Internet Explorer のオートコンプリートの動作について

概要

本技術情報は Internet Explorer のオートコンプリート機能、フォームのユーザ名及びパスワードの動作について説明したものです。

現象

Internet Explorer はオートコンプリート機能を利用し Web ページ内のフォームに入力するユーザ名とパスワードを自動的に入力することができます。

- 設定方法
  1. Internet Explorer のツールメニューから [インターネット オプション] をクリックします。
  2. インターネット オプション ダイアログから [コンテンツ] タブ - [オートコンプリート] をクリックします。
  3. [オートコンプリートの使用目的] 枠内 - [フォームのユーザ名およびパスワード] のチェックボックスにチェックを入れます。


- [フォームのユーザー名およびパスワード] の動作

[フォームのユーザー名およびパスワード] のオートコンプリートを有効にすると、 Web ページにユーザー名を入力するときに入力候補を表示し、そのユーザー名に対応するパスワードが既に保存されている場合は、自動的にパスワードを入力できるようになります。

この項目のオートコンプリートの対象となるのは、FORM オブジェクト中に存在する "INPUT TYPE=TEXT" および "INPUT TYPE=PASSWORD" に入力される文字列で、これらは "INPUT TYPE=SUBMIT"を使用し FORM をサブミットした場合のみ保存します。 また、Internet Explorer はフォームタグ内に "INPUT TYPE=TEXT" と "INPUT TYPE=PASSWORD" が存在する場合は "INPUT TYPE=PASWORD" をパスワード、同フォームタグ内に存在する "INPUT TYPE=TEXT" をユーザ名として認識しますが、その他に "INPUT TYPE=TEXT" が存在する場合、あるいは "INPUT TYPE=TEXT" のみが存在するには通常のフォームとして認識しパスワードは保存しません。
[フォームのユーザー名およびパスワード] を有効に機能させるためには、フォーム内の入力項目を INPUT TYPE=TEXT と INPUT TYPE=PASSWORD の 2 項目のみとする必要があります。

例えばフォーム内に以下の 3 つの入力項目が存在する場合には Internet Explorer は通常のフォームとして認識するためパスワードのオートコンプリートは有効にはなりません。

<INPUT TYPE=TEXT NAME="USER">
<INPUT TYPE=PASSWORD NAME="PASSWORD">
<INPUT TYPE=TEXT NAME="DOMAIN">


また、INPUT TYPE=TEXT NAME="USER" と INPUT TYPE=TEXT NAME="DOMAIN" のオートコンプリートも有効にはなりません。

これらの入力項目に対してオートコンプリートを有効とするためには [フォームのユーザー名およびパスワード] ではなく、 オートコンプリートの設定で [フォーム] を有効にしておく必要があります。

なお、オートコンプリートの設定で [フォームのユーザー名およびパスワード] と [フォーム] の両方を有効とした場合にも Internet Explorer は INPUT TYPE=TEXT が複数存在するため、同様に通常のフォームとして認識しパスワードのオートコンプリートは有効になりません。
プロパティ

文書番号:917458 - 最終更新日: 2006/04/05 - リビジョン: 1

フィードバック