Windows Server Update Services (WSUS) を使用して、Windows Defender を実行しているコンピュータに定義ファイルの更新版を適用する方法


はじめに


この資料では、Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) を使用して、Microsoft Windows Defender を実行しているコンピュータに定義ファイルの更新版を適用する方法について説明します。

詳細


WSUS を使用して、Windows Defender の定義ファイルの更新版をクライアント コンピュータに適用するには、以下の手順を実行します。

  1. WSUS 管理コンソールを開き、コンソール上部の [オプション] をクリックします。

  2. [同期のオプション] をクリックします。

  3. [製品とクラス] の下の [製品] の [変更] をクリックします。

  4. [Windows Defender] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

  5. [製品とクラス] の下の [更新プログラムのクラス] の [変更] をクリックします。

  6. [定義の更新] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

  7. オプション : 自動承認の規則を更新します。これを行うには、次の手順を実行します。

    1. コンソールの上部の [オプション] をクリックします。

    2. [自動承認のオプション] をクリックします。

    3. [次の規則で自動的に更新プログラムのインストールを承認する] チェック ボックスをオンにします。

    4. [インストールの承認] の下の [クラスの追加と削除] をクリックします。

    5. [定義の更新] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

  8. コンソールの上部の [オプション] をクリックします。

  9. [同期のオプション] をクリックします。

  10. 左側のタスク バーで [今すぐ同期] をクリックします。

  11. コンソールの上部の [更新プログラム] をクリックします。

  12. WSUS で適用する必要がある Windows Defender の更新プログラムをすべて承認します。

: Windows Defender の定義ファイルのみが表示されるようにフィルタすることもできます。フィルタを設定するには、[含まれるテキスト] ボックスに defender と入力し、[適用] をクリックします。