ソフトウェアの更新サービスを使用して Office 2003 を更新しようとするときに「エラー 80070643」エラー メッセージが表示される

現象

Microsoft ソフトウェアの更新サービス (SUS) を使用して Microsoft Office 2003年を更新しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 80070643
また、WindowsUpdate.log ファイルには、次のようなエラーが含まれます。
2005-07-11 10時 44分: 01 1056 250 ハンドラー: MSI トランザクションが完了しました。MSI: 0x80070643、ハンドラー: 0x8024200b、ソース: いいえ、再起動: 0

2005-07-11 10時 44分: 01 1056 250 ハンドラー: 警告: 更新プログラム {EF358F39-A507-45A8-9E84-D626D099E8BD}、エラーのトランザクションの最初のエラー = 0x8024200b、MSI 結果 0x80070643、MSI 操作を = = StartCache

原因

通常、この問題は、次の条件のいずれかが true の場合に発生します。
  • Microsoft Office Source Engine (Ose.exe) は無効です。
  • Ose.exe ファイルが壊れています。

解決策

この問題を解決するには、記載されている順序で次のメソッドを使用します。

方法 1: Office のソース エンジン サービスの状態を確認します。

Office ソース エンジン サービスの状態を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして、 services.mscを入力および [ OK] をクリックします。
  2. サービスの一覧では、 Office Source Engineをダブルクリックします。
  3. [スタートアップの種類] ボックスの一覧を表示します。
  4. スタートアップの種類は、無効に設定されている場合は、スタートアップの種類を手動に変更します。これを行うには、スタートアップの種類] ボックスの一覧で、[手動] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  5. Office 更新プログラムを再度インストールしようとしてください。

Ose.exe ファイルを修復する方法 2。

Ose.exe ファイルを修復するには、Office 2003 CD から Ose.exe ファイルをコピーします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Ose.exe ファイルの場所を決定します。既定では、Ose.exe ファイルは次の場所です。
    path:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Source Engine\
  2. Office 2003 CD を CD ドライブに挿入します。
  3. 開始を右クリックし、エクスプ ローラー] をクリックします。
  4. Microsoft Windows エクスプ ローラーを使用して、Office 2003 CD の次のフォルダーを探します。
    path:\Files\Setup
  5. Ose.exe ファイルを右クリックし、[コピー] をクリックします。
  6. 見つけて Ose.exe ファイルがあるコンピューター上のフォルダーを選択し、クリックします。などを見つけて、次のフォルダーを選択する] をクリックします。
    パス:\Program Files\Common を指定して Shared\Source エンジン
  7. ソース エンジンのフォルダーを右クリックし、[貼り付け] をクリックします。
  8. 既存のファイルを置換するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

方法 3: を削除して、Office 2003 を再インストール

削除し、Office 2003 を再インストールし、以下の手順を実行します。

注: Microsoft Windows の各バージョンがあるため、次の手順がコンピューターによって異なる場合があります。その場合は、手順を完了するため、製品マニュアルを参照してください。
  1. Office 2003 CD を CD ドライブに挿入します。
  2. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. 追加または削除プログラムをクリックします。
  4. 現在インストールされているプログラムの一覧で、インストールされている Office 2003 のバージョンをクリックし、[削除] をクリックします。
  5. Office 2003 を削除することを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. Office 2003 がコンピューターから削除されると、プログラムの追加] をクリックします。
  7. CD またはフロッピー] をクリックします。
  8. フロッピー ディスクからプログラムをインストールまたは CD-ROMのダイアログ ボックスで、Office 2003 CD を CD ドライブにはことになっていることを確認します。その後、[次へ] をクリックします。
  9. [完了] をクリックします。その後、指示に従って Office 2003 のインストールを完了します。
  10. Office 2003 のセットアップが完了したら、[ OKを] をクリックします。
  11. Office 2003 CD を CD ドライブから削除します。

詳細

Office 2003 CD から、または Office 2003 CD のイメージから Office 2003 をインストールすると、セットアップはローカル コンピューターに必要なインストール ファイルをコピーするのには、Office Source Engine (Ose.exe) システム サービスをインストールします。Setup.exe では、セットアップ設定ファイルを読み取り後、Setup.exe は、以下の操作を実行します。
  • ローカル コンピューターで利用可能なほとんどの空き領域があるドライブを決定します。
  • ユーザーが管理者権限を持っていることを確認します。
  • Office ソース エンジンをインストールします。
Office ソース エンジンの詳細については、Microsoft Office 2003 Editions リソース キットの次のリソースのいずれかを参照してください。
  • 印刷バージョンの Office 2003 Editions リソース キットでは、23 ページを参照してください。
  • 、Office 2003 Editions リソース キットのオンライン バージョンでは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:903772 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 2

フィードバック