ターミナル サービス クライアント コンピューターと、Windows Server 2003 Service Pack 1 ベースのコンピューターに接続した後にサウンドをビープ音

現象

ターミナル サービス セッションを介して、Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 ベースのコンピューターに接続した後、ターミナル サービス クライアント コンピューターと、ビープ音がサウンドの特定のイベントが発生したとき。

たとえば、ターミナル サービス クライアント コンピューターでメモ帳を起動、いくつかの文字を入力して変更を保存せずにメモ帳を終了するときに、この問題が発生します。メッセージ ボックスでは、加えた変更を保存するように求められます。ビープ音では、メッセージ ボックスが開きます。

注: ターミナル サーバーに Windows Server 2003 Service Pack 1 をインストールした後、これらの現象が発生します。

原因

場合はこの関数は、ターミナル サービス クライアント コンピューターにリダイレクトされているために、この問題が発生します。ターミナル サービス クライアント コンピューターがオーディオをサポートしていない場合は、システムのスピーカーからビープ音が再生されます。

解決策

Service Pack 情報

この問題を解決するには、Windows Server 2003 の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
889100 Windows Server 2003 の最新の service pack の入手方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

前提条件が必要ではありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョン

   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------
11-Jun-2005 03:02 5.2.3790.346 988,672 Kernel32.dll
11-Jun-2005 03:02 5.2.3790.346 222,208 Termsrv.dll
11-Jun-2005 03:02 5.2.3790.346 52,224 Winsta.dll
25-Feb-2005 03:51 6.1.22.4 371,936 Updspapi.dll

Windows Server 2003 Service Pack 1、x86 ベースのバージョン

   Date         Time   Version            Size    File name    --------------------------------------------------------------------
30-Jun-2005 02:35 5.2.3790.360 988,672 Kernel32.dll
30-Jun-2005 02:35 5.2.3790.360 222,208 Termsrv.dll
30-Jun-2005 02:35 5.2.3790.360 52,224 Winsta.dll
05-Mar-2005 01:30 6.1.22.4 371,936 Updspapi.dll
30-Jun-2005 03:06 5.2.3790.2477 245,248 Termsrv.dll
30-Jun-2005 00:58 5.2.3790.2477 32,256 Arpidfix.exe

Windows Server 2003 では、Itanium ベースのバージョン

    Date         Time   Version            Size    File name       Platform   --------------------------------------------------------------------
10-Jun-2005 14:29 5.2.3790.346 1,851,392 Kernel32.dll IA-64
10-Jun-2005 14:29 5.2.3790.346 621,568 Termsrv.dll IA-64
10-Jun-2005 14:29 5.2.3790.346 141,824 Winsta.dll IA-64
10-Jun-2005 14:32 5.2.3790.346 934,912 Wkernel32.dll x86
10-Jun-2005 14:32 5.2.3790.346 52,224 Wwinsta.dll x86
24-Feb-2005 15:22 6.1.22.4 639,712 Updspapi.dll IA-64

Windows Server 2003 Service Pack 1、Itanium ベースのバージョン

   Date         Time   Version            Size    File name         Platform   -----------------------------------------------------------------------
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.360 1,851,392 Kernel32.dll IA-64
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.360 621,568 Termsrv.dll IA-64
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.360 141,824 Winsta.dll IA-64
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.360 934,912 Wkernel32.dll x86
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.360 52,224 Wwinsta.dll x86
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.2477 696,320 Termsrv.dll IA-64
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.2477 74,752 Arpidfix.exe IA-64
29-Jun-2005 15:02 6.1.22.4 639,712 Updspapi.dll IA-64

Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン

   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.2477 363,008 Termsrv.dll
29-Jun-2005 15:02 5.2.3790.2477 43,008 Arpidfix.exe
29-Jun-2005 15:02 6.1.22.4 462,560 Updspapi.dll

状況

マイクロソフトでは、対象セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題があること確認していますこの問題は、Windows Server 2003 Service Pack 2 で最初に修正されました

詳細

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには


修正プログラムを適用した後場合は関数のリダイレクトを有効にするのにレジストリを使用できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    します。
  3. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. DisableBeepを入力し、ENTER キーを押します。
  5. DisableBeepを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「0」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: 場合は関数を無効にするには、値を 1 に変更します。
  7. レジストリ エディターを終了します。
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:901115 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック