FIX].NET Framework 2.0 では、OdbcConnection.GetSchema メソッドを呼び出すと、System.InvalidCastException 例外が発生します。

現象

Microsoft.NET Framework 2.0 で、 OdbcConnection.GetSchemaメソッドを呼び出すと、System.InvalidCastException 例外が表示される場合があります。この問題は、次の条件に該当する場合に発生する可能性があります。
  • データ型のパラメーター値を使用して、 OdbcConnection.GetSchemaメソッドを呼び出します。
  • ODBC バージョン 3.0 またはそれ以降のバージョンに準拠しているサード ・ パーティ製の ODBC ドライバーを使用するとします。

原因

OdbcConnection.GetSchemaメソッドは、ODBC API のSQLGetTypeInfo関数を呼び出します。SQLGetTypeInfo関数は、いくつかの列を含む結果セットを返します。一部の ODBC ドライバーは、不適切な SQL データ型を使用して列を実装できます。たとえば、一部の ODBC ドライバーでは、符号付きの値を使用して、次の列を実装します。
  • CASE_SENSITIVE
  • FIXED_PREC_SCALE
  • UNSIGNED_ATTRIBUTE
これらの列は、SQL_SMALLINT 値を代わりに使用する必要があります。SQL_SMALLINT の値は、符号なしの値です。符号付きの値を使用してこれらの列のいずれかの場合、Microsoft ADO.NET が System.Int32 の値に値をキャストしようとした場合、System.InvalidCastException 例外が発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムを用意していますが、この資料に記載されている問題の場合のみ使用することを推奨します。この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次の Microsoft.NET Framework 2.0 service pack のリリースを待つことを勧めします。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト製品サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている.NET Framework 2.0 が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報


この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
.NET Framework 2.0 の 32 ビット システム (x86)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mscordacwks.dll2.0.50727.190801,28004-Aug-200604:03x86
Mscorlib.dll2.0.50727.1904,317,18404-Aug-200604:03x86
Mscorwks.dll2.0.50727.1905,624,32004-Aug-200604:02x86
Normalization.dll2.0.50727.19015,36004-Aug-200604:03x86
Normidna.nlp該当なし59,34204-Aug-200604:03該当なし
Normnfc.nlp該当なし45,79404-Aug-200604:03該当なし
Normnfd.nlp該当なし39,28404-Aug-200604:03該当なし
Normnfkc.nlp該当なし66,38404-Aug-200604:03該当なし
Normnfkd.nlp該当なし60,29404-Aug-200604:03該当なし
Sos.dll2.0.50727.190382,46404-Aug-200604:03x86
System.data.dll2.0.50727.1902,893,82404-Aug-200604:03x86
システムの 64 ビット (x64) の.NET Framework 2.0
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mscordacwks.dll2.0.50727.1901,597,95203-Aug-200619:04x64
Mscorlib.dll2.0.50727.1903,956,73604-Aug-200600:11x64
Mscorwks.dll2.0.50727.19010,302,97603-Aug-200619:00x64
Normalization.dll2.0.50727.19018,43203-Aug-200619:01x64
Normidna.nlp該当なし59,34203-Aug-200619:03該当なし
Normnfc.nlp該当なし45,79403-Aug-200619:03該当なし
Normnfd.nlp該当なし39,28404-Aug-200604:03該当なし
Normnfkc.nlp該当なし66,38403-Aug-200619:03該当なし
Normnfkd.nlp該当なし60,29403-Aug-200619:03該当なし
Sos.dll2.0.50727.190480,76803-Aug-200619:10x64
System.data.dll2.0.50727.1902,959,87204-Aug-200600:11x64
64 ビットのシステム (ia-64) 用の.NET Framework 2.0
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Mscordacwks.dll2.0.50727.1902,711,04003-Aug-200619:09IA-64
Mscorlib.dll2.0.50727.1903,956,73604-Aug-200600:58IA-64
Mscorwks.dll2.0.50727.19021,264,38403-Aug-200619:05IA-64
Normalization.dll2.0.50727.19044,03203-Aug-200619:06IA-64
Normidna.nlp該当なし59,34204-Aug-200604:03該当なし
Normnfc.nlp該当なし45,79403-Aug-200619:08該当なし
Normnfd.nlp該当なし39,28404-Aug-200604:03該当なし
Normnfkc.nlp該当なし66,38404-Aug-200604:03該当なし
Normnfkd.nlp該当なし60,29404-Aug-200604:03該当なし
Sos.dll2.0.50727.190862,72003-Aug-200619:16IA-64
System.data.dll2.0.50727.1903,102,72004-Aug-200600:58IA-64

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

関連情報

OdbcConnection.GetSchemaメソッドの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:922981 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft .NET Framework 2.0

フィードバック