SharePoint Portal Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 をインストールするときにエラー メッセージ:「サンプル データの作成に失敗しました」

現象

Microsoft Office SharePoint Server 2007 または Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 をインストールすると、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードで次のエラー メッセージが表示されます。
サンプル データの作成に失敗しました。



System.Reflection.TargetInvocationException がスローされた例外の種類のです。例外の追加情報: 呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。データベース 'おそらく' は既に開かれていて、時にのみ 1 つのユーザーを持つことができます。
構成ログ ファイルを表示すると、次のようなエントリを参照してください。
Date Time   11  ERR  Task evalprovision has failed with an unknown exception  Date Time   11  ERR  Exception: System.Reflection.TargetInvocationException: Exception has been thrown by the target of an invocation. ---> System.InvalidOperationException: Cannot start service SPAdmin on computer '.'. ---> System.ComponentModel.Win32Exception: The service did not respond to the start or control request in a timely fashion 

解決策

この問題を解決するには、セキュリティ設定は、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (DTC)リモート クライアントを許可する設定を使用します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、 [管理ツール] をポイントし、[コンポーネント サービス] をクリックします。
  2. コンポーネント サービス スナップインの左側のペインで[コンポーネント サービス] を展開し、し、[コンピューター] を展開します。
  3. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [ MSDTC ] タブをクリックし、[トランザクションの構成] で[セキュリティの構成] をクリックします。
  5. [セキュリティ設定] が選択されていない場合、[ネットワーク DTC アクセス] チェック ボックスを選択するをクリックします。 リモート クライアントを許可する] チェック ボックスをオンにする] をクリックし、
  6. [OK] をクリックします。
  7. DTC サービスを停止し、再起動されることを示すメッセージが表示されたら、 [はい]を続行することを確認するをクリックします。
  8. DTC サービスを再起動するメッセージが表示されたら、[ OK ] をクリックします。
  9. [OK] をクリックします。

詳細

コンポーネント サービスを使用して、DTC を管理する方法の詳細については、コンポーネント サービスのヘルプの「分散トランザクションの管理」トピックを参照してください。これを行うには、コンポーネント サービス スナップインで、[ヘルプ] メニューのヘルプ トピックをクリックし、コンポーネント サービスのヘルプを表示します。
プロパティ

文書番号:916894 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック