更新プログラムが Windows XP SP2 ベースのコンピューターで Windows Server 2003 SP1 ベースのコンピューターで DFS 名前空間クライアントのフェールバック機能をサポートするためにあります。

はじめに

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターで DFS 名前空間クライアントのフェールバック機能をサポートするために利用可能な更新プログラムについて説明します。

注: X64 ベース バージョンの Windows Server 2003 Service Pack 1 に含まれます。

詳細

Microsoft Windows Server 2003 で分散ファイル システム テクノロジは、DFS 名前空間に変更されます。Windows Server 2003 SP1 および Windows Server 2003 R2 は、DFS 名前空間の一部の新しい機能を利用できます。これらの機能のいずれかのクライアント フェールバックと呼びます。使用可能な Windows Server 2003 SP1 および Windows Server 2003 R2 でそのローカル サーバーへの接続が復元される場合、優先する、ローカル サーバーにエラーが発生するクライアント コンピューターを構成するには、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている更新プログラムと新しいユーザー インターフェイスを使用することができます。


DFS 名前空間の機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 の最新の service pack の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
889100 Windows Server 2003 の最新の service pack の入手方法

更新プログラムの情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download 32 ビットの Windows Server 2003 パッケージを今すぐダウンロードします。

Download X64 ベースの Windows Server 2003 パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2005 年 11 月 30 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。
必要条件
この更新プログラムを適用するには、Windows Server 2003 SP1 がコンピューターにインストールされている必要があります。
再起動の必要性
この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。
ファイル情報
この更新プログラムのの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻ツールでタイム ゾーン] タブを使用しますWindows Server 2003、32 ビット版
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mup.sys5.2.3790.2482100,35207-Jul-200501:05x86
Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mup.sys5.2.3790.2482178,68806-Jul-200511:58x64
Windows Server 2003 では、Itanium ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mup.sys5.2.3790.2482309,24806-Jul-200511:58IA-64

Windows XP の場合

更新プログラムの情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download 32 ビット Windows XP のパッケージを今すぐダウンロードします。

Download X64 ベースの Windows XP パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2005 年 11 月 30 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。
必要条件
この更新プログラムを適用するには、Windows XP SP2 がコンピューターにインストールが必要です。

再起動の必要性
この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。
ファイル情報
この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Mup.sys5.1.2600.2756104,70409-Sep-200502:24x86SP2
Netapi32.dll5.1.2600.2756336,89609-Sep-200503:47x86SP2
詳細についてはマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される標準的な用語について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

プロパティ

文書番号:898900 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition

フィードバック