SQL Server 2005 のインスタンスに SQL Server 2005 Service Pack 1 をインストールするときにエラーが発生する可能性があります。

Bug #: 433207 (SQLBUDT)
BUG #: 433207 (SQL BU 障害)バグ #: 55698 (コンテンツ管理)

現象

SQL Server 2005 のインスタンスでは、Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) をインストールするときに SQL Server 2005 SP1 セットアップ プログラムは、データベース サービスをアップグレードすると、障害が発生した可能性があります。

SQL Server 2005 SP1 の SQL9_Hotfix_KB913090_sqlrun_sql.msp.log のインストール ログ ファイルを調べる場合、次のようなエラー メッセージに注意してください。
エラー メッセージ 1
操作を行った: CommitSqlUpgrade
されて開始: CommitSqlUpgrade: (金) 4 月 28日 10時 41分: 04 2006
< 関数名 'ComponentUpgrade' を = >
エラーが発生しました検索のインストール中をこのメッセージの場合は、このログ ファイルにします。
SQL Server セットアップは、次の問題を発生しました: [Microsoft] [SQL Native Client] [SQL Server] オブジェクトが見つかりません 'dm_exec_query_resource_semaphores' は、存在しないかアクセス許可がありませんので.続けるには、問題を解決し、SQL Server セットアップを再度実行します。
< EndFunc 名 'ComponentUpgrade' の戻り値を = = '15151' 発生しました '0' を = >
されて停止: CommitSqlUpgrade: (金) 4 月 28日 10時 41分: 04 2006
ダーウィン エラー処理のプロパティを収集します。
< EndFunc 名 'LaunchFunction' の戻り値を = = '15151' 発生しました '0' を = >
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: InstallExecuteSequence をテーブルに変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: メモ: 1: 2262 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: InstallExecuteSequence をテーブルに変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: InstallExecuteSequence をテーブルに変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: メモ: 1: 2262 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: InstallExecuteSequence をテーブルに変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: メモ: 1: 2262 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: InstallExecuteSequence をテーブルに変換します。
MSI (s) (98:98) [10:41:05:637]: メモ: 1: 2262 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
アクションの終了 10時 41分: 05: CommitSqlUpgrade.D20239D7_E87C_40C9_9837_E70B8D4882C2。値 3 を返します。アクションの終了 10時 41分: 05: をインストールします。値 3 を返します。
エラー メッセージ 2
プロパティ (S): SqlUpgradeMessage = SQL Server セットアップは、次の問題を発生しました: [Microsoft] [SQL Native Client] [SQL Server] オブジェクトが見つかりません 'dm_exec_query_resource_semaphores' は、存在しないかアクセス許可がありませんので.続けるには、問題を解決し、SQL Server セットアップを再度実行します。
プロパティ (S): UpgradeInstruction = SQL インスタンスへの接続 sysadmin としてSQLInstanceName
SQL ステートメントの使用のマスターを起動します。
C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\Install\sysdbupg.sql のスクリプト ファイルを起動します。
C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\Install\DbEngine_hotfix_install.sql のスクリプト ファイルを起動します。
C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\Install\repl_hotfix_install.sql のスクリプト ファイルを起動します。
MSSQL $inst2 のサービスを停止します。
MSI (s) (98:98) [10:41:07:137]: 製品: Microsoft SQL Server 2005 更新プログラムの「SQL Server データベース サービス 2005 ENU (KB913090) のサービス パック 1」がインストールされていない可能性があります。エラー コードは 1603 です。詳細については、ログ ファイル C:\WINDOWS\Hotfix\SQL9\Logs\SQL9_Hotfix_KB913090_sqlrun_sql.msp.log に使用できます。

MSI (s) (98:98) [10:41:07:137]: 製品: Microsoft SQL Server の 2005 - 構成に失敗しました。
注: この問題は、SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) をインストールするときに発生しません。

原因

問題は、マスターデータベース ファイルが SQL Server 2005 SP1 をインストールする、SQL Server 2005 のインスタンスのリソースデータベース ファイルと同じ場所にないために発生します。以前移動したmasterデータベースの元のインストール場所からです。Masterデータベースを移動すると、マスターリソースデータベース ファイルが同じフォルダー内にあることを確認します。のみ、マスターデータベース ファイルを移動すると、SQL Server 2005 SP1 をインストールするときにこの問題が発生します。この問題は、マスターの場所と
リソースデータベース ファイルは一貫性がありません。

回避策

この問題を回避するのには、マスターリソースデータベース ファイルがフォルダーにあること、同じ SQL Server 2005 の特定のインスタンスの SQL Server 2005 SP1 をインストールする前にいることを確認します。
Sysinternals のプロセス ・ エクスプ ローラー (Procexp.exe) などのツールを使用すると、マスターと SQL Server 2005 のインスタンスによって現在使用されているリソースデータベース ファイルの場所を確認します。

プロセスのエクスプ ローラーを取得するには、次の Sysinternals の Web サイトを参照してください。
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。


マスターとプロセスのエクスプ ローラーでリソースデータベース ファイルの場所を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. プロセスのエクスプ ローラーで、
    プロセスペインでSqlservr.exeプロセスです。
  2. [表示] メニューで、次のようにクリックします。
    下のペインを表示します。
  3. プロセスのエクスプ ローラーの下部のウィンドウのことを確認します
    [名前] 列が表示されます。

    [名前] 列が表示されない場合は以下の手順を実行します。
    1. [表示] メニューで、次のようにクリックします。
      列の選択、[処理] ウィンドウ] をクリックします。
    2. ] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
  4. プロセスのエクスプ ローラーの下部のウィンドウで次のようにクリックします。
    のハンドルの種類別に並べ替えるには。
  5. ファイルの種類のアイテムを検索して、
    ] 列のファイルの Mssqlsystemresource.mdf ファイルのパスです。このパスは、リソースデータベース ファイルのパスです。Master.mdf ファイルのパスを [名前] 列を検索することもできます。このパスは、マスターデータベース ファイルのパスです。
これらのパスが異なる場合は、同じフォルダーにデータベース ファイルを移動する必要があります。

リソース・ データベースの場所によって異なります、
マスターデータベースです。移動する必要があるmasterデータベースを移動する場合、
リソースデータベースがマスターデータベース ファイルと同じ場所にします。しないで、
リソースデータベースは NTFS ファイル システム フォルダーを圧縮または暗号化のいずれかです。これを行う場合はパフォーマンスに影響し、アップグレードを防止します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題が発生した場合は、この問題が発生するたびにコンピューター上のリソースデータベース ファイルの 2 つのコピーがあります。Sysinternals FileMon (Filemon.exe) などのユーティリティを使用して SQL Server 2005 SP1 のインストールを監視する場合は、次の動作が表示されます。
  • セットアップ プログラムでは、 masterデータベースが存在するフォルダーにあるリソースデータベース ファイルを更新します。FileMon のメイン ウィンドウで次の情報が表示されます。
    午前 10時 39分: 49 msiexec.exe:1944 IRP_MJ_WRITE C:\DATA\mssqlsystemresource1.mdf 成功のオフセット: 22572523 の長さ: 24052
  • Sqlservr.exe プロセスは、セットアップ中に、プロセスを開始するとき、新しい場所からmasterデータベースをロードします。FileMon のメイン ウィンドウで次の情報が表示されます。
    午前 10時 40分: 56 sqlservr.exe:2788 IRP_MJ_READ C:\DATA\master.mdf 成功のオフセット: 1900544 の長さ: 65536
  • Sqlservr.exe プロセスは、元の場所からリソース・ データベースをロードします。この元の場所には、リソースデータベース ファイルの古いバージョンが含まれています。FileMon のメイン ウィンドウで次の情報が表示されます。
    午前 10時 40分: 56 sqlservr.exe:2788 IRP_MJ_READ C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL.2\MSSQL\DATA\mssqlsystemresource.mdf 成功のオフセット: 1245184 の長さ: 65536
この現象には、使用するリソースデータベースのバージョンとのセットアップ プログラムは、現在使用を前提としているリソースデータベースのバージョンの不一致が原因します。

FileMon を取得するには、次の Sysinternals の Web サイトを参照してください。
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

関連情報

マスターを移動する方法の詳細については、
リソースデータベースは、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
Microsoft Windows のnetコマンドを使用して SQL Server 2005 のインスタンスを起動する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:918695 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック