イベント ID 2025 が Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のシステム ログに記録されます。

現象

次のイベントは、Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピューターのイベント ビューアーのシステム ログに記録されます。



さらに、クライアント コンピューターは、サーバーから切断されます。

原因

この問題が生じて、高負荷条件下で次のように、ネットワーク上に大量のトラフィックが存在する場合。

回避策

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには


この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

MaxMpxCt 値を増やす方法 1。

サーバー サービスのMaxMpxCtの値を大ききます。MaxMpxCt は、許可される同時実行の卓越したネットワーク要求の最大数です。既定では、この値は Windows Server 2003 で 50 に設定します。 この問題を回避するには、 MaxMpxCt値を増やします。

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに regedit と入力して、 [OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. MaxMpxCtを DWORD 値の名前を入力し、し、ENTER キーを押します。
  5. MaxMpxCtを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、50 ~ 65535 の範囲から値を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    注: 次の手順では、クライアントとサーバー間での未処理の同時コマンドの数の上限が増加します。ただし、この値が大きすぎるに設定することを確認します。大きい値、未処理の接続のサーバーによって使用されるより多くのメモリです。高すぎる値を設定する場合、サーバーは、リソースは次のように、ページ プール メモリが不足して実行できます。したがって、大幅に増やさないこの値を同時にサーバーに接続されているクライアントの数に制限がある場合を除いて。
  7. レジストリ エディターを終了します。

方法 2: は、攻撃の検出をサービス拒否攻撃を無効にします。

重要以下の手順でセキュリティ上のリスクが増加します。この手順により悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピューターまたはネットワーク攻撃を受けやすいも可能性があります。または特定のプログラム機能を実装するために、設計どおりに動作するプログラムを有効にするこの資料で説明したプロセスをお勧めします。これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスを実装するのに関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。このプロセスを実装する場合は、システムを保護するために適切な追加の手順を実行します。このプロセスが本当に必要な場合にのみ、このプロセスを使用することをお勧めします。オペレーティング システム レベルで攻撃の検出をサービス拒否攻撃を無効にすることができます。これを行うには、ログに記録されているエラーを防止します。これを行うには、以下の手順を実行します。



  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに regedit と入力して、 [OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanManServer\Parameters
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. DWORD 値の名前のDisableDosを入力し、ENTER キーを押します。
  5. DisableDosを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、 1サービス攻撃の検出、拒否を無効にして入力し、[ OK] をクリックします。



    注: 拒否サービス攻撃の検出を有効にするには、値のデータ] ボックスに0を入力します。
  7. レジストリ エディターを終了します。

X64 ベース バージョンの Microsoft Windows のテクニカル サポート

ハードウェアが既にインストールされている、Microsoft Windows x64 エディションに付属している場合、ハードウェアの製造元は、テクニカル サポート、および Windows x64 エディションのサポートを提供します。この例では、ハードウェアの製造元は、Windows x64 エディションがハードウェアに搭載されているために、サポートを提供します。ハードウェアの製造元が、独自のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストールをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネントは、固有のデバイス ドライバーを含めることがあります。 またはハードウェアのパフォーマンスを最大化するためのオプションの設定を含めることがあります。Windows x64 エディションのテクニカル ヘルプが必要な場合、マイクロソフトは妥当な範囲のサポートを提供します。ただし、製造元に直接連絡する必要があります。製造元は、製造元がハードウェアにインストールするソフトウェアをサポートするために最も適しています。など、Microsoft Windows Server 2003 x64 エディションの Windows x64 エディションを別々 に購入した場合は、Microsoft をテクニカル サポートに問い合わせます。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。X64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003 の製品については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:898468 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard

フィードバック