サービス パックをインストールした後、初めて Windows Server 2003 を起動したときにエラー メッセージ "Windows を構成どおりに起動できませんでした" が表示される

適用対象: Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition (32-bit x86)

重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
256986 上級ユーザー向けの Windows レジストリ情報

現象


Microsoft Windows Server 2003 の Service Pack をインストールし、コンピューターを再起動します。たとえば、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) をインストールします。コンピューターを再起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
サービス コントロール マネージャー: Windows を構成どおりに起動できませんでした。機能していた以前の構成を使って、Windows を起動しています。
この問題は、サービス パックをインストールした後、コンピューターを初めて再起動したときに発生します。次回コンピューターを再起動すると、エラー メッセージは表示されない可能性があります。

原因


この問題は、コントロール セットのエラーが原因で発生します。Service Pack をインストールした後にコンピューターを再起動すると、
次のレジストリが 0 以外の値に設定されている場合にエラー メッセージが表示されます。ただし、システムに影響を与えないため、このメッセージは無視できます。  

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\Select
名前: Failed
種類: REG_DWORD

Windows Server 2003 をインストールした直後にコンピューターを再起動すると、Windows は前回正常起動時の構成を使用します。Windows Server 2003 Service Pack インストール プログラムは、LastKnownGood サブキーを設定して既定の設定と現在の設定を一致させます。インストール後の Windows の起動方法に関係なく、以前の構成が使用されます。Windows Server 2003 を LastKnownGood コントロール セットで起動すると、Windows Server 2003 は "Failed" レジストリ値を確認します。次に、値が 0 以外に設定されている場合にエラー メッセージが表示されます。
値が 0 の場合は、コントロール セットにエラーがないことを意味するため、エラー メッセージは表示されません。

解決方法


警告: レジストリ エディターまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、このような問題の解決に関して、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。 この問題を解決するには、レジストリ エントリを作成してエラー メッセージを無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Windows
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. NoPopUpsOnBoot」と入力して新しいエントリに名前を付け、Enter キーを押します。
  5. 右側のウィンドウで [NoPopUpsOnBoot] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。
: 以上の手順は、メッセージが表示されないようにすることのみを目的としています。この解決策は、この資料で説明しているポップアップ メッセージばかりでなくシステム起動時に表示される他のすべてのポップアップ メッセージにも影響を与えます。

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


サービス コントロール マネージャーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。CurrentControlSet サブキーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイト を参照してください。

問題の再現手順

  1. 前回正常起動時の構成機能を使用してコンピューターを起動します。この手順を実行する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    307852 [HOW TO] 前回正常起動時の構成機能を使用してコンピューターを起動する

    : 資料 307852 は Windows XP にのみ適用されます。ただし、Windows Server 2003 の手順も同じです。
  2. Windows Server 2003 用の Service Pack をインストールします。
  3. コンピューターを再起動します。