Systems Management Server 2003 でシステム センター構成マネージャー 2007 クライアント プッシュ インストールの高度な問題をトラブルシューティングする方法

適用対象: Microsoft System Center Configuration Manager 2007System Center Configuration Manager 2007 R2Microsoft System Center Configuration Manager 2007 R3

概要


この資料では、クライアント プッシュ インストール方法を使用する場合は、Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003 アドバンスト クライアント、Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 クライアントのインストールに関する問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

高度なクライアントのプッシュ インストール メソッドを使用してクライアントを展開する場合に発生する可能性のあるいくつかの問題があります。この資料では、インストール プロセス、いくつかの一般的な問題とその解決策、ツールおよびトラブルシューティングの手順について説明します。

以下の内容は、SMS 2003 アドバンスト クライアント、アドバンスト クライアント プッシュ インストール方法を参照ですが、同じ情報が (SCCM クライアントまたは ConfigMgr 2007 クライアントとも呼ばれます)、システム Center Configuration Manager 2007 クライアントに適用可能なことに注意してくださいも。

はじめに


自動的に SMS サイト内のコンピューターに SMS 2003 アドバンスト クライアントをインストールするのには SMS 2003 の詳細設定クライアント プッシュ インストール方法を使用すると、次の問題の 1 つ以上が発生する可能性があります。
  • SMS アドバンスト クライアントがインストールされていません。
  • SMS アドバンスト クライアントをインストールするとします。ただし、自動サイト割り当てを取得することはできません。
  • SMS アドバンスト クライアントがインストールされ、割り当てられています。ただし、SMS サイト サーバーと通信できません。

詳細


この記事では、SMS アドバンスト クライアント プッシュ インストール プロセスは次の 3 つのフェーズに分かれています。各フェーズでは、独自の個別の問題のセットがあります。

注: に関してよく寄せられる質問と回答 SMS アドバンスト クライアントを SMS クライアントの FAQ で問題があります。SMS クライアントの FAQ を表示するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

  • プレインストール フェーズ

    SMS クライアント構成マネージャーは、ターゲット ・ クライアントに接続し、クライアントのオペレーティング システムとクライアントの情報を確認します。クライアントのインストール ソース ファイルはコピーされ、セットアップ プロセスがクライアント コンピューターに SMS のコア コンポーネントをダウンロードし。
  • インストール フェーズ

    SMS アドバンスト クライアントは、サイト サーバーからインストール ファイルをコピーし、セットアップを開始し、します。
  • インストール後の段階

    セットアップ プログラムが完了したら、SMS アドバンスト クライアントがサイト割り当てを取得、SMS サイト サーバーにハートビート探索情報を送信および SMS アドバンスト クライアント ポリシーを取得するために既定の管理ポイントと通信し、します。

プレインストール フェーズ

  1. インストール前フェーズでは、SMS はクライアント コンピューターを検出し、クライアント構成要求 (CCR) ファイルが生成されます。CCR ファイルには、クライアント コンピューターの名前と追加情報が含まれています。
  2. SMSClient 構成マネージャーは、クライアント上の ADMIN$ 共有に接続します。これは、は、CCR ファイル内の情報に基づいています。
  3. クライアント構成マネージャーは、クライアントのレジストリに接続し、クライアントに関する情報を収集します。このプロセスは、ipc$ への接続と Ccm.log でログ エントリとして表示されます。
  4. SMS\bin\I386\ フォルダーには、SMS のコア コンポーネント ファイル、MobileClient.tcf、Ccmsetup.exe があります。これらのファイルは、クライアント コンピューターでは、 %windir%\System32\ccmsetup フォルダーにダウンロードされます。
  5. クライアント構成マネージャーでは、切断する前に、Ccmsetup サービスが正常に開始されているを確認します。 CCR ファイルは、インストールが成功したことの確認のための SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに追加されます。 2 つ目の検証段階では、SMS は、SMS エージェントのホストが、実行しているし、CCR ファイルを削除しを決定します。
  6. クライアント構成マネージャーには、この処理中にエラーが発生すると、CCR ファイルがターゲットのクライアント コンピューターの名前に名前が変更され、SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに格納されます。クライアント構成マネージャーは、60 分ごとにこの受信トレイ フォルダー内のファイルをチェックし、168 時間 (7 日) 破棄される前にそれらを再処理しようとしています。Ccm.log では、この情報が記録されます。

インストール前の問題のトラブルシューティング

新たに発見されたクライアント コンピューターは、現在のサイトに割り当てられていません。

この問題は、SMS サイト境界が正しく構成されていないか、サイト境界は、収集された探索データの種類とは合っていないときに通常発生します。大文字と小文字の場合は、CCR ファイルは作成されません、クライアント コンピューターの SMS 探索データ マネージャーによって、およびインストール プロセスは発生しません。



SMS サイト境界を構成する方法の詳細については、クライアント展開計画」セクションシステム管理 Server 2003 の概念、計画、および展開ガイド 』を参照してください。このガイドを表示するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

適切なサイトでは高度なクライアント プッシュ インストールが有効になっていません。

サイトの高度なクライアント プッシュ インストールが有効でない場合、SMS データ探索マネージャーは独自のサイト境界内に存在しないクライアント コンピューター用の CCR ファイルを自動的に生成しません。

SMS クライアント構成マネージャーがクライアント admin$ 共有、またはリモート レジストリ サービス (IPC$) に接続できません。

クライアント構成マネージャーは、管理者 $ に接続できないと、は、以下のようなエラーが Ccm.log ファイルに記録されます。
7260 (0X1C5C) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 31
管理共有に接続しようとしています '\\ < コンピューター名 > \Admin$' アカウントを使用して'ドメイン \ アカウント' SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 7400 (0x1CE8) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 34
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS) に失敗しました (000004b3) であるアカウントドメイン \ アカウントを使用して SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 7400 (0x1CE8) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 34
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_INTERACTIVE) に失敗しました (000004b3) であるアカウントドメイン \ アカウントを使用して SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 35
エラー: コンピューター名"コンピューター名"、エラーのリモート レジストリに接続できませんでした 53.SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日午前 7時 06分: 35
エラー: 要求の対象のコンピューターにアクセスできません:"コンピューター名です。KRC」、コンピューター名:"コンピューター名"、エラー コード: 53SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER 660 (0x0294) 2006 年 6 月 6 日 7時 06分: 36 AMStored 要求の"コンピューター名です。KRC」、マシン名"コンピューター名"、「再試行」.SMS_CLIENT_CONFIG_MANAGER のキューに
このような状況は、サイト サーバーはクライアントを見つけることができませんが、エラー コード 53 が記録されます。
ネットワーク パスが見つかりませんでした。
エラー コード 53 は、次のエラー メッセージ通常前します。
000004b3 -「ネットワーク プロバイダーには、指定されたネットワーク パス受け付けられません」。
このログ エントリは、エラー 53、前に発生する可能性や、このログ エントリとエラー ログ ファイルに 53 の間で追加の情報がある可能性があります。


1 つと、この問題が発生する可能性があります。 または複数の次の条件に該当します。
  • ネットワーク接続の問題があります。
  • Windows インターネット ネーム サービス (WINS) またはドメイン ネーム システム (DNS) などの名前解決の問題があります。
  • クライアント コンピューターでリモート レジストリ サービスが無効です。
  • Microsoft WindowsXP または Windows Server 2003 のファイアウォールでは、SMS アドバンスト クライアントと SMS サイト サーバー間の通信をブロックされています。
  • クライアント上のサーバー サービスは開始されていません。
  • ファイルと Microsoft ネットワーク用プリンターの共有は、クライアント コンピューターにインストールされていません。

    注: ファイルと Microsoft ネットワーク用プリンターの共有は、クライアント上にインストールされていない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー 67 - ネットワーク名が見つかりませんでした。

SMS アドバンスト クライアント プッシュ インストール アカウントが正しく構成されていないが見つからないまたはがロックアウト

この問題が発生した場合、サイト サーバー上の Ccm.log ファイルにエラー コード 5 メッセージが表示されます。次の例では、コンピューターは、SMS アドバンスト クライアント コンピューターのコンピューター名です。
'\\COMPUTER1\Admin$' 'ドメイン \ アカウント' のアカウントを使用して、管理共有に接続しようとしています。
WNetAddConnection2 (LOGON32_LOGON_NEW_CREDENTIALS) を失敗したアカウントを使用して
domain\account (0000052e)

LogonUser に失敗しました (LOGON32_LOGON_INTERACTIVE) アカウントを使用して
domain\account (0000052e)

エラー: コンピューター] という名前のコンピューターエラー 5 のリモート レジストリに接続できません。

エラー: 要求の対象のコンピューターにアクセスできません:「」コンピューターコンピューター名: [コンピューター]、エラー コード: 5
注: エラー コード 5 は、アクセス拒否エラーです。

ソリューションアドバンスト クライアント プッシュ インストール アカウントによっては、SMS アドバンスト クライアント コンポーネントをインストールするコンピューターの管理者資格情報が必要です。

すべての潜在的なクライアント コンピューターにアドバンスト クライアント プッシュ インストール プロセスでは、管理者の権限およびアクセス許可を次のアカウントのいずれかを付与する必要があります。
  • サイトが標準セキュリティ モードで実行されている場合は、SMS サービス アカウント
  • アドバンスト クライアント プッシュ インストール アカウントを定義します。
複数高度なクライアント プッシュ インストール アカウントを作成することができます。ドメインのメンバーではないクライアントは、ドメイン アカウントを認証できません。ドメインのメンバーではないクライアントの場合は、クライアント コンピューターにローカル アカウントを使用できます。

たとえば、管理のための各コンピューター上の標準的なアカウントを設定する、すべてのアカウントに同じパスワードがある場合は、 %machinename%\accountとして、アドバンスト クライアント プッシュ インストール アカウントを定義できます。

準備する方法の詳細については、クライアント プッシュ インストールでは、SMS 2003 サイトは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

838436クライアント プッシュ インストールのシステム管理 2003 サイトを準備する方法

SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントが正しく構成されていませんが不足しているまたは非 Active Directory 環境でロックされます。

アドバンスト クライアント プッシュ インストール メソッドを使用するには次のような非 Active Directory 環境でクライアント コンピューター上の SMS 2003 アドバンスト クライアント ソフトウェアを展開する前に、SMS 2003 サイトのように、SMS 2003 の詳細設定クライアントのネットワーク アクセスのアカウントを構成する必要があります。
  • ワークグループ
  • Windows NT 4.0 ドメイン
  • 信頼されていないフォレスト
アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントは、アドバンスト クライアントを作成するドメイン レベル アカウントです。非 Active Directory 環境でアカウントを定義する場合、アカウントを使用して Client.msi ファイルへのアクセスを実行し、SMSClient 共有から、SMS での関連のインストール ・ ファイルがサイト サーバーまたは SMS 管理ポイントを実行します。



注: SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントが使用できない場合に、SMS は、この接続を作成するのには、現在ログオン中のユーザー アカウント、ローカル システム アカウント、またはセットアップ先のコンピューターのコンピューター アカウントを使用します。



この構成では、SMS アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントには、SMS レガシ クライアント コンピューター上のクライアント接続アカウントが似ています。

インストール フェーズ

  1. Ccmsetup.exe が開始され、MobileClient.tcf ファイルがスキャンされます。このファイルは、Ccmsetup.exe がサイト サーバーに Client.msi ファイルを検索するために必要な情報を取得する構成ファイルです。MobileClient.tcf ファイルは、SMS サイト コード、管理ポイント サーバー名、サイトの境界、およびその他の情報も提供します。
  2. Ccmsetup.exe は、SMS 管理ポイント上の SMSClient\i386 の共有フォルダーから、または SMS サイト サーバーの sms _サイト コードの共有フォルダー内の Client\i386 フォルダーから client.msi ファイルをダウンロードします。アドバンスト クライアント インストーラーは、管理者が SMS 管理コンソールで指定するパラメーターを使用して Client.msi セットアップ プログラムを実行します。

インストールに関する問題のトラブルシューティング

SMS アドバンスト クライアントが SMS サイト サーバー上のインストール ファイルにアクセスできません。

Client.msi ファイルでは、管理ポイント上の SMSClient\i386 フォルダーに、または SMS サイト サーバー上の Client\i386 フォルダーに存在します。


このファイルへのアクセスをトラブルシューティングするには、SMS アドバンスト クライアント コンピューターで次のログを確認します。

  • %windir%\System32\Ccmsetup\Ccmsetup.log
  • %windir%\System32\Ccmsetup\Client.msi.log
ソリューション不合格の結果のトラブルシューティングを行うときに、SMS ログ データを確認して、次のエラー メッセージを検索する SMS のトレース ユーティリティ (Trace32.exe) を使用できます。

戻り値 3
このエラーの前にある行は、インストールが正常に完了しない理由を説明します。

注: アドバンスト クライアント コンピューター上の Client.msi.log ファイルを確認するときは、単語をなぜインストールが正常に完了しませんでした「エラー」は検索しません。 Client.msi.log ファイルには、Microsoft Windows インストーラー アプリケーションを利用可能なすべての情報が含まれています。 この情報には、エラー メッセージおよびその他のプロパティが含まれています。


SMS トレース ユーティリティは、システムの管理サーバー 2003 Toolkit に含まれます。システムの管理サーバー Toolkit をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

アップグレード中に SMS アドバンスト クライアントが管理ポイントにアクセスできません。

SMS アドバンスト クライアント コンピューターが管理ポイントにアクセスできない場合、Ccmsetup.log には、次のエラーが含まれています。

サーバーがメッセージの処理に失敗しましたし、ステータス コード 404 が返されます
この問題は、通常、管理ポイントがインストールされていないか、正常に起動しない場合に発生します。

ソリューションこの問題を解決するため、「"トラブルシューティング管理ポイントの問題」を参照してください。

Capinst.exe を使用して展開されているクライアントが正常にインストールされていません

Capinst.exe を使用して、アドバンスト クライアントを展開するときは、サーバー ロケーター ポイント (SLP) が利用可能であることを確認の操作を行う必要があります。SLP は管理ポイントの一覧を返します。


ソリューション、サーバー ロケーター ポイントをインストールし、SLP が Active Directory で公開または WINS データベースに登録されていることを確認します。
  1. サーバー ロケーター ポイントをインストールします。SLP は、SMS 管理コンソールでサイト システムの役割として追加できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 Systems Management Server] をポイントし、 SMS 管理コンソール] をクリックします。
    2. SMS 管理コンソールは、サイト データベースを展開、サイト階層を展開し、[サイト コード-サイト名を展開し、サイトの設定を展開します。
    3. [サイト システム] をクリックし、管理ポイントとして機能しているサーバーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. \\サーバー名のサイト システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、サーバー ロケーター ポイント] タブをクリックし、サーバー ロケーター ポイントとしては、このサイト システムを使用する] チェック ボックスを選択し、します。
    5. [データベースの横にある一覧で、サイト データベースを選択したり、別のデータベースを選択できます。、を選択し、[ OK] をクリックします。
  2. SLP が既に存在する場合は、Active Directory で発行または Active Directory スキーマを拡張していない場合は、WINS データベースに登録されていることを確認します。 WINS は、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クエリが失敗した場合にも、フォールバックとして使用されます。

ビットのインストールに関する問題

バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) のインストールに関する問題は、Client.msi の一部として実行されるビットのインストールが原因で、高度なクライアント プッシュ インストールが失敗する場合を検出することが困難できます。ビット インストールが失敗した場合、アドバンスト クライアント プッシュ インストールは正常に実行されません。

ソリューションすべてのエラーを確認するには、手動で BITS インストールを実行します。これは、次の方法のいずれかを使用して行うことができます。
  1. ダウンロードし、BITS 1.5 クライアント (Bits_v15_client_setup.exe) をインストールします。BITS 1.5 クライアントを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
  2. Client.msi ファイルから Bits_v15_client_setup.exe ファイルを抽出するのにはコマンド プロンプトのmsiexec/a client.msiを実行し、bitssetup_clnt_installer.exe ファイルをダブルクリックします。ビット インストールが正常に起動しない場合は、Bitssetup.log ファイルにエラーをチェックする必要があります。ビット インストールが成功した場合は、Client.msi ファイルを実行しているをもう一度試してください。

XML ファイルの登録が成功しません。

SMS 2003 アドバンスト クライアント コンピューターは、サイト サーバーから構成設定を取得できません可能性があります。このような場合は、SMS アドバンスト クライアント コンピューター上の Ccmexec.log ファイルに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

XML DOM (0x80040154) の CForwarder_Base::Send を作成中にエラーには、(0x80004005) が失敗しました。
この例では、Msxml3.dll ファイルが登録されていない可能性があります。 またはが不足しています。

ソリューションMsxml3.msi ファイルをダウンロードし、Microsoft XML パーサー (MSXML) 3.0 を必要とするコンピューターにインストールする Service Pack 7 (SP7) またはそれ以降のバージョンをインストールします。Msxml3.msi ファイルをインストールすると、他の DLL ファイルも登録します。

注: Microsoft XML パーサー (MSXML) 3.0 Service Pack 7 (SP7) のリリースをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトと更新プログラムの確認を参照してください。

インストール後の段階

  1. 既定でクライアントに自動的に割り当てられているサイトに SMSSITECODE プロパティを使用してアドバンスト クライアント プッシュ インストール プロパティを指定する場合 = 自動、クライアントのサイト割り当ての Active Directory に対してクエリを実行します。
  2. Active Directory がインストールされていない、または、SMS スキーマが拡張されていない、クライアントはサーバー ロケーター ポイントを取得するため、サイト割り当てと管理ポイントから情報を検索します。
  3. Active Directory スキーマを拡張すると場合、に、クライアントは、Active Directory に LDAP クエリを使用して、サイトの割り当てと管理ポイントの情報を取得します。
  4. クライアントは、既定の管理ポイントを検索するのには、SLP の参照または Active Directory 参照を使用する場合、クライアントは管理ポイントから最初のポリシーを要求します。

インストール後の問題のトラブルシューティング

SMS アドバンスト クライアントはインストールされましたが、インストール済みまたは割り当てられていると表示されません。

  1. クライアント上で SMS Agent Host サービスが実行されていることを確認する必要があります。 SMS Agent Host サービスが実行されていない場合、クライアント レポートは、クライアントがインストールされ、割り当てられている定期探索レコードを送信することはできません。
  2. SMS アドバンスト クライアント コンピューターにSMS クライアントのコントロール パネルの項目をダブルクリックし、システム管理のプロパティ] ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。サイト コードが表示されない場合は、自動検出をクリックします。検出が失敗した場合、次の理由の 1 つ以上ある可能性があります。
    • SMS 2003 の Active Directory スキーマが拡張されていません。 Active Directory スキーマを拡張するには、手動で ExtADSch.exe を実行すると、ExtADSch.log ファイルにより、Active Directory 更新と Active Directory が正常に拡張されているかどうかに関する情報が含まれます。このログ ファイルは、システム ドライブのルートであります。

      注: Active Directory スキーマを拡張するのには、エンタープライズ管理者でなければなりません。
    • SMS サイト システムが Active Directory で発行されていません。 \SMS\Logs\Sitecomp.log は、SMS サイト システムが公開されているかどうかを確認するのには SMS サーバー上で表示できます。Active Directory の System Management コンテナーに対するアクセス許可を付与する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

      830022ステータス メッセージ 4909、4912、4913、または 4915、またはエラー コード 8202 Systems Management Server 2003 をインストールした後

      .
    • サーバー ロケーター ポイントが見つかりませんでした。SLP は、Active Directory で公開されているまたは非 Active Directory 環境で WINS に登録されている必要があります。

SMS アドバンスト クライアントが正常にインストールされているが、サイトの割り当てを受信しません。

クライアント コンピューターは、次の値がコレクションに表示されます。
サイト コードクライアント割り当てられています。クライアントの種類
ABC[はい]No高度な
この例では、SMS アドバンスト クライアントがクライアントとして表示されます。ただし、サイトには割り当てできません。これは、次の場合に発生します。
  1. コレクションの情報が更新されていません。コレクションの更新は、通常、毎日または毎週のスケジュールで実行されます。この例では、コレクションの情報が更新されたことを確認の操作を行う必要があります。コレクションのメンバーシップを手動で更新し、コレクション ビューを更新できます。

  2. クライアントは、別のサイトのクライアントの場合もあり、SMS 管理コンソールで表示している 1 つに割り当てられていません。コントロール パネルの [クライアントのシステム管理の項目の詳細なプロパティをチェックし、別のサイトが表示されているかどうかを参照してくださいする必要があります。

SMS アドバンスト クライアントがサイト割り当てが表示されますが、インストールされているとおりに表示されません。

クライアント コンピューターは、次の値がコレクションに表示されます。

サイト コードクライアント割り当てられています。クライアントの種類
ABCNo[はい]高度な
これが発生するまたは複数の次の条件に該当します。
  1. コレクションの情報が更新されていません。コレクションの更新は、通常、毎日または毎週のスケジュールで実行されます。この例では、コレクションの情報が更新されたことを確認の操作を行う必要があります。コレクションのメンバーシップを手動で更新し、コレクション ビューを更新できます。

  2. クライアント コンピューターは、同じ SMSID を別のクライアント コンピューターと共有します。この問題は、SMS アドバンスト クライアントをインストールするのには、ディスク イメージを使用する場合に発生することができます。重複 Smsid は、"重複した Guid"とも呼ばれます。重複 Smsid がクライアント コンピューターに存在するかどうかを決定する必要があります。Guid の重複を検出する方法、および Tranguid.exe を使用して、影響を受けるクライアントの新しい SMS GUID を作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

    837374方法を検索し、SMS 2003 でのクライアントが重複して Guid の詳細をクリーンアップするには

  3. SMS アドバンスト クライアントが割り当てられます。ただし、SMS アドバンスト クライアントはインストールされていません。SMS アドバンスト クライアントが正常にインストールされているし、表示しているサイトに割り当てられていることを確認する必要があります。

  4. ネットワーク探索方法が有効になります。Systems Management Server (SMS) で、ネットワーク探索メソッドを使用する場合は、Null 値を使用してデータベース内のIsClientフィールドを作成します。他の探索方法を有効にすると、コンピューターは割り当てとしてコレクションに表示されます、クライアントがインストールされていてもインストールされていないクライアントとします。この問題を解決するには、ネットワーク探索メソッドを無効にします。また、既定で有効になっている定期探索メソッドがない無効になっているを確認します。指定された定期探索のポーリング間隔を渡すために待ちます。クライアントは新しい探索データを送信、ときに、正しい値を反映するようにデータベースが更新されます。

    注: 定期探索メソッドのみは、クライアントのインストール ステータスを[はい]に設定されます。 Active Directory システム探索メソッドでは、SMS データベース内のIsClientフィールドは更新されません。
  5. 定期探索は、クライアントがインストールされてからは報告されません。


    ソリューション
    • ハートビートが、inventoryagent.log を確認することによってクライアント上で発生したことを確認します。このログは、%windir%\System32\ccm\logs フォルダーにあります。 検索する必要があります、在庫: アクション = 検出 ReportType 完全の文字列です。
    • 探索データの状態を表示するのには、高度なクライアント スパイ ユーティリティを使用できます。 このユーティリティは、SMS 2003 Toolkit 1 の一部です。

      SMS 2003 Toolkit 1 をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      探索レコードのプロパティでは、探索方法の検出を報告して前回の検出プロセスを実行するを表示できます。 問題が探索のプロパティの実行に失敗したかどうかを判断するのにはレコードを確認することができます。 定期探索によって提供されるデータが現在の場合は、SMS アドバンスト クライアント コンピューターにクライアントの割り当ての問題によりこの問題が発生する可能性があります。正しい定期探索データが存在しない場合は、クライアント、管理ポイント、サイト、およびサイト データベースとの間の通信に問題があります。
  • 定期探索のトラブルシューティング・ システムの管理を使用するには、定期探索でクライアントを手動で開始します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、コントロール パネル] をポイントし、[システム管理] をダブルクリックします。
    2. 「アクション」タブをクリックして、探索データ コレクション サイクルでは、を選択し動作開始の] をクリックしますします。
    インストール フラグのクリアタスク] が選択され、定期探索の間隔をクライアント再探索間隔を比較するかどうかに注意してください。クライアント再探索の間隔が、定期探索の間隔よりも小さい場合は、クライアント再探索の間隔が、定期探索の間隔よりも大きい値であるかどうかを確認するのにはこれを変更する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. SMS 2003 管理コンソールで、サイト データベースの Hierarchy\、サイト コード\Site Settings\Site Maintenance\Tasksを展開します。
    2. インストール フラグのクリア] をダブルクリック、スケジュールの間隔が、定期探索の間隔よりも大きい値であるかどうかを確認し、[ OK] をクリックします。
    注: 定期探索の設定は SMS 管理コンソールで [サイト データベースの Hierarchy\、サイト コードの \Site Settings\Discovery メソッドに配置します。

    SMS アドバンスト クライアントはインストール後のポリシーを受信しません。

    この問題は、SMS 管理ポイントがインストールされていないか機能していない場合に発生します。この問題の詳細については、「トラブルシューティング管理ポイントの問題」セクションであります。

    SMS アドバンスト クライアントがセカンダリ サイトにインストールされていません。

    プライマリ SMS サイトから、自動高度なクライアント プッシュ インストールを実行するときは、プライマリ ・ サイトに存在するコンピューターに SMS アドバンスト クライアントがインストールされています。ただし、SMS アドバンスト クライアントはセカンダリ ・ サイトに存在するコンピューターにインストールされません。



    この問題は、クライアント プッシュ インストールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、含めるクライアントだけがこのサイトに割り当てる] オプションが有効になっている場合に発生します。次の方法のいずれかを使用してこの問題を解決できます。
    1. 高度なクライアント プッシュ インストール ウィザードを起動し、クライアントだけがこのサイトに割り当てられているを含める] チェック ボックスをオフにし、します。

      注: コマンド ・ ラインでクライアントのみがこのサイトに割り当てる含めるオプションを有効にすることはできません。高度なクライアント プッシュ インストール ウィザードで手動で行う必要があります。
    2. セカンダリ サイトのアドバンスト クライアント プッシュ インストール方法が有効になっていることを確認します。また、サイトに必要な検出方法が有効であることを確認してください。



      注: SMS アドバンスト クライアントをインストールするのにはセカンダリ ・ サイトからクライアント プッシュ インストールの高度なメソッドを実行するときに設定してはいけません、SMSSITECODE = {セカンダリ サイト コード} のサイト コード、セカンダリ サイト コードのセカンダリ サイト コードがいます。この方法でセカンダリ サイト コードを設定する場合は、状態を割り当てられ、セカンダリ サイトによって管理されるように SMS アドバンスト クライアントがインストールされています。

管理ポイントのをトラブルシューティング

管理ポイント上の問題が発生しているかどうかを判断するためには、クライアント コンピューターが管理ポイントから、マシン ポリシーを要求することができます。管理ポイントから、マシン ポリシーを要求するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、コントロール パネル] をポイントし、[システム管理] をダブルクリックします。
  2. 「アクション」タブをクリックして、コンピューター ポリシーの取得および評価サイクル、を選択し、、動作の開始] をクリックします。
  3. システム管理コントロール パネルの項目を更新するにする必要があります閉じてから、システム管理のコントロール パネル項目。
SMS 管理ポイントは、Microsoft SQL server に接続できません、ときに、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
832109新しいクライアントをインストールしないし、新しい管理をインストールした後既存のクライアントが提供情報を実行しません。

問題をポイントすると、SMS 管理のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ツールと SMS アドバンスト クライアントのインストールに関する問題のトラブルシューティングに役立つ手順

SMS アドバンスト クライアントのインストールに関する問題を解決するためは、次の手順に従う必要があります。
  • クライアントのインストールを手動で開始するのにには、CCR ファイルを使用します。
  • SMS アドバンスト クライアントの完全な再インストールを強制するのにには、SMS 管理コンソールを使用します。
  • Ccmclean.exe ツールを使用すると、SMS 2003 アドバンスト クライアントを削除します。
  • SMS サーバーのログ ファイルと、SMS アドバンスト クライアントのログ ファイルの分析を収集します。

CCR ファイルを使用して、手動でクライアントのインストールを開始するには

アドバンスト クライアント プッシュ インストール メソッドを有効にすると、SMS は、CCR ファイルを自動的に作成されます。CCR ファイルは、クライアントのインストールに関する問題のトラブルシューティングに便利です。 CCR ファイルを作成も、手動でサーバーに適用します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン [実行] をクリックして、メモ帳と入力し、[ OK] をクリックします。
  2. メモ帳で、次の 2 行を入力します。



    [NT クライアント構成要求]マシン名 =あります。

    注: この例では、あります。は、SMS アドバンスト クライアントをインストールするコンピューターの名前です。
  3. ファイルをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。
  4. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでは、 "test.ccr"を入力し、し、[ OK] をクリックします。引用符を含める必要があります。
  5. CCR ファイルが手動で作成されると、コピーして、SMS サイト サーバー上の SMS\Inboxes\Ccr.box フォルダーに貼り付けます。 CCR ファイルを処理すると、ファイルがSMS\Inboxes\Ccr.box\Inprocフォルダーに移動します。 プロセスが完了すると、CCR ファイルは SMS\Inboxes\Ccrretry.box フォルダーに移動され、セットアップ先のコンピューターの名前に名前が変更されます。

SMS 管理コンソールを使用して、SMS アドバンスト クライアントの完全な再インストールを強制的に

  1. [スタート] ボタンプログラム] をポイントし、 Systems Management Server SMS 管理コンソール] をクリックします。
  2. サイト データベースを展開し、コレクションを展開し、すべてのシステムを展開します。
  3. 右側のウィンドウで検出された SMS 2003 クライアントを右クリックし、すべてのタスク] をクリックし、クライアントのインストール] をクリックします。
  4. クライアント プッシュ インストール ウィザードへようこそ] 画面で、[次へ] クリックします。
  5. [クライアント インストール オプション] ページで、[常にインストールする (修復または既存のクライアントをアップグレードする) ] チェック ボックスをクリックします。
  6. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
次のログ ファイルは、SMS 管理コンソールから高度なクライアント プッシュ インストールを実行するときに使用されます。

  • デリミターには、CCR の作成に関する情報が含まれています。
  • Ccm.log には、クライアントのインストール プロセスに関する情報が含まれています。
注: これらのログ ファイルは、SMS サイト サーバー上の \SMS\Logs フォルダーに配置されます。SMS プロバイダーのログは、SMS サイト サーバー コンピューターで SQL Server が存在しない場合、リモートの SQL Server 上に可能性があります。ただし、セカンダリ ・ サイトからクライアントをインストールする場合と、セカンダリ サイトから親サイトからではなく、Ccm.log を確認する必要があります。

Ccmclean.exe ツールを使用して、SMS 2003 アドバンスト クライアントを削除するのには

Ccmclean.exe ツールでは、SMS 2003 Toolkit のコンポーネントです。SMS 2003 アドバンスト クライアント、SMS 2003 管理ポイント、またはその両方を削除するのにツールを使用することができます。



SMS 2003 Toolkit を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
Ccmclean ツールで使用される構文は、次のようにします。
  • Ccmclean/クライアント: この SMS アドバンスト クライアントを削除します。
  • Ccmclean/mp: この管理ポイントを削除します。
  • Ccmclean/すべて: 両方がインストールされている場合、SMS アドバンスト クライアントと管理ポイントの両方を削除このされます。

SMS サーバーと SMS アドバンスト クライアント ログ ファイルの分析を収集します。

SMS ログ ファイルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

867490 Systems Management Server 2003 で作成されるログ ファイルの一覧。

注: リアルタイムでログ ファイルを表示することができるので、ログ ファイルを表示するのには SMS Toolkit に含まれている Trace32 ツール (SMSTrace) を使用することをお勧めします。 SMSTrace を使用して、エラー コードの参照を実行することもできます。 SMSTrace エラーの検索] ダイアログ ボックスを表示するのにはctrl キー + L キーを押します。 エラー コードを入力することができます。SMSTrace 復号化できるなど、Win32 エラーや WMI エラー、エラー コードである場合も、エラー コードのテキストが表示されます。

SMS 2003 Toolkit を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

関連情報


クライアント プッシュ インストールの詳細のトラブルシューティングの詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

928282 高度なクライアント プッシュ インストールの問題では、Systems Management Server 2003 およびシステム センター構成マネージャー 2007 のトラブルシューティング方法