ユーザーが Microsoft Dynamics NAV の 4.0 の完了にリリースされた製造オーダーのステータスを変更した後、終了の製造オーダーに関連付けられている元帳エントリが作成されません。


この資料は、すべての地域は、Microsoft Dynamics NAV に適用されます。

現象


次のような状況を考えます。
  • Microsoft Dynamics NAV 4.0 Service Pack 1 または Microsoft Dynamics NAV 4.0 Service Pack 2 をインストールしたとします。
  • Microsoft SQL Server 2005 を使用するとします。
  • Microsoft Dynamics NAV の 4.0 ユーザーは、Microsoft Dynamics NAV 4.0 データベースのみの SQL パブリック データベース ロールのメンバーです。
このシナリオでは、このユーザーは、完了にリリースされた製造オーダーのステータスを変更できます。ただし、終了の製造オーダーに関連付けられている元帳のエントリは作成されません。

原因


この問題は、 C と AL の Countapprox関数が状態の変更機能で正確な出力の投稿数を返さないために発生します。 不適切な SQL Server のアクセス許可が SQL Server 2005 のユーザーに与えられているために、 C と AL の Countapprox関数は出力の投稿の正しい数を返しません。

注: 次の条件のいずれかが true の場合、この問題は発生しません。
  • Microsoft Dynamics NAV の 4.0 ユーザーは、Microsoft Dynamics NAV 4.0 データベースの SQL の db_owner データベース ロールのメンバーです。
  • SQL Server 2005 ではなく、Microsoft SQL Server 2000 を使用します。

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムを用意していますが、この資料に記載されている問題の場合のみ使用することを推奨します。この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには Microsoft ビジネス ソリューションのテクニカル サポートに問い合わせてください。Microsoft ビジネス ソリューションのサポート サイトにログオンし、新しいサポート要求を作成することができます。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。(888) 477-7877 に電話で Microsoft ビジネス ソリューションのテクニカル サポートに問い合わせることもできます。

注: かかる料金が免除される場合、Microsoft ビジネス ソリューションをサポート担当者のことは通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Fin.exe4.0.2.229797,945,0882006 年 7 月 13 日11:11x86
Finsql.exe4.0.2.229797,994,2402006 年 7 月 13 日11:11x86
Nas.exe4.0.2.229791,403,7762006 年 7 月 13 日11:11x86
Nassql.exe4.0.2.229791,452,9282006 年 7 月 13 日11:11x86
Ndbcs.dll4.0.2.229791,067,9042006 年 7 月 13 日11:11x86

必要条件

Service Pack 2 がこの修正プログラムを適用するのにはインストールされている Microsoft Dynamics NAV の 4.0 が必要です。

インストール手順

Microsoft Dynamics NAV の 4.0 を実行しているすべてのクライアント コンピューターに修正プログラムをインストールします。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明