SQL Server のバッファー プール メモリのページングを削減する方法

適用対象: Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 EditionMicrosoft SQL Server 2005 Enterprise X64 EditionSQL Server 2008 Standard

概要


Microsoft SQL Server の現在の負荷およびシステムの活動に必要なメモリの動的なメモリ管理を実行します。Windows では、SQL Server は不足の Windows API によって提供されるメモリの通知メカニズムを使用できます。不足 Windows API やメモリの計算からは、この情報に基づいて、SQL Server は、特定のシステム上の現在のメモリ状況に応答します。これにより、次の利点があります。
  • システムは、SQL Server プロセスのワーキング セットをページングしません。
  • メモリの物理 I/O の要件を減らすために必要なデータベースのページを利用できます。
詳細については、「動的メモリ管理」のトピックおよび SQL Server Books Online のトピック「サーバー メモリ オプション」を参照してください。

現象


SQL Server で発生する可能性があります以下の問題を考慮してください。
  • SQL Server のパフォーマンスが突然低下します。
  • SQL Server を実行しているコンピューターでは、短時間応答を停止します。
  • SQL Server に接続するアプリケーションのタイムアウトが発生します。
  • 問題は、単純なコマンドを実行するか、システム上のアプリケーションを使用するときに発生します。
これらの問題が発生したとき、次のエラー メッセージのいずれかの SQL Server エラー ログに記録される可能性があります。
エラー メッセージ 1
Sql server プロセス メモリのDateTime spid1s A の重要な部分はページ アウトされました。これにより、パフォーマンスが低下可能性があります。期間: 0 秒です。ワーキング セットの (KB): 1086400、(KB) のコミット: 2160928、メモリの使用率: 50% です。
エラー メッセージ 2
Sql server プロセス メモリのDateTime spid1s A の重要な部分はページ アウトされました。これにより、パフォーマンスが低下可能性があります。時間: 315 秒。ワーキング セットの (KB): 410156 を (KB) のコミット: 2201296、メモリの使用率: 18% です。
エラー メッセージ 3
Sql server プロセス メモリのDateTime spid1s A の重要な部分はページ アウトされました。これにより、パフォーマンスが低下可能性があります。期間: 646 秒。ワーキング セットの (KB): 901904 を (KB) のコミット: 2215752、メモリの使用率: 40% です。
Microsoft SQL Server のサポート チームは、エラー メッセージや警告では、SQL Server エラー ログまたは Windows イベント ログに記録されているも発生します。これらのメッセージには、次のようになります。
DateTime Server      Resource Monitor (0x13c43) Worker 0x0412C1E8 appears to be non-yielding on Node 0. Memory freed: 34152 KB. Approx CPU Used: kernel 171 ms, user 140 ms, Interval: 125093.DateTime Server      * *******************************************************************************DateTime Server      * BEGIN STACK DUMP:DateTime Server      *   DateTime spid 0DateTime Server      * Non-yielding Resource MonitorDateTime Server      * *******************************************************************************DateTime Server      * *******************************************************************************DateTime Server      * BEGIN STACK DUMP:DateTime Server      *   DateTime spid 0DateTime Server      * Non-yielding IOCP ListenerDateTime Server      * *******************************************************************************DateTime spid2s      LazyWriter: warning, no free buffers found.DateTime spid4s      AppDomain xx (SQLCLR.dbo[runtime].xx) is marked for unload due to memory pressure.DateTime spid4s      AppDomain xx (SQLCLR.dbo[runtime].xx) unloaded.DateTime Logon       Error: 17189, Severity: 16, State: 1.DateTime Logon       SQL Server failed with error code 0xc0000000 to spawn a thread to process a new login or connection. Check the SQL Server error log and the Windows event logs for information about possible related problems. [CLIENT: xx.xxx.xx.xx]Event Type:ErrorEvent Source:SQLBrowserEvent ID:8Description: The SQLBrowser service was unable to process a client request.  
「Sql server プロセス メモリの大部分は、ページ アウトされた」エラーと表示されますこれらのエラー メッセージや警告メッセージです。いくつかのインスタンスでこれらのエラー メッセージや警告が表示されませんとエラー メッセージ。これらのエラー メッセージまたは警告のいずれかを確認する場合は、唯一の原因ではありませんが、1 つの考えられる原因としては、この資料に記載されているセットのページングを使用する SQL Server を検討します。これらのエラー メッセージや警告は、さまざまなその他の条件または原因のため記録でした。

原因


この問題は、Windows オペレーティング システムのページが SQL Server プロセスのワーキング セットをチェック アウトするために発生します。これらのエラー メッセージは、SQL Server プロセスのワーキング セットが 50% に達したときにログに記録されますか、SQL Server プロセスにコミットされたメモリの少ない。これらのエラー メッセージを使用するで SQL Server のパフォーマンスが大幅に低下、Windows オペレーティング システムのページが SQL Server プロセスのワーキング セットをチェック アウトするため、大文字と小文字を決定します。また、これらのエラー メッセージは最初の 30 分間では 5 分ごとに記録されます。最初の 30 分後にこれらのエラー メッセージの頻度には、頻度が 1 日の最大値に到達するまでが 2 倍にします。この問題が発生した場合、システム上の他のアプリケーションのワーキング セットが同時にページ アウトも場合があります。詳細については、以下を参照してください。

一連のメッセージを処理する SQL Server

別に、既知の問題は、このエラー メッセージのインスタンスが表示される SQL Server に存在します。SQL Server の起動処理中に、エラー メッセージが SQL Server エラー ログに記録されます。エラー メッセージには、警告は正しく可能性があります。したがって、していない可能性があります作業セットのトリムが実際に発生したこと。詳細については、以下を参照してください。

起動フェーズでは早い段階でセットのトリムの警告メッセージを操作する SQL Server レポート

で VM の設定でメモリの割り当てです。たとえば HyperV または VMWare バルーン ドライバーの問題です。詳細については、以下を参照してください。

1003470バルーン ドライバーがメモリを仮想マシンのゲスト オペレーティング システムのパフォーマンスの問題を引き起こしているの保持を保持します。

2001003トラブルシューティング ESX/ESXi の仮想マシンのパフォーマンスの問題

回避策


この問題を回避しようとすると前、には、この問題を解決するのには「この問題をトラブルシューティングする方法」セクション手順を実行します。依然としてこの問題が発生する場合は、物理メモリのバッファー プールに割り当てられたメモリをロックすることによりページ アウト、SQL Server プロセスのバッファー プール メモリから Windows オペレーティング システムを防ぐことができます。メモリをロックするには、SQL Server サービスのスタートアップ アカウントとして使用されているユーザー アカウントに、メモリ内のページのロックユーザー権利を割り当てます。

注: 使用してメモリ内のページのロックは、SQL Server によって管理されているメモリはページ アウトされないことを確認します。ただし、スレッドのスタック、EXE および DLL イメージ、ヒープのメモリは、CLR のメモリもポケットベルを受信できるが、OS によって。注: SQL Server 2008 SP1 累積的な更新プログラム 2 エディションの SQL Server の標準とエンタープライズの両方がメモリ内のページのロックユーザー権利を使用します。ロックされたページのサポートの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

970070ロックされたページが SQL Server 2005 Standard Edition、および SQL Server 2008 Standard Edition のサポート
メモリ内のページのロック] ユーザー権利を割り当てるには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン [実行] をクリックして、 gpedit.mscと入力し、[ OK] をクリックします。 注: [グループ ポリシー ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. コンピューターの構成] を展開し、 Windows の設定します。
  3. セキュリティの設定] を展開し、展開 ローカル ポリシーです。
  4. [ユーザー権利の割り当て] をクリックし、メモリ内のページのロック] をダブルクリックします。
  5. ローカル セキュリティ ポリシーの設定] ダイアログ ボックスで、追加のユーザーまたはグループをクリックします。
  6. [ユーザーまたはグループ] ダイアログ ボックスで、Sqlservr.exe ファイルを実行しをクリックし、アクセス許可を持つアカウントを追加します。 OKです。
  7. グループ ポリシー ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  8. SQL Server サービスを再開します。
割り当てた後は、メモリ内のページのロックユーザーの権利とは、SQL Server サービスを再起動して、Windows オペレーティング システム、SQL Server 内のバッファー プール メモリをページ処理されなく。ただし、Windows オペレーティング システムは、SQL Server プロセス内で nonbuffer プール メモリをページできます。起動時に SQL Server エラー ログに次のメッセージが書き込まれることを確認することによって SQL Server のインスタンスによって、ユーザー権利を使用するを検証することができます。
「バッファー プールにロックされたページを使用する」
このメッセージは、SQL Server にのみ適用されます。エラー ログにこのメッセージの詳細については、以下を参照してください。Windows オペレーティング システム ページ アウト、nonbuffer プールのメモリ、パフォーマンスの問題も発生します。ただし、「現象」に記載されているエラー メッセージは SQL Server エラー ログにはログインしていません。

詳細情報


この問題をトラブルシューティングする方法

この問題が発生する可能性がある問題の 3 つのカテゴリがあります。

  1. アプリケーション関連の問題: すべてのアプリケーションに、利用可能な物理メモリを使い果たすし、オペレーティング システムはリソースへの新しいアプリケーションの要求のメモリを解放する必要があります。通常、アプローチをここでは、どのようなアプリケーションがメモリを使い切りを検索し、メモリの消費をリードすることがなくそれらの間のメモリのバランスをとるために必要な手順を実行すること。
  2. デバイス ドライバーの問題: デバイス ドライバーがあります作業セットのページングのすべてのプロセスの場合は、ドライバーを呼び出していないメモリ割り当て関数正しく。
  3. 操作システムの問題
この問題をトラブルシューティングするには、以下の手順を実行します。
  1. アプリケーション関連の問題:

    アプリケーションは、可能性がありますが消費のすべてのシステムの RAM。OS がそれらを満たす必要がある場合は新しいメモリ要求が行われると、し、実行中のメモリ要求を満たすためにアプリケーションのワーキング セットをトリミング、空きメモリがない場合は、します。このような場合、ワーキング セットのほとんどのアプリケーションのすべてのドロップが大幅を観察可能性があります。システム上のすべてのアプリケーションの次のパフォーマンス モニター カウンターを収集してこれを確認するには。

    パフォーマンス オブジェクト: プロセス ワーキング セットのカウンター。

    また、物理メモリの量は、システムで利用可能な相関関係を次のカウンターを監視します。

    パフォーマンス オブジェクト: メモリ カウンター: 利用可能なメモリ (MB)

    システム上のほとんどの (すべて) プロセスのワーキング セットの突然のドロップ カウンターを同時に観察することが通常の動作は 0 MB の近くに利用可能なメモリの削減。このような動作を観察する場合は、SQL Server の最大サーバー メモリの削減を含むなど、システムのメモリ使用量を削減する手順を実行する必要があります。

    アプリケーションでは、可能性がありますもを使用して、システム キャッシュが多すぎると、システム キャッシュの拡大が発生する可能性があります。をシステム キャッシュの増加に応答するのには、システムのページは、SQL Server プロセスのまたは他のアプリケーションのワーキング セットをアウトします。この問題が発生した場合は、アプリケーションでいくつかのメモリ管理関数を使用することができます。これらの関数は、ファイル I/O 操作をアプリケーションで使用されるシステム キャッシュ領域を制御します。たとえば、ファイル I/O 操作で使用できる、システム キャッシュ領域を制御するのに SetSystemFileCacheSize 関数と GetSystemFileCacheSize 関数を使用することができます。 システム キャッシュ ワーキング セットが大量のメモリを使用するかどうかを判断するのにには、このオブジェクトのさまざまなカウンターの値を表示するのには、[Memory] パフォーマンス オブジェクトを使用できます。たとえば、キャッシュのバイト数とシステム キャッシュの常駐バイト数のカウンターを表示できます。このトピックの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    が多すぎるキャッシュMicrosoft Windows 動的キャッシュ サービス976618  システム ファイルのキャッシュが物理メモリの大部分を使用するとアプリケーションおよびサービスのパフォーマンスの問題が発生します。

    ダウンロードし、「Microsoft Windows 動的キャッシュ サービス」システム ・ キャッシュによって消費されるメモリを制御するために展開しますできます。

  2. デバイス ドライバーの問題。

    デバイス ドライバーは、 MmAllocateContiguousMemory関数を使用すると、4 ギガバイト (GB) 未満の場合にHighestAcceptableAddressパラメーターの値を設定する場合でも、Windows オペレーティング システムのプロセスのワーキング セットをページ可能性があります、システムが SQL Server プロセスを含みます。この問題を解決するには、ドライバーの更新プログラムをデバイス ドライバーのベンダーに問い合わせてください。

    デバイス ドライバーがメモリを割り当てるしようとすると、Windows オペレーティング システムが他のアプリケーションのワーキング セットをページ可能性があります。この Windows 修正プログラムを使用して、イベントのトレースを使用して、問題の原因となるデバイス ドライバーを検索することができます。ワーキング セットの動作をトリミングすると、特定のドライバーの詳細についてを参照するには、MSDN の記事を参照してください"特定のドライバーを割り当ての連続したメモリ。」

  3. 操作のシステム上の問題: SQL Server プロセスのワーキング セットのページへの Windows オペレーティング システムが発生する既知の問題を解決するには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを適用します 

    注: 修正プログラムは累積されます。以降のバージョン修正プログラムにはには、その修正プログラムの以前のバージョンが含まれています。

  • いくつかの高度な TCP 機能を使用しているとき、システム、SQL Server の設定をトリムすることがあります。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

942861アプリケーションの Windows Server を実行しているサーバー上の SQL Server に接続するとエラー メッセージ:「一般的なネットワーク エラー」、「通信リンクの障害」または「トランスポート レベルのエラー」

  • Windows Server 2003 を実行しているマルチプロセッサ コンピューターで、[システム プロセスが使用可能なシステム メモリの大部分を消費する可能性があります。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

942486、システム プロセスは、Windows Server 2003 を実行しているマルチプロセッサ コンピューターで利用可能なシステム メモリの大部分を消費可能性があります。

  • SAP R/3 と SQL Server を実行する場合、ページングの問題が生じることがあります。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

931308 Windows Server 2003 ベースのコンピューターで、SAP R/3 のプログラムを実行するとハード ディスクにページングの増加を発生可能性があります。

  • Windows Server 2008 で SQL Server を実行している場合は、セットのトリムや不必要な過剰なメモリの消費量を他のオペレーティング システム コンポーネントで作業する可能性がある既知の問題に対する修正プログラムを適用する必要があります。詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

971714レポートの生成プロセスが応答を停止 Perfmon.exe を Windows Server 2008 ベースのドメイン コント ローラーに関するレポートを生成するのには Active Directory の診断のテンプレートを使用して実行すると、

  • Windows 2008 R2 の機能で SQL Server を実行している場合は、作業セットのトリムにつながる可能性がある既知の問題に対する修正プログラムを適用する必要があります。詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術情報番号をクリックします。

979149 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターが応答しなくなる、大規模なアプリケーションを実行するとき

2155311 NUMA ベースのプロセッサを搭載して、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 の場合、メモリの最初の 4 GB のメモリ内のスレッドの要求の多くを実行しているコンピューター上のパフォーマンスが低下します。2468345コンピューター断続的にパフォーマンスが低下または Storport ドライバーは、Windows Server 2008 R2 で使用するときを応答を停止します。

SQL Server で使用されているメモリを確認する方法

パフォーマンス モニターを使用すると、メモリ内のページのロックが有効になっていない場合に、SQL Server によって使用されるメモリを表示します。

SQL Server では、バッファー プールを割り当てるメモリを公開するのには次のパフォーマンス カウンターを使用することも。

パフォーマンス オブジェクト: SQL Server: メモリ マネージャーカウンター: サーバーの Memory(KB) を合計します。

SQL Server のインスタンスが名前付きインスタンスの場合は、パフォーマンス オブジェクトの名前のとおりです。

MSSQL$インスタンス名: メモリ マネージャー

さらに、次のパフォーマンス カウンターを監視することによって、SQL Server 上のページングの効果を測定できます。

パフォーマンス オブジェクト: プロセスプライベート バイトのカウンター:インスタンス: sqlservrパフォーマンス オブジェクト: プロセスワーキング セットのカウンター。インスタンス: sqlservr

Private Bytes カウンターは、現在コミットされている仮想メモリを測定します。ワーキング セットのカウンターは、現在のコミットされた仮想メモリの量が占有している物理メモリ (RAM) を測定します。

ワーキング セットのカウンターの値が合計サーバー Memory(KB) カウンター (またはプライベート バイト) の値より小さい場合は、少なくともいくつかのメモリ バッファー プールの一部であるが、ワーキング セット SQL Server からトリミングされました。

全体のページング (ワーキング セットのトリミング) システム上で次のパフォーマンス カウンターを監視することで示していますから、ページの読み取りとディスクへの書き込みも確認できます。

パフォーマンス オブジェクト: メモリカウンター: 1 秒あたりの入力ページとページ出力/秒

このカウンターを使用してメモリのページを確認する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

889654 64 ビット版の Windows Server 2003 または Windows XP の適切なページング ファイル サイズを決定する方法 
割り当てると、メモリ内のページのロックユーザーの権利とするサービスを再起動して、SQL Server、SQL Server プロセスのバッファー プールがメモリ リソース通知のイベントにも応答し、それを動的に増加または減少これらへの応答としてイベントです。ただし、次のパフォーマンス カウンターでメモリ内にロックされているバッファー プールのメモリの割り当てを表示できません。
  • Private Bytes カウンターと、ワーキング セットのカウンターのパフォーマンス モニター
  • [プロセス] タブのタスク マネージャーでメモリ使用量]
理由は、メモリ内のページのロックを有効にすると SQL Server のAWE APIを使用して起動、OS の仮想メモリ マネージャーでのメモリを割り当てられません。これらのページがロックされると、これらのパフォーマンス カウンターは、割り当て、バッファー プールを使用しない SQL Server プロセス内のメモリの割り当てを表しています。まだ正確に、SQL Server: メモリ マネージャーのパフォーマンス オブジェクトの合計サーバー Memory(KB) のカウンターは、バッファー プールに割り当てられているメモリを表します。

SQL Server のインスタンスに「メモリ内のページのロック」のユーザーに割り当てる前に、重要な考慮事項

必要があります追加の考慮事項、メモリ内のページのロックユーザーに割り当てる前に適切です。場合は正しく構成されているシステムでは、このユーザーを割り当てると、システムに不安定になる、システム全体のパフォーマンスが低下します。さらに、イベント ID 333 は、イベント ログに記録される場合があります。これらの問題は、マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) に連絡する場合は、SQL Server サービスのスタートアップ アカウントとして使用するユーザー アカウントのユーザー権限を無効にする CSS エンジニアを要求します。このステップは、CSS エンジニアは、SQL Server およびシステム上で実行されている他のアプリケーションのさまざまなオプションの必要な構成に使用できる重要なパフォーマンス データを収集するために必要な可能性があります。CSS エンジニアがパフォーマンス データを収集した後は、SQL Server サービスのスタートアップ アカウントの権利をメモリ内のページのロックユーザーを割り当てることができます。メモリ内のページのロック] ユーザー権利を割り当てる前に、さまざまなアプリケーションやシステムにインストールされているサービスのメモリ要件を決定するパフォーマンス モニターのログをキャプチャすることを確認します。これらのアプリケーションには、SQL Server も含まれます。メモリ要件を決定するには、次の基準計画の情報を収集します。
  • 最大サーバー メモリオプションと、[最小サーバー メモリオプションを正しく設定することを確認します。これらのオプションは、SQL Server プロセスのバッファー プールのメモリ要件だけを反映します。これらのオプションは、SQL Server プロセス内で他のコンポーネントに割り当てられているメモリを含めないでください。これらのコンポーネントを以下に示します。
    • SQL Server ワーカー スレッド
    • Dll と、SQL Server プロセスが SQL Server プロセスのアドレス空間内で読み込まれるコンポーネントのさまざまな
    • バックアップと復元の操作
  • Dll やコンポーネントには、さまざまな OLE DB プロバイダー、拡張ストアド プロシージャ、 sp_OACreateストアド プロシージャ、リンク サーバー、および SQL Server の CLR を使用する Microsoft の COM オブジェクトが含まれます。これらのコンポーネントに割り当てられたメモリを SQL Server プロセスのアドレス空間の nonbuffer プールの領域を下回った。SQL Server プロセス全体で使用できるメモリの最大量を理想的には確認するのには、メモリの総容量を使用する SQL Server プロセスをすることから、バッファー プールを使用しないコンポーネントに割り当てられているメモリを減算する必要があります。次に、最大サーバー メモリオプションを設定するのには、残りの部分の値を使用できます。最大サーバー メモリオプションと、[最小サーバー メモリオプションを設定する前に慎重に SQL Server Books Online の「メモリ オプションを手動で設定する」トピックを確認する必要があります。
  • 他のアプリケーションおよび Windows オペレーティング システムのコンポーネントのメモリ要件を決定します。アプリケーションには、他の SQL Server のコンポーネント、たとえば、SQL Server エージェント、レプリケーション エージェントの SQL Server、SQL Server レポート サービス、SQL Server Analysis Services、SQL Server の統合サービス、および SQL Server のフル テキスト検索が含まれます。バックアップ操作およびファイルのコピー操作を実行するアプリケーションは、大量のメモリを使用することができます。ファイル IO を生成する一括コピーし、スナップショット エージェントなどの操作を検討してください。最小サーバー メモリオプションの最大サーバー メモリオプションの値を決定する際は、これらすべてのアプリケーションのメモリ要件を考慮してください。Private Bytes カウンターとすべてのプロセスのプロセス オブジェクトの下のワーキング セットのカウンターを使用するには、特定のプロセスのメモリ要件を決定します。
  • 既定では、メモリ内のページのロックユーザーの権利、割り当てられています組み込みのローカル システム アカウントにします。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • ドメイン内のすべての SQL Server プロセスの Windows ユーザー アカウントをグローバルに使用する場合は、グループ ポリシー構成を使用して割り当てられているユーザー権利を確認します。32 ビットの SQL Server プロセスは、起動時のアカウントとしてこのアカウントを使用することがあります。ただし、このアカウントには、アドレス ウィンドウ化拡張 (AWE) 機能を有効にするのにはメモリ内のページのロックユーザー権利が必要です。詳細については、SQL Server Books Online の「SQL Server メモリの最大量を提供する」のトピックを参照してください。
  • 最大サーバー メモリオプションと複数の SQL Server インスタンスの最小サーバー メモリオプションを構成する前に、SQL Server のインスタンスごとに nonbuffer プールのメモリ要件を検討します。次に、SQL Server のインスタンスごとにこれらのオプションを構成します。

理想的には、負荷がピーク時に、この基準計画情報を収集します。そのため、ピーク時の負荷をサポートするために、各種のアプリケーションやコンポーネントのメモリ要件を決定できます。メモリ要件は、活動およびシステム上で実行されているアプリケーションに応じて、別のシステムに 1 つのシステムとは異なります。

システムでメモリ不足の状態が発生しているかどうかを理解するのには動的管理ビューの sys.dm_os_process_memory で提供されている情報を照会できます。詳細については、次のサイトにある SQL Server オンライン ブックの参照を参照してください。

sys.dm_os_process_memory (Transact SQL)

改善追加された Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 でその削減作業セットのトリミング

Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 は、連続したメモリの割り当てメカニズムを向上します。この改善は、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 の新しいメモリ要求が到着したとき、アプリケーションのワーキング セットをページングの影響をある程度まで減らすことができます。マイクロソフトのホワイト ペーパー「進化のメモリ管理で Windows」からの機能強化の詳細については、次のようにします。
Windows Server 2008 で、物理的に連続したメモリの割り当てが大幅に向上します。連続したメモリの割り当てを要求は、メモリ マネージャーこれで動的に置き換えられるためページ、通常ワーキング セットのトリミングまたは I/O 操作を実行することがなく、成功する確率が高くします。さらに、多くの多くの種類のページ-カーネル スタックやその他のファイル システム メタデータ ページなど-交換の候補となるようになりました。その結果、複数の連続したメモリは、一般に利用可能な任意の時点で。さらに、このような割り当てを取得するためのコストが大幅に減少します。
」進化のメモリ管理で Windows「ホワイト ペーパーを表示するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
2001745トリム設定を使用することができますに悪影響を与える Windows 2003 では、SQL、Exchange、およびオペレーティング システムのパフォーマンス
注: Windows Server 2008 ベースのコンピューターでは、SQL Server の Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降の SQL Server サービス パックをインストールする必要があります。この資料で説明するサードパーティ製のの製品は、マイクロソフトから独立した会社で製造されています。マイクロソフトは保証、黙示またはそれ以外の場合、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない