各バージョンで [パスワードの変更] ページの最新バージョンを使用していることを確認する手順について説明します。

詳細情報


最新のパスワード変更のページをインストールする

問題のトラブルシューティングを始める前に、最新のパスワード変更のページがあることを確認してください。

IIS 4.0

注: Microsoft Windows NT 4 はサポートされているオペレーティングシステムではなくなったため、IIS 4.0 に含まれているページは、問題に対処するために更新されません。 ただし、Windows 2000 に含まれているファイルを使用して、ファイルを更新することができます。Windows NT 4.0 オプションパックに含まれているページでは、Ism ISAPI 拡張機能を使用します。 この拡張機能に関連付けられているセキュリティ上の問題により、次のことを行うことをお勧めします。
  • これらのページを、実行時に Asp.dll ISAPI 拡張機能を使用する最新バージョンにアップグレードします。
  • ページの機能に対して Active Directory サービスインターフェイス (ADSI) テクノロジを使用します。
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. NT Workstation 4.0 用の Active Directory クライアント拡張機能をインストールします。 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. 既存の Iisadmpwd フォルダーをバックアップし、次に、.HTR-2-ASP Windows NT 4.0 パッケージをインストールします。
  3. .HTR ページが Asp.dll にマッピングされていることを確認し、Iisadmpwd フォルダーのページが正しく更新されていることを確認します。 Microsoft ASP テクノロジを使用するように、.HTR ページを更新した後、Microsoft サポート技術情報の記事に記載されている修正プログラムを入手してインストールするには、Microsoft 製品サポートサービスにお問い合わせください。
    831047 修正: IIS 5.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。  
    注: Microsoft Windows NT 4 はサポートされているオペレーティングシステムではなくなったため、IIS 4.0 に含まれているページは、問題に対処するために更新されません。 ただし、Windows 2000 に含まれているファイルを使用して、ファイルを更新することができます。

IIS 5.0 プリサービスパック4

IIS 5.0 が Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) にアップグレードされていない場合、パスワードの変更ページでは、依然として Ism の ISAPI 拡張機能が使用されます。 この拡張機能に関連付けられているセキュリティ上の問題により、次のことを行うことをお勧めします。
  • これらのページを、実行時に Asp.dll ISAPI 拡張機能を使用する最新バージョンにアップグレードします。
  • ページの機能には ADSI テクノロジを使います。
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) または Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) のインストールパッケージをダウンロードします。
  2. .Htr ページを使用して、.HTR のあるページが Asp.dll を使うようにするには、次の Microsoft サポート技術情報の記事に記載されている修正プログラムを入手して、インストールするには、Microsoft 製品サポートサービスに問い合わせてください。2000
    831047 修正: IIS 5.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。  

IIS 5.0 post サービスパック4

IIS 5.0 が Windows 2000 Service Pack 4 にアップグレードされている場合は、Microsoft 製品サポートサービスに連絡して、次の Microsoft サポート技術情報の記事に記載されている修正プログラムを受け取り、インストールしてください。
831047 修正: IIS 5.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。 

IIS 6.0

IIS 6.0 を実行している場合は、次の Microsoft サポート技術情報の記事に記載されている修正プログラムを入手してインストールするには、Microsoft 製品サポートサービスにお問い合わせください。
833734 修正: IIS 6.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。 

トラブルシューティング

最新のファイルがインストールされていることを確認した後、パスワード変更ページを使用しても問題が解決しない場合は、次のセクションを参照して、問題のトラブルシューティングを行ってください。

匿名ユーザーの構成

匿名ユーザーが、次の両方の場所で同じであることを確認します。
  • Iisadmpwd 仮想ディレクトリ
  • Iisadmpwd 仮想ディレクトリの Web サイト
また、いずれかの Web ページで匿名アクセスを使用していない場合でも、匿名ユーザーが IIS Web サイトに対する適切なログオン権限を持っていることを確認してください。 匿名ユーザーが IIS Web サイトに対する適切な権限を持っているかどうかをテストするには、匿名アクセスのみを含むシンプルな Web ページを認証として構成します。 次に、Microsoft Internet Explorer でその Web ページを開きます。

"オブジェクトが必要" というエラーメッセージが表示される

この問題を解決するには、Iispwchg ファイルを登録します。 このファイルを IIS 4.0 と IIS 5.0 に登録するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。
regsvr32 c:\winnt\sytem32\inetsrv\iisadmpwd\iispwchg.dll
IIS 6.0 にファイルを登録するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。
regsvr32 c:\windows\system32\inetsrv\iisadmpwd\iispwchg.dll

エラー 2147022675 "ユーザーが見つかりませんでした" というエラーメッセージが表示される

ユーザー名が正しく入力されていることを確認します。 別のドメイン名を入力するテキストボックスが存在しない場合は、 ドメイン\ユーザー名の形式か、またはUserName@domainの形式でユーザー名を入力してください。

"ドメイン情報にアクセスできません" 2147023545 というエラーメッセージが表示される

IIS を実行しているコンピューターが、実行しているドメインのドメインコントローラーにアクセスできることを確認します。 さらに、有効なドメイン名を使用していることを確認します。

"2147024845" ネットワーク通信の問題が発生しました "というエラーメッセージが表示される

このエラーメッセージは、IIS を実行しているコンピューターがリモートコンピューターと通信できないネットワークエラーメッセージに変換されます。 パスワードを変更しようとしているドメインに対して、ドメインコントローラーが使用可能であることを確認します。 また、ドメインのドメインコントローラーが、IIS を実行しているコンピューターと通信できることを確認してください。

エラー-2147023569 "アカウントの制限" というエラーメッセージが表示される

ユーザーがパスワードを変更できないようにするドメインポリシーが有効になっていないことを確認します。 たとえば、 Minpasswordageプロパティの制限やログオン時間の制限が有効になっている場合があります。

"ファイルが見つかりません" というエラーメッセージが表示される

通常、この問題は、Microsoft Outlook Web Access (OWA) クライアントで [パスワードの変更] をクリックした場合に発生します。 この問題は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生します。
  • 条件 1: IIS 5.0 で Microsoft Exchange Server 2003 フロントエンドサーバーを実行している。 ただし、バックエンドサーバーは、Windows Server 2003 ベースのコンピューターで実行されている Exchange 2003 ベースのサーバーです。 この場合、OWA は Aexp2b ファイルを見つけようとしますが、このファイルは IIS 5.0 には存在しません。 この問題を回避するには、Iisadmpwd フォルダーにある Aexp2b ファイルのコピーを作成します。 次に、Aexp2b ファイルの名前を変更します。
  • 条件 2: IIS 6.0 で Exchange 2003 フロントエンドサーバーを実行している。 ただし、バックエンドサーバーは、Windows 2000 ベースのコンピューターで実行されている Exchange 2000 ベースのサーバーです。 この場合、OWA は Aexp2b ファイルを見つけようとしますが、このファイルは IIS 6.0 に存在しません。 この問題を回避するには、Iisadmpwd フォルダーにある Aexp2b ファイルのコピーを作成します。 次に、Aexp2b ファイルの名前を変更します。 さらに、Iisadmpwd で処理するために、Iisadmpwd 仮想ディレクトリ内にある .htr 拡張子のマッピングを追加する必要があります。
  • 条件 3: IIS 6.0 で Exchange 2003 フロントエンドサーバーを実行している。 ただし、バックエンドは、Windows 2000 ベースのコンピューターで実行されている Exchange 2003 ベースのサーバーです。 この場合、OWA は Aexp2b ファイルを見つけようとし、このファイルは IIS 6.0 に存在します。 この問題を回避するには、Iisadmpwd フォルダーにある Aexp2b ファイルのコピーを作成します。 次に、Aexp2b ファイルの名前を変更します。 さらに、Iisadmpwd で処理するために、Iisadmpwd 仮想ディレクトリ内にある .htr 拡張子のマッピングを追加する必要があります。
条件 2条件 3では、.htr 拡張のマッピングを Iisadmpwd 仮想ディレクトリに追加する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[管理ツール]、[ インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャー
  2. IISADMPWD仮想ディレクトリを見つけて右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] ダイアログボックスで、 [仮想ディレクトリ] タブで、 構成
  4. [アプリケーション構成] ダイアログボックスで、[マッピング] タブをクリックします。
  5. C:\Windows\System32\Inetsrv\Asp.dll にマップされている .htr 拡張子のマッピングがある場合は、残りの手順をスキップしてください。 マッピングを持っていない場合は、[追加] をクリックします。
  6. [ Add/Edit Application Extension Mapping ] ダイアログボックスで、次のテキストを [実行可能] ボックス:
    C:\Windows\System32\Inetsrv\ASP.DLL
  7. [拡張子] ボックスに、「 ..HTR
  8. [動詞] で、 [制限] チェックボックスをオンにし、次のように入力します。 取得し、ボックスに投稿します。
  9. [スクリプトエンジン] チェックボックスと [ファイルが存在することを確認する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  10. [ OK]を2回クリックして変更内容を保存します。

ユーザー名が入力されていない

この動作は、Iisadmpwd 仮想ディレクトリで匿名認証を使用することによって悪影響を及ぼします。 ユーザー名を入力する必要がある場合は、匿名認証を無効にして、この仮想ディレクトリへのアクセスを認証できるようにします。 この操作を行うと、パスワードの変更ページで認証情報を取得できます。

指定したユーザー名に無効な文字が含まれています

ユーザー名に、有効な文字のみが含まれていることを確認します。 それでも問題が解決されない場合は、最新のスクリプトエンジンにアップグレードしてください。 このエラーは、スクリプトエンジンが、無効な文字のセットに対して、ユーザー名の正規表現一致を実行しようとしたときに発生します。 最新バージョンのスクリプトエンジンを入手するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。 

[OK] をクリックすると、パスワード変更の資格情報を送信するように求められます。

この問題は、クライアントが要求を送信する前に、クライアントが IIS に対して認証されていない場合に発生する可能性があります。 通常、この問題は、次の条件に該当する場合に OWA で発生します。
  • Iisadmpwd 仮想ディレクトリおよび Exchange 仮想ディレクトリで基本認証が有効になっている。
  • Exchange では、OWA へのログオンを制御するために Owaauth を使用しています。
資格情報の入力を求められた場合は、変更しようとしている古いパスワードを入力してください。 [ OK]をクリックしたときにパスワードを変更しているため、古いパスワードを入力してください。 パスワードが正常に変更されたことを示すメッセージが表示された後は、新しい資格情報を入力してください。

サーバーオブジェクト ASP 0177 クラスファクトリが要求されたクラスを提供できませんでした

Iis 5 ベースの Web サーバーで IIS 5 SP4 を適用した後、[パスワードの変更] をクリックすると、次のエラーメッセージが表示されます。
サーバーオブジェクト ASP 0177 クラスファクトリが要求されたクラスを提供できませんでした。 IISadmpwd/aexp2b, line 61 "IISadmpwd/aexp2b, line 61 は objNet = を設定しています (" Wscript.exe. ネットワーク ")

参照情報


詳細については、次の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
297121 Outlook Web Access でパスワードの変更機能を使用する
833734 修正: IIS 6.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。
831047 修正: IIS 5.0 でパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。
331834 Active Server Pages に置き換えたパスワード機能を変更する
271071 IIS 5.0 Web サーバーに必要な NTFS アクセス許可とユーザー権利を設定する方法
812614 IIS 6.0 での既定のアクセス許可とユーザー権利