Windows を実行しているコンピューター上で休止状態を無効にする方法および再度有効にする方法

適用対象: Windows 10, version 1909Windows Server, version 1909 (Datacenter, Standard)Windows 10, version 1903

はじめに


この資料では、Windows を実行しているコンピューターで休止状態を無効にしてから再度有効にする方法について説明します。

警告 休止状態を無効にし、ハイブリッド スリープ設定を有効にした状態で電源が切断されると、データが失われることがあります。 休止状態を無効にした場合、ハイブリッド スリープは機能しません。

詳細情報


Hiberfil.sys 隠しシステム ファイルは、オペレーティング システムがインストールされているドライブのルート フォルダーにあります。 このファイルは、Windows をインストールしたときに、Windows Kernel Power Manager によって予約されます。 このファイルのサイズは、コンピューターに搭載されているランダム アクセス メモリ (RAM) の量とほぼ同じです。

ハイブリッド スリープ設定を有効にしている場合、システム メモリのコピーは、Hiberfil.sys ファイルを使用してハード ディスク上に保存されます。 このファイルが存在しない場合は、コンピューターを休止状態にできません。

解決方法


休止状態を無効にするには、以下の手順を実行します。

  1. キーボードの Windows ボタンを押して、[スタート] メニューまたは [スタート] 画面を開きます。
  2. cmd を検索します。 検索結果の一覧で、[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. ユーザー アカウント制御からメッセージが表示される場合は、[続行] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで、「powercfg.exe /hibernate off」と入力して、Enter キーを押します。
  5. exit」と入力し、Enter キーを押して、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

休止状態を有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. キーボードのWindowsボタンを押して、スタートメニューを開くか、スタート画面を開きます。
  2. cmd」を検索します。 検索結果の一覧で、[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. ユーザー アカウント制御からメッセージが表示される場合は、[続行] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで、「powercfg.exe /hibernate on」と入力し、Enter キーを押します。
  5. exit」と入力し、Enter キーを押して、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。