Windows 2000 SP4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (KB891861) の適用後に Excel や Word でフロッピーディスクにアクセスすると応答を停止する場合がある

現象

2005 年 6 月 29 日から 9 月 12 日の間に Windows 2000 SP4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (KB891861) を適用した後、Microsoft Excel や Word などの Office アプリケーションでフロッピーディスクに保存されたたデータの上書き保存などをした際に、Windows 2000 が応答を停止する場合があります。

この現象が発生した場合には、起動中の Excel や Word などのアプリケーションが応答なしの状態となるため、一旦システムの電源を強制的に切断して再起動を行う必要があります。フロッピーディスクに格納されたデータは上書きする前の状態となり、不要な作業用のファイルが残った状態となります。

解決方法

この問題を解決するには、Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (v2) をインストールします。Windows 2000 SP4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (v2) のダウンロードおよびインストールを行うには、次の Microsoft Windows Update Web サイトにアクセスし、優先度の高い更新プログラム 891861 をインストールします。
この更新プログラム ロールアップは、複数の Windows 2000 ベースのコンピュータに展開するためにダウンロードすることもできます。詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。
891861 Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 と既知の問題 ダウンロード情報

状況

この問題は、2005 年 9 月 13 日以降に公開された Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (v2) で修正済です。

関連情報

詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。
891861 Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 と既知の問題の問題4
プロパティ

文書番号:904130 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック