インターネット オプションの「詳細設定」設定値について

概要

インターネット エクスプローラ の「詳細設定」で「既定値へ戻す」を選択すると、「パッシブ FTP (ファイアウォールおよび DSL モデム交換用) を使用する」項目は OFF になります。

現象

Windows XP Service Pack 1 から Service Pack 2 へアップグレードした環境において、インターネット エクスプローラの「詳細設定」で「既定値へ戻す」を選択すると、「パッシブ FTP (ファイアウォールおよび DSL モデム交換用) を使用する」のチェックが OFF になります。



また、本現象はアップグレード環境でのみ発生します。Windows XP Service Pack 2 が新規インストールされている環境では、「パッシブ FTP (ファイアウォールおよび DSL モデム交換用) を使用する」の項目の既定値は ON に設定されています。

原因

本現象は Service Pack 1 から Service Pack 2 へのアップグレード時に以下のレジストリが更新されないため発生いたします。



HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\AdvancedOptions\BROWSE\FTPPASV

DefaultValue =



また、インターネットエクスプローラーの「詳細設定」の「パッシブ FTP (ファイアウォールおよび DSL モデム交換用) を使用する」の項目は、新規インストール時には以下の通りになっています。



Windows XP Service Pack 1 : ON

Windows XP Service Pack 2 : OFF



しかし、Windows XP Service Pack 1 から Service Pack 2 にアップグレートした環境では上記レジストリが更新されないため、既定値の設定は引継がれません。

解決方法

「既定値へ戻す」を選択した後に、「パッシブ FTP (ファイアウォールおよび DSL モデム交換用) 」の項目を ON にしてください。

状況

この現象は Service Pack 1 から Service Pack 2 へのアップグレード時における、マイクロソフト製品の問題と認識しています。
プロパティ

文書番号:910674 - 最終更新日: 2008/02/20 - リビジョン: 1

フィードバック