Windows XP の実行速度が低下し、Windows タスク マネージャで複数の現象が発生することがある

現象

Windows XP ベースのコンピュータを使用している場合、コンピュータの実行速度が低下することがあります。また、Windows タスク マネージャで以下の現象が発生することがあります。

  • 現在の CPU 使用率が高い。

  • ページ ファイルのサイズが 1.2 GB 以上である。

  • Cidaemon.exe プロセスが大量のページ ファイル領域および大量の CPU 時間を使用している。

原因

この問題は、コンピュータでインデックス サービスが実行されている場合に発生することがあります。インデックス サービスでは、Cidaemon.exe プロセスを使用してファイルのインデックスを作成します。Cidaemon.exe プロセスによってインデックス カタログが作成および更新されます。また、Cidaemon.exe プロセスでは、通常、大量のページ ファイル領域および大量の CPU 時間が使用されます。

解決方法

この問題を解決するには、インデックス サービスを無効にします。インデックス サービスを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [マイ コンピュータ] をダブルクリックし、[表示] メニューの [エクスプローラ バー] をポイントして、[検索] をクリックします。

  2. [設定を変更する] をクリックし、[インデックス サービスを使わない] をクリックします。

  3. [いいえ] をクリックし、[OK] をクリックします。

プロパティ

文書番号:899869 - 最終更新日: 2007/12/19 - リビジョン: 1

フィードバック