[OFF2003] オンラインクリップを検索しても何も検索されない場合のトラブルシューティング

概要

この資料は、Microsoft Office 製品で、クリップアートの検索を行ったときに何も検索されない場合のトラブルシュート情報について説明したものです。

詳細

Microsoft Office 製品でクリップアートの挿入を行う際に、目的のクリップの検索作業で、クリップの検索結果が期待と異なり少ないか、あるいは何も検索されない場合があります。

Microsoft Office のクリップアートは、コンピュータに保存されているクリップの画像の他に、インターネット上の Office ページで、より多くの画像を Web コレクションとして提供していますが、Web コレクションが何らかの要因で利用できない状態にある場合に、検索結果が期待と異なり少ないか、何も検索されない場合があります。
このような状況が生じた場合は、以下の操作を順に行い問題点を確認します。

確認 A. クリップオーガナイザの検索機能の問題かどうか確認する


探す場所やファイルの種類を変更することなどによって、問題を解決できる可能性があります。

確認手順は、以下のサポート技術情報内の [探す場所やファイルの種類を変更するには] の項目をご覧ください。

882274 以前表示されていたクリップ アートが検索されない場合の対処方法


結果に合わせた対処方法

  • クリップが表示される場合は、クリップオーガナイザの検索機能自体の問題では無いと判断できます。 引き続き、希望の検索文字で検索を行いクリップが検索されるか確認します。
    • 希望の検索文字で問題無くクリップが検索される場合は、クリープアートの検索先の設定が制限されていたことが原因ですので、今の状態で引き続きご利用ください。
       
    • 希望の検索文字で検索されるクリップの数が少ないか、何も検索されない場合は Web コレクションのクリップを取得できていないか、あるいは検索文字に該当するクリップが存在しないことが考えられます。
      引き続き確認 B. に進みます。
  • クリップが何も表示されない場合は、クリップオーガナイザの検索機能にトラブルが生じている可能性が考えられます。 Office の修復セットアップを実行して問題が解決するかご確認ください。

確認 B. 別の検索文字で検索してみます。


クリップには予め、簡単な検索文字が登録されていますがクリップの検索を行ったときに、登録されていない検索文字ではクリップを探すことができません。

たとえば、”日本家屋” という検索文字で検索されない場合でも、検索文字を “家” というようなより一般的な単語に変更し検索することで多くのクリップを検索することができます。


Office XP アプリケーションをご利用の場合は、合わせて以下の情報もご確認ください。

418396 [CO2002] Windows XP 上でクリップ アートの検索が行えない

別の文字に変えても検索結果が少ない場合は、Web コレクションのクリップを参照することができていない可能性があります。引き続き確認 C. に進みます。

確認 C. Web コレクションのクリップを参照できるか確認する


1. インターネットに接続されているか確認します。

Web コレクションのクリップを利用する場合、インターネットに接続している必要があります。
 
Internet Explorer (Web ブラウザ) でインターネット上の任意のページを表示することができるか確認してみます。
インターネット上のホームページを表示できる場合は、次の確認に進みます。
 
インターネット上のホームページを表示できない場合は、別途インターネットの為の設定等の確認を行った上で、再度検索処理をおためしください。


2. インターネット一時ファイル、および不要な Cookie による影響かどうか確認します。

インターネットに接続されている環境でも、Web コレクションのクリップを参照できない場合は、インターネット一時ファイルや Cookie が影響している場合があります。以下のサポート技術情報を参照しディスククリーンアップを実行後、再度 Web コレクションのクリップが参照できるか確認します。
問題が解決しない場合は、引き続き次の確認に進みます。


310312 Windows XP のディスク クリーンアップ ツールについて

コンピュータ上に破損した一時ファイルが存在する場合に Windows XP ディスク クリーンアップ ツールを起動しようとすると、ディスク クリーンアップ ツールが応答を停止することがあります。その場合以下のサポート技術情報を参照して不要なファイルを削除してから再度実行してください。

823302 ディスク クリーンアップ ツールが応答を停止する 

3. Internet Explorer で使用する為に用意された他社製の機能を使用できない状態にすることで、再度 Web コレクションのクリップが参照できるか確認します。
問題が解決しない場合は、引き続き次の確認に進みます。

  1. Internet Explorer を起動し、[ツール] メニューから [インターネットオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [設定] ボックスのリストから、[サードパーティ製ブラウザ拡張機能を無効にする] チェックボックスをクリックして、チェックを外します。
  4. Internet Explorer を再起動して設定を有効にします。

4. Office の修復を行うことで問題が解決するか確認します。

以下の操作中に、Office の CD-ROM を要求される可能性がありますので、事前にインストール用 CD-ROM をご準備ください。

  1. オンラインクリップを検索していたアプリケーションの [ヘルプ] メニューをクリックします。
  2. 表示されたメニュー項目から、[アプリケーションの自動修復] をクリックします。
  3. アプリケーションの自動修復画面にて、[開始] ボタンをクリックして、修復の操作を実行します。

5. 他社製のファイアウォール ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアによる影響かどうか確認します。

コンピュータを保護するソフトウェアが動作した状態で Web コレクションのクリップなどを参照すると、それらのソフトなどの影響を受け、正常に参照できないことが考えられます。 このような場合、他社製のファイアウォール ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアをいったん無効にすることで、再度 Web コレクションのクリップが参照できるか確認します。


他社製ソフトウェアを設定する方法については、ソフトウェア付属のマニュアルや各メーカーから提供されている情報を参考にしてください。 また、ソフトウェアの機能を無効にする方法がご不明な場合は、以下のサポート技術情報を参照し操作を行うことで、Windows の起動時の設定を変更し、ソフトウェアの動作を一時的に止めることが可能です。


操作手順の詳細は以下のサポート技術情報より、「他社製のファイアウォール ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアをいったん無効にする」の項目の手順をご覧ください。
この状態で、再度 Web コレクションのクリップが参照できるか確認します。
884736 Windows XP SP2 でのネットワーク トラブルシューティング

 他社製のソフトウェアの影響であることが確認出来た場合の、 他社製のソフトウェアに関する各種の設定などはソフトウェア製造元にご確認ください。
 
プロパティ

文書番号:894934 - 最終更新日: 2016/10/17 - リビジョン: 1

フィードバック