自動更新の統計情報] オプションで、自動作成オプションの統計情報、および BizTalk Server の BizTalkMsgBoxDB データベースをホストする SQL Server データベース インスタンスで並列処理の設定が無効

はじめに

統計の自動作成オプションと、[統計の自動更新] オプションが無効になっているし、並列処理の最大限度の設定は、Microsoft BizTalk Server のBizTalkMsgBoxDBデータベースをホストする Microsoft SQL Server のインスタンスで1に設定されて理由を説明します。

詳細

正確かつ迅速なデータ処理のため、BizTalk Server が SQL Server では大きく依存します。統計の自動作成オプション、自動更新の統計情報オプション、および、並列処理の最大限度の設定が大きく変わるクエリの実行プラン SQL Server の 1 つのインスタンスから SQL Server の別のインスタンスに。したがって、すべての顧客に対して一貫性のあるサポートを提供する BizTalk Server の事前ヒント クエリ シナリオごとに最適な可能性のある検索条件を持つすべてのクエリです。この現象は、SQL Server との対話に、一貫性のある BizTalk Server を使用できます。相互作用をベンチマークし、お客様の環境に関係なく、マイクロソフトによってサポートできます。

意図したとおりに動作するように BizTalk Server を有効にするには、 BizTalkMsgBoxDbデータベースで、次のオプションが無効になってください。
  • 統計の自動作成します。
  • 統計の自動更新
さらに、並列処理の最大限度の設定は、 BizTalkMsgBoxDBデータベースをホストする SQL Server インスタンスで1に設定されます。

関連情報

SQL Server 2000 では、BizTalk Server で並列処理の設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

BizTalk Server を構成するときに SQL Server のインスタンスの899000の並列処理の設定

プロパティ

文書番号:912262 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

フィードバック