SQL Server 2005 Reporting Services でレポート マネージャー ツールを起動しようとするときにエラー メッセージ:"要求が HTTP ステータス 400 で失敗しました: 不正な要求です"「レポート サーバーへの接続に失敗しました」または

Bug #: 426887 (SQLBUDT)

現象

Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services でレポート サーバーのサイトを正常に開くことができます。ただし、レポート マネージャー ツールを起動しようとすると、表示されます、次のエラー メッセージのいずれか。
エラー メッセージ 1
要求が HTTP ステータス 400 で失敗しました: 不正な要求です。
エラー メッセージ 2
レポート サーバーへの接続に失敗しました。接続情報を確認し、使用している現在のレポート サーバーとの互換性を確認します。
この問題は、レポート サーバーのサイトのローカル ホスト (127.0.0.1) の IP アドレスとは異なる IP アドレスを割り当てる場合に発生します。

原因

この問題は、レポート マネージャー ツールは、レポート サーバー サイトの不適切なサーバーの URL を使用しているために発生します。レポート マネージャー ツールで検索するレポート サーバーのサイトの URL は、 ReportServerUrlタグ RSWebApplication.config ファイル内で指定されます。既定では、このタグを空白のままにする場合、レポート マネージャー ツールでは"Localhost"としてサーバーの URL です。

回避策

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
  1. RSWebApplication.config ファイルをテキスト エディターで開きます。RSWebApplication.config ファイルは、次のフォルダーにあります。
    SQLInstall\MSSQL.X\Reporting Services\ReportManager
    SQLInstallは、SQL Server 2005 がインストールされている場所を表します。MSSQL.Xでは、ID の SQL Server 2005 レポート サービスのインスタンスを表します。
  2. ReportServerVirtualDirectoryタグのエントリを削除します。

    注: ReportServerVirtualDirectoryタグを削除する必要がありません。ReportServerVirtualDirectoryタグの値を削除するだけです。
  3. ReportServerUrlタグ内には、レポート サーバーへの完全修飾 URL を入力します。たとえば、次の形式を使用します。
    <ReportServerUrl>http://<FullyQualifiedURL>:<PortNumber>/<VirtualDirectoryOfReportServer></ReportServerUrl><ReportServerVirtualDirectory></ReportServerVirtualDirectory>
  4. RSWebApplication.config ファイルを保存し、テキスト エディターを閉じます。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

問題を再現する手順を実行します。

  1. インターネット サービス マネージャーを起動します。
  2. Web サイトを展開し、既定の Web サイトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ IP アドレス] ボックスに静的 IP アドレスを入力します。
  4. [プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  5. レポート マネージャー ツールに接続します。
プロパティ

文書番号:922656 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

フィードバック