WebDAV Web フォルダーを Windows ベースのクライアント コンピューターからアクセスすることはできません。

適用対象: Microsoft Windows XP Home EditionMicrosoft Windows XP ProfessionalMicrosoft Windows XP Professional x64 Edition 詳細

現象


Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) Web フォルダーは、Windows ベースのクライアント コンピューターからアクセスできません。これを実行しようとすると、次の現象が発生する可能性があります。
  • 汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用して Web フォルダーにアクセスすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。


    \\server\webfolder\folder にはアクセスできません。このネットワーク リソースを使用するアクセス許可をいない可能性があります。
    アクセス許可があるかを確認するのにはこのサーバーの管理者に問い合わせてください。


    システムに接続されたデバイスが機能していません。

    エラー 31 = ERROR_GEN_FAILURE
  • Web フォルダーにアクセスするドライブ文字をマップすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。



    ディスクはフォーマットされていません

    このディスクから読み取ることができません。ディスクが壊れている可能性がある、または Windows と互換性がない形式を使用する可能性があります。

  • コマンド プロンプトで Web フォルダーを列挙しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。


    ファイルが見つかりません。
さらに、メモリの消費量の Web フォルダーにアクセスしようとするたびには、WebClient サービスが含まれている Svchost.exe プロセスに増加します。この増加によっては、Web フォルダー内のすべての 20,000 ファイルの約 20 メガバイト (MB) があります。WebClient サービスを停止すると、メモリは解放されません。メモリは、コンピューターが再起動された場合にのみ解放されます。



原因


この問題は、次の条件すべてに該当する場合に発生する可能性があります。

  • クライアント コンピューターは、次の構成のいずれかを実行しています。
    • 896426 のセキュリティ更新プログラム、Service Pack 1 (SP1) と Windows XP
    • Windows XP Service Pack 2 (SP2)
    • Windows XP Professional x64 Edition
    • Windows 7 の場合
    • Windows 8
    • Windows 8.1 の場合
  • WebDAV フォルダーには、多くのファイルが含まれています。たとえば、フォルダーには、20,000 以上のファイルが含まれています。 Windows XP では既定では、1 つの Web フォルダーには、約 1,000 ファイルが列挙されます。この番号は、次のレジストリ サブキーの既定の設定に基づいています。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters\
    値: FileAttributesLimitInBytes
    データの種類: DWORD
    既定値: 1,000,000 10 進数 (1 MB)
    説明: このレジストリ サブキーには、WebDAV リダイレクターによって許可されている 1 つのフォルダー内のすべてのファイル属性の集合的な最大のサイズを決定します。この属性の制限では、すべての実行とする反応について説明します。
問題は、WebDAV サーバーによって返されるすべてのファイル属性のサイズが予想よりもかなり大きいために発生します。既定では、このサイズは 1 MB に制限します。この制限は、セキュリティ上の理由です。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

900900に表示されるエラー メッセージは Service Pack 1 または Service Pack 2 で、Windows XP を実行しているコンピューター上の Web フォルダーから 50000000 バイトより大きいファイルをダウンロードしようとしています。

回避策


重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには


この問題を回避するには、次のレジストリ サブキーに FileAttributesLimitInBytes という名前の DWORD エントリを追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters\
必要なサイズに FileAttributesLimitInBytes レジストリ値を構成し、WebClient サービスを再起動します。これを行うには、以下の手順を実行します。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters\
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. DWORD の名前のFileAttributesLimitInBytesを入力し、ENTER キーを押します。
  5. FileAttributesLimitInBytesを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスで、使用する値を入力し、し、[ OK] をクリックします。たとえば、Web フォルダーには、20,000 のファイルが含まれている、[値データ] ボックスに20000000を入力します。

    注: 1,000,000 (1 MB) を既定値には、Windows により、最大で 1 つのフォルダーに約 1,000 のファイルが列挙されます。ファイルの実際の最大数は、ファイル属性またはファイルのプロパティの数によって異なる場合があります。既定で、WebClient サービスが特定の WebDAV プロパティを求めません。したがって、サーバーは、すべてのファイル属性を返します。WebDAV の特定のプロパティは、Microsoft Office に統合された web フォルダー リダイレクターを求めています。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. 停止し、WebClient サービスを再起動します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、コマンドごとに ENTER キーを押します。
      net stop webclient
      webclient のネット開始

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。



これは Windows 7 の Windows 2012 にも適用されます。