SQL Server 2005 Express Edition の Readme

はじめに

Microsoft SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express) は、マイクロソフトのデスクトップ エンジン (MSDE) を置き換える SQL Server 2005 の空きと使用が簡単なものです。Microsoft Visual Studio 2005 と統合すると、SQL Server Express しやすい強力なセキュリティで保護された、データ ドリブン アプリケーションを開発し、それらを迅速に展開します。SQL Server Express (契約書に従って、再配布することができ、基本的なサーバー データベースとクライアント データベースとして機能します。SQL Server Express は、独立系ソフトウェア ベンダー (Isv)、サーバーのユーザーの専門家ではない開発者、Web アプリケーション開発者、Web サイトのホストおよびクライアント アプリケーションを構築する愛好家に最適です。

SQL Server Express この Readme ファイルに含まれる時間では利用できなかったことに関連するすべての情報は、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に公開されます。
SQL Server 2005 の readme ファイルを907284の変更


SQL Server Express のニュースグループを使用してフィードバックを提供する方法の詳細については、 3.6 ニュースグループのサポートを参照してください。

詳細

1.0 をダウンロードし、SQL Server Express をインストールします。

このセクションでは、.NET Framework 2.0、SQL Server Express、および SQL Server Express への接続に使用できるツールのインストールに関する情報について説明します。

1.1 SQL Server Express ののインストール要件


1.1.1 システム要件

前提条件のソフトウェアと Microsoft SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express) を実行するための最低限のハードウェアおよびソフトウェア要件は、次を表します。右クリックし、コンピューターは、[スタート] メニューから、システム要件を満たしているか
マイ コンピューター、し、[プロパティ] をクリックします。、
[全般] タブには、CPU の種類と速度、およびインストールされているメモリ (RAM) の量が表示されます。

前提条件のソフトウェアMicrosoft.NET Framework
マイクロソフトの Internet Explorer 6.0 SP1 またはそれ以降 (.NET Framework の前提条件と)
RAM192 MB の最小値。
512 MB を推奨します以上。
ハード ディスク空き容量600 MB の空き容量
プロセッサPentium III 互換またはそれ以上
最小値: 500 MHz
1 GHz を推奨します以上。
オペレーティング システムWindows Server 2003 SP1
Windows Server 2003 のエンタープライズ版の SP1
Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1
Windows Small Business Server 2003 Standard Edition SP1
Windows Small Business Server 2003 Premium Edition SP1
Windows XP プロフェッショナル SP2
Windows XP Home Edition SP2
Windows XP Tablet Edition SP2
Windows XP メディアの Edition SP2
Windows 2000 Professional Edition SP4
Windows 2000 Server Edition SP4
Windows 2000 SP4 のエディションの詳細
Windows 2000 Datacenter Server Edition SP4

注: 埋め込まれた版の Windows XP のこのリリースでサポートされていません。

1.1.2 SQL Server Express をインストールする前に

Microsoft SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express をインストールする前に、SQL Server Express に関連付けられている.NET Framework の正しいバージョンをインストールすることを確認します。

SQL Server Express のバージョン.NET Framework のバージョン
SQL Server 2005 Express EditionSQL Server 2005 Express Edition をインストールする場合は、順序で次の手順を実行します。
1. (version 1.0 および 1.1 ではありませんをアンインストールするのには) お使いのコンピューターから.NET Framework の 1.2 およびそれ以降のバージョンをアンインストールします。その後、.NET Framework 2.0 をインストールします。
2. からの SQL Server 2005 Express Edition をインストールします
SQL Server Express の Web サイトです。

1.1.3 方法はお使いのコンピューターに.NET Framework のバージョンを識別します。

どの.NET Framework のバージョンが、コンピューター上に 2 つの方法のいずれかが確認できます。
  • %Windir%\microsoft.net\framework\version へ移動] を右クリックしてのバージョンが 2.0 では、特定のバージョンを識別する場合
    mscorlib.dllプロパティ] をクリックし、バージョン] をクリックします。
  • または、 [スタート] メニュー、[次のようにクリックします。
    コントロール パネルの [管理ツール] を開き、 .NET Framework 2.0 構成を開きます。右側のウィンドウの上部には、.NET Framework のバージョンを表示します。

1.1.4 コマンド プロンプト オプションを使用して SQL Server Express をインストールするのには

SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express のセットアップは、グラフィカル ユーザー インターフェイスに加えて、コマンド プロンプト インターフェイスを提供します。実行しているセットアップの [コマンド プロンプト] SQL Server 2005 Books Online のセットアップで SQL Server Express のインストールをカスタマイズするのにを参照してください。

注: 限定版 SQL Server 2005 は、SQL Server Express です。コマンド プロンプトを使用して SQL Server Express のセットアップ エクスペリエンスは、SQL Server 2005 に似ています。

1.1.5 が SQL Server Express を変更するコンポーネントがインストールされています。

SQL Server Express の Web サイトのダウンロード センターから SQL Server Express をインストールする場合は、セットアップを実行する Sqlexpr.exe を使用します。Sqlexpr.exe をフォルダーに保存せずに直接実行すると、インストールが完了したら、バイナリ ファイルが抽出される一時ディレクトリが削除されます。コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用して SQL Server Express のコンポーネントを変更しようとすると、[変更] ボタンは、セットアップ ディレクトリを検索しますが、検索されません。

インストールされている SQL Server Express のコンポーネントを変更するには、Sqlexpr.exe をもう一度 Web サイトからダウンロードし、.exe をフォルダーに保存する必要があります。コマンド プロンプトで .exe が格納されているとを使用してセットアップを実行場所フォルダーにパスを変更、 Sqlexpr.exe – xのパラメーターです。抽出方法とインストール ディレクトリを選択するように促されます。

セットアップ ファイルを抽出した場合が表示されたら、抽出ディレクトリを指定することにより、SQL Server Express のインストールに変更する [変更] ボタンを使用できます。

注: Visual Studio 2005 Express の一部として SQL Server Express がインストールされている場合、このシナリオは真ではありません。Visual Studio Express の詳細については、次を参照してください。
Visual Studio 2005 Express の製品です。

1.1.6 は、MSDE を SQL Server Express にアップグレードします。

MDSE が MSI セットアップでインストールされた場合、同じインスタンス名を持つ Microsoft SQL Server 2005 Express Edition (SQL Server Express をインストールすると、既存の MSDE インスタンスがアップグレードされます。インスタンスの既定のオプションは、SQL Server Express のセットアップを実行するときに使用します。例外では、かどうかの SQL Server Express をインストールしているバージョンが英語ではありません。次に、MSDE のインストールをアップグレードする必要がありますか、SQL Server Express のバージョンと同じ言語であるか、英語である必要があります。

独自のインストール プログラムを使用する別のアプリケーションの一部として MSDE がインストールされた場合、SQL Server Express のインストール プログラムが認識されています。このシナリオでは、別のインスタンス名で SQL Server Express をインストールするのには SQL Server Express をアップグレードするしかありません。SQL Server Express のセットアップを実行し、MSDE からデータベースをデタッチし、SQL Server Express にアタッチするときに、新しいインスタンス名を指定するのには、名前付きインスタンス] オプションを使用します。

MSDE が別のアプリケーションの一部としてインストールされたかどうかを知っているには、プログラム追加と削除[コントロール パネル] に移動します。MSDE が追加または削除プログラムで表示されない場合は、別のアプリケーションの一部としてインストールされました。このシナリオでは、MSDE がインストールされているアプリケーションをアンインストールするのには MSDE を削除するしかありません。ほとんどの場合、アプリケーションのユーザーは、アップグレードを扱うアプリケーションのベンダーをことができます。

1.2 SQL Server Express


SQL Server Express は、これからダウンロードできます。
マイクロソフトの Web サイトです。

注: ダウンロードと展開、製品のダウンロード サイトで提供されている指示に従っていることを確認します。
SQL Server Express をインストールした後は、コマンド プロンプトを使用して SQL Server Express に接続するのには次のコマンドを使用します。

sqlcmd - S Server\Instance

サーバーは、コンピューターとインスタンスの名前に接続するインスタンスの名前です。名前付きインスタンスをセットアップ中に既定値を使用した場合は、"SQLExpress"として、インスタンスを指定します。

1.3 ツールは、SQL Server Express の管理


接続して、SQL Server を管理する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
SQL Server Express Edition に接続する方法を907716



1.4 へのアクセスのセットアップ ドキュメント


ハードウェアとソフトウェアの要件をまとめたもの、
SQL Server Express のインストールの必要条件のセクションです。

1.5 の SQL Server 2005 リリース ノート


SQL Server 2005 の readme ファイルはオンラインでこの
マイクロソフトの Web サイトです。
詳細については、SQL Server 2005 と SQL Server Express Readme ファイルに含まれる時間では利用できませんが、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
SQL Server 2005 の readme ファイルを907284の変更



2.0 セットアップに関する問題


このセクションでは、このリリースでのセットアップの問題について説明します。

2.1 既存の SQL ネイティブ クライアントのインストールが原因でセットアップが失敗する可能性があります。


セットアップは失敗し、次のエラー メッセージを元に戻すことがあります。

製品の Microsoft SQL Native Client のインストール パッケージが見つかりませんでした。インストール パッケージ 'Sqlncli.msi' の有効なコピーを使用してインストールを実行してください。

この問題を回避するには、追加または削除プログラムを使用して SQL ネイティブ クライアントをアンインストールします。クラスターでは、すべてのノードから SQL のネイティブ クライアントをアンインストールします。、SQL Server セットアップを再度実行します。

2.2「パフォーマンス モニター カウンターのチェックが失敗しました」メッセージがシステム構成チェックが失敗した場合


システム構成チェッカー (SCC) は、SQL Server のインストールが開始する前に、パフォーマンス モニター カウンターのレジストリ キーの値を確認します。SCC が既存のレジストリ キーを確認できない場合、または SCC が Lodctr.exe システム プログラムを実行できない場合は、SCC チェックが失敗し、セットアップがブロックされています。セットアップを完了するには、手動でレジストリ キーをインクリメントする必要があります。

注: レジストリの編集を誤ると、オペレーティング システムの再インストールを必要とする深刻な問題が生じる場合があります。マイクロソフトでは、レジストリの編集によって発生した問題を解決できることを保証できません。レジストリを編集する前に、重要なデータをバックアップします。
バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
256986 Microsoft Windows レジストリ説明

カウンターのレジストリ キーを手動でインクリメントするには、次の手順を実行します。
  1. タスク バーの [スタート] ボタンをクリックしてください
    実行、タイプregedit.exeで、
    開くボックス、および、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ キーに移動します。
    [を NT\CurrentVersion\Perflib]。次のキーを検索します。
    • "最後のカウンター] = dword:00000ed4 (5276)
    • 最後の「ヘルプ」= dword:00000ed5 (5277)
  3. 値を確認します。(5276) の前のステップから最後のカウンター値は、次のレジストリ キーの Perflib\009 からカウンターのキーの最大値と同じである必要があり、前の手順 (5277) から前回のヘルプの値は、次のレジストリ キーで Perflib\009 のヘルプ キーの最大値と等しいである必要があります。
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Perflib\009].

    注: 「009」は、英語 (米国) で使用するキーです。
  4. 、必要であれば \Perflib キーの最後のカウンターと前回のヘルプの値の値を変更します。右側のウィンドウで、[最後のカウンターまたは前回のヘルプ] を右クリックします。
    変更、] をクリックしてベース = 10 進数のデータ フィールドの値を設定し、し、[ OK] をクリックします。必要に応じて、他のキーの繰り返しし、レジストリ エディターを閉じます。
  5. SQL Server 2005 Express Edition のセットアップを再度実行します。

2.3 SQL Server Express Books Online には、不適切なオペレーティング システムのサポートについて


SQL Server Express Books Online の「ハードウェアとソフトウェアの要件 (SQL Server Express)」のトピックでは、オペレーティング システムの正確な一覧はありません。次のオペレーティング システムは、SQL Server Express でサポートされています。
  • Windows Server 2003 SP1
  • Windows Server 2003 のエンタープライズ エディションの SP
  • Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1
  • Windows Small Business Server 2003 Standard Edition SP1
  • Windows Small Business Server 2003 Premium Edition SP1
  • Windows XP プロフェッショナル SP2
  • Windows XP Home Edition SP2
  • Windows XP Tablet Edition SP2
  • Windows XP メディアの Edition SP2
  • Windows 2000 Professional Edition SP4
  • Windows 2000 Server Edition SP4
  • Windows 2000 SP4 のエディションの詳細
  • Windows 2000 Datacenter Server Edition SP4

2.4 Windows Server 2003 では、暗号化サービスが無効になって、セットアップが失敗し、Windows ロゴの要件] ダイアログ


Windows 暗号化サービス プロバイダー (CSP) は、Windows ベースのアプリケーションが Windows Server 2003 の CryptoAPI を介してアクセスする認証、エンコード、および暗号化のサービスを実行するコードです。CSP サービスを停止または無効にすると、SQL Server セットアップは失敗し、Windows ロゴの要件を表示します。

注: を Windows Server 2003 フェールオーバー クラスターで SQL Server セットアップを実行する前に、CSP サービスをすべてのクラスター ノードで起動しなければなりません。
Windows Server 2003 上の Windows の CSP サービスを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [管理ツール] を開くし、サービス] をダブルクリックします。
  2. [] 列を右クリックします。
    暗号化サービス、し、[開始] をクリックします。
  3. サービスを閉じます。
  4. セットアップを実行します。

2.5 MSDTC が完全に有効になっていない Windows 上で


Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) が Windows で完全に構成されていないために、分散トランザクション内の SQL Server Express のリソースを登録するのにはアプリケーションが失敗する可能性があります。この問題は、リンク サーバー、分散クエリ、および分散トランザクションを使用するリモート ストアド プロシージャに影響します。このような問題を防ぐためには、SQL Server Express がインストールされているサーバー上の MS DTC サービスを完全に有効にする必要があります。
MS DTC を完全に有効にするには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [管理ツール] を開き、[コンポーネント サービス] をダブルクリックします。
  2. コンソール ルートの左側のウィンドウで次のようにクリックします。
    [コンポーネント サービス] を展開し、
    コンピューターです。
  3. マイ コンピューターを右クリックし、をクリックしてください
    プロパティです。
  4. [ MSDTC ] タブで、セキュリティの構成] をクリックします。
  5. [セキュリティの設定] には、すべてのチェック ボックスを選択します。
  6. DTC ログオン アカウント名は、 NT の AUTHORITY\NetworkServiceに設定されていることを確認します。

2.6 サンプル データベースが既定でインストールされていません。


サンプル データベースは SQL Server Express の既定ではインストールされていません。これから、 Northwindデータベースとpubsサンプル データベースをダウンロードすることができます。
マイクロソフトの Web サイトです。これからAdventureworksサンプル データベースをインストールすることができます。
マイクロソフトの Web サイトです。

2.7「の暗号化を強制的に」の構成が失敗する SQL Server Express のセットアップが発生する可能性があります。


「の暗号化を設定」オプションが有効で、既存の SQL Server クライアントのインストールが構成されている場合、セットアップが失敗する可能性があります。この問題を回避するには、任意の SQL Server クライアントにオプションを無効にします。SQL Server 2000 では、Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) のクライアントは、SQL Server 2000 クライアント ネットワーク ユーティリティを使用します。SQL ネイティブ クライアントの追加または削除プログラムを使用して SQL ネイティブ クライアントをアンインストールします。クラスターでは、すべてのノードから SQL のネイティブ クライアントをアンインストールします。SQL Server 2005 セットアップを再度実行します。

2.8 設定の sp_configure 原因セットアップが失敗するとアップグレード システム データベースに可能性があります。


以前コミュニティ テクノロジ プレビュー (CTP) の以前のインスタンスの SQL Server Express のバージョンを使用して SAVESYSDB およびインストールして USESYSDB を使用する場合は、sp_configure オプションの SMO と DMO の XPs のリリースが無効になっているをアンインストールすると、コマンド プロンプトからセットアップに失敗します。この問題を解決するには、システム データベースをアップグレードするのにはセットアップを使用する前に、これらのオプションが有効になっていることを確認します。詳細については、このサーバーの構成オプションの設定」「SQL Server Books online を参照してください。
マイクロソフトの Web サイトです。

2.9 が SQL Server 2000 の既定のインスタンスをインストールすると、SQL Server Express が無効になります。


コンピューターに SQL Server 2000 の管理ツールがあり、SQL Server Express の既定のインスタンスがインストールされている場合、SQL Server セットアップは SQL Server 2000 の既定のインスタンスをインストールすることが許可されます。ただし、これが無効になる SQL Server Express のインストールされているインスタンスです。したがって、SQL Server 2000 の管理ツールと SQL Server Express の既定のインスタンスがコンピューターに既に存在するときに、SQL Server 2000 の既定のインスタンスをインストールしません。

2.10 は、Windows ドメイン コント ローラー上で SQL Server Express をインストールします。


セキュリティに関するメモSQL Server Express を実行しているドメイン コント ローラーをお勧めします。
Windows ドメイン コント ローラーに SQL Server Express をインストールすることはただし、ローカル サービスやネットワーク サービスとして、Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーで実行できません。SQL Server サービス アカウントは、Windows ドメイン ユーザー アカウントとして実行する必要があります。ローカル システムとして実行するサービス アカウントを SQL Server をインストールすることも、このオプションはお勧めできません。

SQL Server Express をインストールした後、サーバーの役割は変更されません。たとえば、メンバー サーバーに SQL Server Express をインストールする場合はない Dcpromo ツールを使用サーバーをドメイン コント ローラーに昇格します。または、ドメイン コント ローラーで SQL Server Express をインストールする場合では、メンバー サーバーにサーバーを降格する Dcpromo は使用しないでください。した後、サーバーの役割を変更する機能の損失につながるし、は SQL Server Express のインストールがサポートされています。

2.11 既存の SQL ネイティブ クライアントのインストールが原因でセットアップが失敗する可能性があります。


セットアップは失敗し、次のエラー メッセージを元に戻すことがあります。

製品の Microsoft SQL Native Client のインストール パッケージが見つかりませんでした。インストール パッケージ 'Sqlncli.msi' の有効なコピーを使用してインストールを実行してください。

この問題を回避するには、追加または削除プログラムを使用して SQL ネイティブ クライアントをアンインストールします。クラスターでは、すべてのノードから SQL のネイティブ クライアントをアンインストールします。、SQL Server セットアップを再度実行します。

2.12 では、プレリリース バージョンの SQL Server Express、Visual Studio 2005年をアンインストールします。


SQL Server Express、Visual Studio 2005 をインストールする前に.NET Framework 2.0 のすべての以前のビルドを削除する必要があります。両方の製品は、同じバージョンの.NET Framework に依存しているためには、次の順序でアンインストールする必要があります。
  • SQL Server Express
  • Visual Studio 2005
  • .NET Framework 2.0

2.13 メンテナンス モードのプロンプトに Setup.exe のパスを


メンテナンス モードでは、新しい SQL Server 2005 コンポーネントをインストールする場合は、SQL Server 2005 インストール メディアの Setup.exe の場所を促されます。「Setup.exe。」に含まれる場所を指定することを確認するときたとえば、パス"D:\"失敗しますが、「D:\Setup.exe」は成功します。

2.14 セットアップ コマンド シェル スクリプトのエラーのトラブルシューティング


セットアップ コマンド シェル スクリプトは、path 変数には、かっこが含まれている場合、Windows のスクリプト エラーを生成できます。これは、コマンド シェル スクリプトのパス変数は、64 ビット コンピューターで 32 ビット サブシステムを Windows (WOW64) 上の Windows に 32 ビットのコンポーネントをインストールする場合に発生することがでかっこをサポートしないために発生します。たとえば、「C:\Program Files (x86) \"のパスの値次のスクリプト エラーが発生シェル スクリプト インタプリタの一部として展開されている PATH 変数かっこ中を誤って解釈され、IF または ELSE ステートメント。
IF "%SOME_PATH%" == "" ( 
SET PATH=%PATH%;%PATH_A%

) ELSE (

SET PATH=%PATH%;%PATH_B%

)


この問題を回避するには、かっこを削除するスクリプトを変更します。次に例を示します。
IF "%SOME_PATH%" == "" set PATH=%PATH%;%PATH_A% 
IF NOT "%SOME_PATH%" == "" set PATH=%PATH%;%PATH_B%


または、パスからかっこを含む SQL エントリを削除します。

3.0 その他の情報


3.1 のサービス アカウントとネットワーク プロトコル


SQL Server Express のローカル システム アカウントはネットワーク サービス アカウントです。

SQL Server Express は、ローカル名前付きパイプおよび共有メモリでリッスンします。デフォルト インストールでは、SQL Server Express にリモートで接続できません。TCP/IP を有効にして、ファイアウォールが有効になっているかどうかを確認する必要があります。

3.1.1 に TCP/IP を有効にするには、次の手順に従います。

  1. [スタート] メニューからすべてのプログラムを選択して、 Microsoft SQL Server 2005] をポイント構成ツール] をポイントし、 SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。
  2. SQL Server 2005 ネットワークの構成] を展開し、[プロトコル] をクリックしてください
    InstanceName.
  3. 、プロトコルの一覧でを有効にプロトコルを右クリックし、有効にする] をクリックします。、
    プロトコルが有効になっていることを表示するのには、プロトコルのアイコンが変更されます。

3.1.2 にファイアウォールを有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。
  2. 左側のナビゲーション バーの [変更の Windows ファイアウォールの設定をクリックします。
  3. [例外] タブで、
    プログラムおよびサービスボックスでは、可能性がありますが表示されます、SQL Server が一覧されますが、例外として選択されていません。チェック ボックスをオンにすると、Windows が TCP 要求で使用するポート 1433 を開きます。または、SQL Server が表示されていない場合は、以下を実行します。
    1. プログラムの追加] をクリックします。
    2. [参照] をクリックします。
    3. 移動ドライブ:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\BINN
    4. Sqlservr.exe ファイルを例外の一覧に追加します。

3.2 ユーザー インスタンス機能


SQL Server Express には、管理者以外のユーザーにコピーまたは DBCreator 権限を必要とせず (xcopy による配置を使用して) データベースを移動することができます。詳細については、これを「ユーザー インスタンスの管理者以外が」SQL Server Express Books online を参照してください。
マイクロソフトの Web サイトです。

3.3 WMI プロバイダーおよびユーザー インスタンス機能


サーバー イベントの WMI プロバイダーは、ユーザーが動的に呼び出されたインスタンスでサポートされていません。親の SQL Server Express インスタンスでこの動作するはずです。

3.4 books Online


SQL Server Express Books Online は、これからダウンロードします。
マイクロソフトの Web サイトです。

注: SQL Server Express が SQL Server 2005 の制限されたバージョンであるために、SQL Server Express Books Online のドキュメントは、SQL Server 2005 Books Online で表示される内容に大きく依存。

SQL Server 2005 Books Online は、これからダウンロードします。
マイクロソフトの Web サイトです。

定期的に、マイクロソフトは、SQL Server Express Books Online および SQL Server 2005 Books Online をダウンロード可能な更新を発行します。ドキュメントのローカル コピーの現在の情報を保持するのにはこれらの更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

3.5 は、SQL Server Express のヘルプを取得します。


についてはマイクロソフトの SQL Server Express の 4 つの主要ソースがあります。
  • SQL Server Express のドキュメントおよびサンプル
  • SQL Server 2005 ドキュメント
  • 上の SQL Server のサイト
    Microsoft Developer Network (MSDN)
    TechNet
  • SQL Server 情報その他のマイクロソフト Web サイトで

取得することもヘルプ他のメンバーのいずれかの方法、
SQL Server コミュニティから直接、または
マイクロソフトではサポートしています。詳細については、"を取得する SQL Server Express アシスタンスを SQL Server Express Books online を参照してください。

3.6 ニュースグループ サポート


ニュースグループ サポートでは、この SQL Server Express のニュースグループを参照してください。
マイクロソフトの Web サイトです。SQL Server Express に関する質問の投稿の他のマイクロソフト ニュースグループを使用しません。
SQL Server Express のチームからの最新の情報を参照して、
SQL Server Express のブログです。

注: ニュースグループは英語でのみサポートされます。

3.7 SQL Server Express にフィードバックを提供します。


提案やバグを提供するには、SQL Server Express について報告します。
  • 提案や機能とこれを SQL Server Express のユーザー インターフェイスのバグ レポートを送信します。
    マイクロソフトの Web サイトです。
  • 提案やフィードバック機能を使用して SQL Server Express Books Online のドキュメントの誤りに関するレポートを送信します。
  • エラー レポートおよび機能の利用状況データに自動的にマイクロソフトに送信する分析を選択します。

詳細については、次を参照してください。"SQL Server Books Online の「SQL Server 2005 でフィードバックを提供するです。

4.0 データベース エンジン


このセクションのノートは、SQL Server Express にも適用される SQL Server 2005 データベース エンジンとデータベース エンジンに固有のコマンド プロンプト ユーティリティの最新のアイテムです。

4.1 Windows Server 2003 SP1 を実行しているときに、の接続を強制的に切断することがあります。


TCP/IP ネットワーク接続を有効にする場合次のエラーで、SQL Server Express データベース エンジンの Windows Server 2003 Service Pack 1 で実行されているインスタンスへのクライアント接続が失敗する可能性があります。

ProviderNum: 第 7 エラー: 10054、エラー メッセージ:"TCP プロバイダー: 既存の接続はリモート ホストによって強制的に切断されました"です。


クライアント接続試行の数が多い場合のスケーラビリティをテストする場合があります。この問題を解決するには、 00000000 の値のデータと HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\のレジストリ キーに SynAttackProtect をという名前の新しい DWORD 値を追加するのには、regedit.exe ユーティリティを使用します。

セキュリティに関するメモこのレジストリ キーを設定すると、SYN フラッドのサービス拒否の攻撃にサーバーを見る可能性があります。テストが完了したときは、このレジストリ値を削除します。


注: レジストリの編集を誤ると、オペレーティング システムの再インストールを必要とする深刻な問題が生じる場合があります。マイクロソフトでは、レジストリの編集によって発生した問題を解決できることを保証できません。レジストリを編集する前に、重要なデータをバックアップします。
バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
256986 Microsoft Windows レジストリ説明


4.2 セキュリティで保護されたサービス ブローカーのダイアログ ボックスには、データベース マスター_キーが必要とします。


SQL Server 2005 Books Online には、ダイアログ セキュリティを使用して会話では、データベースをまたがっているときに SQL Server がデータベースのマスター_キーで暗号化されたセッション キーを作成します。実際には、ダイアログ セキュリティを使用するすべての会話のためにデータベースのマスター_キーとセッション キーが暗号化されます。データベース マスター_キーが使用できない場合、会話のメッセージは、データベース マスター_キーが作成されるか、会話がタイムアウトになるまでエラーで transmission_queue に残ります。暗号化を使用するか、暗号化されていないダイアログ ボックスを作成またはデータベースのマスター_キーを作成する次のコマンドを使用するパラメーターを =。
CREATE MASTER KEY ENCRYPTION BY PASSWORD = '<password>'

4.3 共通言語ランタイム ユーザー定義型の 1 つだけのシリアル化する必要があります。


バイト順の並びのユーザー定義型 (UDT) オブジェクトの各インスタンスは 1 つだけのシリアル化された表現を持つことができます。場合シリアル化または逆シリアル化ルーチンは、特定のオブジェクトの 1 つ以上の形式を認識、次の場合にエラーが表示ことがあります。
  • RPC で渡されるバイトの順序の UDT の検証中には、UDT の検証は、非-serialization/再-serialization、UDT を実行し、結果のバイトがオリジナルと同じであることが必要です。検証が失敗した場合、エラーが表示されます。
    生じます、受信した TDS RPC プロトコル ストリームが正しくないです。パラメーター 1 (「< パラメーター名 >」): 指定された値は、< 型名 > のデータ型の有効なインスタンスではありません。無効な値の元データを確認してください。
  • DBCC を実行中には、バイト順の並びの UDT 列に格納されているバイト数を UDT 値の計算のシリアル化に等しくなければなりません。これが真でない場合、DBCC CHECKTABLE ルーチンは、一貫性エラーを報告します。

4.4 ネットワーク接続のセットアップ プログラムによって有効になっていません。


セキュリティ強化のため、SQL Server Express の新規インストールのためのネットワーク接続が無効にします。SQL Server のエンタープライズ、標準、またはワークグループ エディションを使用している場合、または SQL Server の以前のインストールが存在する場合は、TCP/IP を使用してネットワーク接続は無効にできません。名前付きパイプ接続は、SQL Server の以前のインストールが存在しない限り、ローカル接続でのみ使用します。すべてインストールする場合、サーバーへのローカル接続を許可する共有メモリ プロトコルが有効になります。インストール条件とインストール オプションによって、SQL ブラウザー サービスを停止する可能性があります。

4.5 ユーザー定義型を含むアセンブリのの考慮事項


次の制限は、ユーザー定義型が含まれている共通言語ランタイム (CLR) アセンブリに適用されます。
4.5.1 共通言語ランタイム ユーザー定義型の 1 つだけのシリアル化する必要があります。

バイト順の並びのユーザー定義型のオブジェクトの各インスタンスは 1 つだけのシリアル化された表現を持つことができます。場合シリアル化または逆シリアル化ルーチンは、特定のオブジェクトの 1 つ以上の形式を認識、次の場合にエラーが表示ことがあります。
  • RPC を介して渡されるバイトの順序のユーザー定義型の検証中には、ユーザー定義型の検証は、非-serialization/再-serialization ユーザー定義型を実行し、結果のバイトがオリジナルと同じであることが必要です。検証が失敗した場合、エラーが表示されます。

    生じます、受信した TDS RPC プロトコル ストリームが正しくないです。パラメーター 1 (「< パラメーター名 >」): 指定された値は、< 型名 > のデータ型の有効なインスタンスではありません。無効な値の元データを確認してください。
  • DBCC CHECKTABLE を実行中にユーザー定義型のバイト順の並びの列に格納されているバイト数でなければなりません UDT 値の計算のシリアル化します。これが真でない場合、DBCC CHECKTABLE ルーチンは、一貫性エラーを報告します。

4.5.2 更新されたユーザー定義型のクラスを保持するアセンブリの更新制限

ALTER ASSEMBLY を使用して、次の方法で CLR ユーザー定義型を更新できます。
  • 署名または属性が変更されない限り、ユーザー定義型クラスのパブリック メソッドを変更します。
  • 新しいパブリック メソッドを追加します。
  • 何らかの方法でプライベート メソッドを変更します。

ネイティブ シリアル化ユーザー定義型、データ メンバーや基本クラスなどに含まれるフィールドは、ALTER ASSEMBLY を使用して変更できません。その他のすべての変更はサポートされていません。

4.6 更新するとき、の SQL Server はデータの整合性が保証されないアセンブリ


チェックされていないデータが指定されていない場合、SQL Server は ALTER ASSEMBLY アセンブリの新しいバージョンのテーブル、インデックス、または他の永続的なサイト内の既存データに影響を与える場合に実行することを防止しようとします。SQL Server は保証されません、ただし、計算列、インデックス、インデックス付きのビュー、または式なるは、基になるルーチンや型と一貫性のある共通言語ランタイム (CLR) アセンブリが更新されたとき。式の結果の間の不一致はありませんし、値に基づいて、アセンブリ内の式が格納されていることを確認するのには ALTER ASSEMBLY を実行するときの注意を使用します。

4.7 テンプレートの影の上の考慮事項は、ボリューム シャドウ コピー サービスの機能をコピーします。


テンプレートのシャドウ コピー機能のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) には、次の制限があります。
4.7.1 複数のテンプレートの永続的なシャドウ ・ コピー

Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) と、後では、永続化されたテンプレートの 1 つのシャドウ コピーのみを作成できます。追加のシャドウ コピーを作成するには、まずサポート技術情報の記事 891957 に記載されている更新プログラムを適用する必要があります。
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
891957更新プログラム、修正プログラムは、各種のボリューム シャドウ コピー サービスを発行する Windows Server 2003 で利用可能です



注: この更新プログラムを適用していない場合は、最初に、既存の 1 つを削除して新しいを作成し、新しいテンプレートの永続的なシャドウ ・ コピーを作成できます。
4.7.2 テンプレートのシャドウ ・ コピーとフル テキスト カタログ

テンプレートのシャドウ コピー機能では、フルテキスト カタログがサポートされていません。テンプレートのシャドウ コピーが作成されると、シャドウ コピーのデータベースのすべてのフルテキスト カタログがオフラインです。シャドウ コピーからデータベースがアタッチされると、フルテキスト カタログが完全にオフラインのままです。その他のすべてのデータは、接続されているデータベースで利用可能なままです。

テンプレートのシャドウ ・ コピーから直接フルテキスト カタログを含むデータベースがアタッチされると、アタッチ操作は、次のエラー メッセージを返します。

サーバー: メッセージ 7608、レベル 17、状態 1、行 1
中に不明なフルテキスト エラー (0xc000000d) が発生しました「のフルテキスト カタログをマウント」します。

シャドウ ・ コピーから直接データベースをアタッチする必要はない場合、は、データベース ファイルをコピーすることによってこの問題を回避でき、ボリューム、およびその場所からデータベースをアタッチし、通常のドライブ文字にシャドウ ・ コピーからのフルテキスト カタログがベースします。Attach コマンドは、コピーされたフル ・ テキスト ・ ファイルの正しい場所を指定である限り、フルテキスト カタログが動作します。

4.8 共通言語ランタイムがアセンブリを登録するためのの制限


SQL Server では、同じ名前、カルチャ、および公開キーを持つアセンブリの異なるバージョンを登録することはできません。9 月の CTP リリースより前のバージョンの SQL Server Express データベースを保持する場合は、このリリースをインストールする前に、複数の登録を持つアセンブリの 1 つを除くすべてのインスタンスを削除する必要があります。

4.9 は、外部と安全でないアセンブリを作成します。


SQL Server の外部または安全でないアセンブリを作成またはアセンブリを読み込むには、次の 2 つの条件のいずれかを満たしていなければなりません。
  • アセンブリは、厳密な名前で署名されて、または authenticode 証明書で署名です。この厳密な名前 (または証明書)、非対称キー (または証明書) として SQL Server の内部で作成し、(外部アクセスのアセンブリ) の外部アクセスのアセンブリのアクセス許可または UNSAFE アセンブリのアクセス許可 (安全でないアセンブリ) に対応するログオンします。
  • データベース所有者 (DBO) 外部のアクセス アセンブリの外部アクセスのアセンブリ) または (安全でないアセンブリ) の安全でないアセンブリのアクセス許可があり、データベースには、信頼できるデータベース プロパティを ON に設定します。

データベースに信頼できるプロパティいない ON に設定するサーバー プロセスで共通言語ランタイム (CLR) コードを実行する場合のみをお勧めします。代わりに、master データベースのアセンブリ ファイルから非対称キーを作成することをお勧めします。この非対称キーにマップされているログオンを作成し、必要があります、およびログオンに対して、外部アクセスのアセンブリまたは UNSAFE アセンブリのアクセス許可を与える必要があります。
以下の Transact SQL ステートメントでは、非対称キーを作成、このキーでは、ログインにマップし、ログオンに外部アセンブリのアクセス許可を付与するために必要な手順を実行します。CREATE ASSEMBLY ステートメントを実行する前に以下の Transact SQL ステートメントを実行する必要があります。
USE masterGO  

CREATE ASYMMETRIC KEY HelloWorldKey FROM EXECUTABLE FILE = 'C:\HelloWorld.dll'
CREATE LOGIN HelloWorldLogin FROM ASYMMETRIC KEY HelloWorldKey
GRANT EXTERNAL ACCESS ASSEMBLY TO HelloWorldLogin
GO


4.10 メタデータの可視性の制限および動的管理ビューとのアプリケーション ロールの互換性


既定では、SQL Server Express アプリケーション ロールに master データベースのメタデータの可視性を制限しているため、アプリケーション ロールで実行されるプログラムの動作を変更する場合があります。一時的な回避策では、トレース フラグ 4616 を # 有効にできます。
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
906549可能性があります、「アクセス許可が拒否されました」エラー メッセージが表示するとき、アプリケーション ロール ベースのアプリケーションが、SQL Server 2005 の master データベースのシステム テーブルのいずれかからレコードを選択しようとしています。


4.11 SUPPLEMENTAL_LOGGING データベース ・ オプションは実装されていません


SUPPLEMENTAL_LOGGING データベース ・ オプションは、SQL Server のこのリリースでは実装されていません。このオプションは、設定することができますが、効果はありません。

4.12 の sys.dm_clr_loaded_assemblies を示していますアセンブリが失敗したこと


何らかの理由でサーバーのアドレス空間にロードに失敗したアセンブリは、sys.dm_clr_loaded_assemblies 動的管理ビューにも表示されます。

4.13 XQuery の変更


Books Online では、SQL Server Express の XQuery の実装に関する以下の点は記載されていません。
  • CDATAセクションによって生成される文字は、空白文字とは見なされません。たとえば、cast(''as xml).query を選択 ('<、><! [CDATA [] > {"abc"} </a >') <、> abc </a > を返します。
  • 空の要素と属性の作成がサポートされています。
  • Xmlns名前空間のプレフィックスは、名前空間宣言の属性を識別し、XQuery 式の中で宣言し直すことはできません。XQuery 仕様では、この動作が必要です。
  • ソース式の () で 'for' を使用して、静的エラーが生成されます。
  • Xmlデータ型のquery()メソッドを使用して作成されますが、XML ドキュメント、CDATA セクション内のキャリッジ リターン、ライン フィードになります。ライン フィードは、テキスト XML の解析との統一性の以前のキャリッジ リターンのエンティティ参照 () の代わりに使用されます。
  • Local-name()およびnamespace-uri()を含む transact SQL ユーザー定義関数は、決定的です。

4.14 変換から xsd:dateTime では少なく制限よりも記載されています。


日付と時刻の区切り記号 T またはタイム ゾーンが含まれていないxs:dateTimeの値の文字列形式は、次の例のように、 value()メソッド内で SQL datetime型に変換できます。
declare @aaa xmlset @aaa = '<AAA MyDate="2005/1/1 00:00:00"/>'
select @aaa.value('(//AAA)[1]/@MyDate', 'datetime')


4.15 XML スキーマのサポート


SQL Server 2005 Books Online では、SQL Server 2005 のサポートの XML スキーマの次の部分は記載されていません。
  • レポート作成サービス (RDL) の XML スキーマは、XML スキーマ コレクションに読み込まれます。
  • Xs:timexs:dateTimeの以上の 3 つの小数部の桁を持つ 2 つ目の値が含まれている値では、エラーは返されません。代わりにに丸められます。
  • 基本型は、修正するときに、派生型にmaxInclusiveが再定義した場合、XML スキーマは拒否されます ="true"します。
  • Xs:dateTimexs:data、およびxs:timeデータ型を制限する派生型では、 minInclusiveminExclusivemaxInclusive、およびmaxExclusiveファセットの末尾にスペースが無視されます。

4.16 RC4 暗号化を使用しない必要があります。


SQL Server 2005 でデータを保護するのには、RC4 暗号化を使用しません。AES 256、Triple DES などのブロック暗号を使用してください。

5.0 のレプリケーション


このセクションのノートは、レプリケーションのための最新アイテムです。

既定ではレプリケーションが無効になっています。

Microsoft SQL Server 2005 Express Edition は、すべての種類のレプリケーションでは、サブスクライバーとして使用できますが、このエディションの既定ではレプリケーションがインストールされていません。
レプリケーション コンポーネントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [機能の選択] ページで、次のように展開します。
    データベース サービスです。
  2. レプリケーションをクリックし、クリックしてください
    全体の機能はローカル ハード ドライブにインストールされます

接続コンポーネントとレプリケーション管理オブジェクト (RMO) をインストールするには、次の手順を実行します。
  • [機能の選択] ページをクリックし、[クライアント コンポーネント] をクリックし、[全体] をクリックして機能をローカル ハード ドライブにインストールされます。
プロパティ

文書番号:910229 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2005 Express Edition

フィードバック