BizTalk Server で SQL Server エージェント ジョブの説明

この資料では、Microsoft BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブが一覧表示されます。この資料では、SQL Server エージェント ジョブもについて説明します。

詳細

次の表に、BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブを示します。
ジョブ名説明既定で有効になっています。
BizTalk Server をバックアップします。
3 つの手順から成ります。手順 1 では、BizTalk Server データベースの完全データベース バックアップを実行します。BizTalk Server データベースのログをバックアップする 2 つのステップです。手順 3 では、どのくらいの時間のバックアップ ヒストリの保持を指定します。No
CleanupBTFExpiredEntriesJob_BizTalkMgmtDb期限切れ (BizTalkMgmtDb) の BizTalk 管理データベースから BizTalk フレームワークのエントリを削除します。[はい]
DTA パージジョブとアーカイブ
追跡されたメッセージと、BizTalk 追跡データベースの削除し、正常なシステムを維持するために将来使用するためアーカイブ追跡データを保持するアーカイブを自動化します。

注: BizTalk Server 2004 では、BizTalk Server 2004 Service Pack 2 をインストールした後、このジョブが作成されます。
No
MessageBox_DeadProcesses_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalk Server ホスト インスタンス (BTSNTSvc.exe) が応答を停止したときを検出します。ジョブは、別のホスト インスタンスがタスクを終了できるようにし、ホスト インスタンスでの作業を解放します。[はい]
MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベース テーブル内のすべてのサブスクライバーによって参照されていないすべてのメッセージを削除します。

重要 このジョブもMessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbジョブが開始されます。そのため、このジョブを無効にすることをお勧めします。

注: BizTalk Server 2004 では、このジョブは既定で有効にします。そのため、このジョブを無効にすることをお勧めします。
No
MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbメッセージの参照カウント ログを管理し、メッセージはサブスクライバーによって参照されなくなったときを決定します。

このジョブでは、無限ループで実行され、2 つの個々 のメッセージの参照カウント ログからエントリを削除します。このジョブでは、 MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbジョブも呼び出します。

重要 最初は、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbジョブのステータス アイコンには、成功を示すステータスが表示されます。ただし、されません成功したエントリの対応するジョブの履歴にします。MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDbジョブ内のジョブのいずれかが失敗した場合、ジョブ ヒストリのエラー エントリが表示されます、ステータス アイコンには、障害の状態が表示されます。ジョブは、最初の障害が発生した障害の状態を常に表示されます。他の BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブが正常に動作していることを確認するには、他の BizTalk Server の SQL Server エージェント ジョブのステータスを確認してください。

注: BizTalk Server 2004 では、BizTalk Server 2004 Service Pack 2 をインストールした後、このジョブが作成されます。
[はい]
MessageBox_Parts_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベース テーブル内のメッセージでは、参照されなくなったすべてのメッセージ部分を削除します。すべてのメッセージは、メッセージ データを格納する 1 つまたは複数のメッセージ部分で構成されます。[はい]
MessageBox_UpdateStats_BizTalkMsgBoxDb

BizTalkMsgBoxDb データベースの統計情報を更新します。


注: このジョブは、BizTalk Server 2004 年には存在しません。
[はい]
BizTalk Server を監視します。

BizTalkMgmtDb、BizTalkMsgBoxDb、BizTalkDTADb データベースに関する既知の問題をスキャンします。これには、孤立したインスタンスが含まれます。

注: BizTalk Server 2010 では、このジョブが作成されます。
[はい]
Operations_OperateOnInstances_OnMaster_BizTalkMsgBoxDb
BizTalkMsgBoxDb データベースの複数の配置に使用されます。運用操作が非同期的に実行されます。一括を非同期的に実行などの下位の BizTalkMsgBoxDb データベースにその変更が適用された後にマスターの BizTalkMsgBoxDb データベース上で終了します。

注: このジョブは、BizTalk Server 2004 年には存在しません。
[はい]
PurgeSubscriptionsJob_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベースから未使用のサブスクリプションの述語を削除します。[はい]
Rules_Database_Cleanup_BizTalkRuleEngineDb90 日おき (BizTalkRuleEngineDb) のルール エンジン データベースから古い監査データを削除します。このジョブの削除も古い履歴データ (展開/展開解除の通知) (BizTalkRuleEngineDb) のルール エンジン データベースから 3 日おき。


注: BizTalk Server 2009 年には、このジョブが作成されます。
[はい]
TrackedMessages_Copy_BizTalkMsgBoxDbBizTalkMsgBoxDb データベースから追跡されたメッセージのメッセージ本文を追跡 (BizTalkDTADb) データベースにコピーします。[はい]
TrackingSpool_Cleanup_BizTalkMsgBoxDbパージ追跡スプール テーブルをデータベースの空き領域を非アクティブです。

注: このジョブは、BizTalk Server 2004年にのみ存在します。
No
SQL Server エージェント ジョブ、および BizTalk Server では、その説明のリストは、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。注: BizTalk SQL Server エージェント ジョブは、SQL Server のシステム管理者サーバーの役割を持つユーザーによって所有されている必要があります。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

BizTalk Server 2004 年に非常に大きくなる BiztalkMsgBoxDb データベース内の907661 Tracking_Spool1 または Tracking_Spool2 テーブル

プロパティ

文書番号:919776 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard, Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard, Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010, Microsoft BizTalk Server 2009 Standard, Microsoft BizTalk Server 2009 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2009 Developer, Microsoft BizTalk Server 2009 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Partner Edition

フィードバック