Windows Update v6 へのアップグレード

概要

この資料では、従来の Windows Update サイト から 新しい Windows Update サイト (Windows Update v6) への移行について説明しています。

詳細

マイクロソフトでは、現在 Windows ユーザーに提供している Windows Update サイトを新しい Windows Update サイト (Windows Update v6) へ段階的に移行していきます。移行は自動的におこなわれ、移行期間中または、移行期間後にユーザーが Windows Update サイトへアクセスした際に、Windows Update v6 の導入プロセスがおこなわれます。移行の対象となるオペレーティング システムは、Windows XP, Windows Server 2003, Windows 2000 です。Windows 98、Windows Millennium Edition については移行は行われず、現行の Windows Update サイトが継続して利用されます。

新しい Windows Update サイトへの移行プロセス

※ 自動更新機能を有効にしている場合は、アップグレードに必要なファイルが自動的にインストールされるため、下記のプロセスが表示されないことがあります。
  1. 新しい Windows Update サイトに初めてアクセスした際、コンピュータは、Windows Update に必要なソフトウェアが最新のバージョンであるかどうかスキャンします。


  2. 初めてサイトにアクセスした場合、最新の ActiveX コントロールのインストールを促されます。


  3. セキュリティ警告ウィンドウが表示されるので、コンテンツが Microsoft によって署名されているかどうか確認します。


  4. コンテンツが安全であることを確認後、継続するには、[インストールする] をクリックします。


  5. 新しい Windows Update サイトを利用するためには、必要な最新のソフトウェアをインストールする必要があります。継続するには、以下の画面にて [今すぐインストール] をクリックします。


  6. [今すぐインストール] をクリックすると、次の画面でインストールの進行状況が表示されます。


  7. Windows Update ソフトウェアのアップデートがおこなわれると、次回から Windows Updateサイトにアクセスした際に以下のような [ようこそ] 画面が表示されます。




Windows Update コンポーネントの更新
  1. 新しい Windows Update サイトに初めてアクセスした際、更新プログラムを入手する前に、いくつかの Windows Update コンポーネントのアップグレードを求められます。これに従い、[今すぐダウンロードしてインストールする] をクリックする必要があります。


  2. アップデートされるコンポーネントは、以下のとおりですが、すでにインストールされていたり、使用しているオペレーティングシステムのバージョンによっては表示されない場合もあります。
    • Windows インストーラ 3.1
    • Background Intelligent Transfer Service (BITS) update

  3. [今すぐダウンロードしてインストールする] をクリックした際、以下のように必要なコンポーネントのダウンロードが開始されます。
  4. インストールされるコンポーネントによっては、再起動が必要になる場合があります。


  5. 一度移行が完了すれば、次回からはコントロールやコンポーネントのダウンロードは発生しません。
プロパティ

文書番号:899789 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック