[MS07-017] GDI の脆弱性により、リモートでコードが実行される

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS07-017 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

既知の問題

  • Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows XP を実行しているコンピュータに、このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、特定のプリンタ ドライバを使用して印刷しようとすると、以下のいずれかの現象が発生することもあります。

    • コンピュータが自動的に再起動する。

    • ログオン後、次のエラー メッセージが表示される。

      Microsoft Windows

      システムは深刻なエラーから回復しました。
      このエラーのログが作成されました。
      この問題を Microsoft に報告してください。
      Microsoft Windows のエラー報告が作成されました。弊社では、この報告を製品の改善に役立てるとともに、匿名の機密情報として扱います。
      エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。

      メッセージ ボックス下部のリンクをクリックすると、次のようなエラー署名情報が表示されます。

      BCCode : 0x0000007f (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000) OSVer : 5_1_2600 SP : 0_0 Product : 256_1
    • 次の STOP エラー メッセージが表示される。

      A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage to your computer...

      Technical information:


      *** Stop 0x0000007f (0x00000000, 0x00000000, 0x00000000, 0x00000000) UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP
    この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


    935843 GDI のセキュリティ更新プログラム 925902 がインストールされている Windows XP または Windows 2000 から印刷すると、Stop 0x0000007F エラーが表示される
  • Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピュータに、このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、特定のサードパーティ アプリケーションが起動しないことがあります。また、次のようなエラー メッセージが表示されます。


    application_executable_name - システム DLL の不正な再配置

    システム DLL user32.dll がメモリ内で再配置されました。アプリケーションは正常に動作しません。再配置が起きたのは、DLL C:\Windows\System32\Hhctrl.ocx が、Windows システム DLL のために予約されているアドレス範囲を使用していたためです。この DLL のベンダに連絡して、新しい DLL を入手してください。

    この問題の関連情報、およびマイクロソフトによりこの問題が発生することが確認されているサードパーティ プログラムの一覧を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


    935448 Windows XP Service Pack 2 を実行しているコンピュータで、特定のプログラムが起動せず、エラー メッセージ "システム DLL の不正な再配置" が表示されることがある

    他のプログラムを使用しているときに、同じようなメッセージが表示される場合は、更新プログラム 935448 をインストールしてください。他のプログラムでもこの問題が発生することを確認した場合には、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 935448 を更新して詳細情報を掲載します。

技術上の改定

この資料のリビジョン番号とレビュー日には、軽微な編集上の改定または構造上の改定が反映されていることがあります。次の表に、この資料に加えられた主な技術上の改定を記載します。

日付

改訂

2007 年 4 月 17 日
「既知の問題」を更新し、このセキュリティ更新プログラムのインストール後に表示される可能性がある STOP エラーについての情報を記載しました。この表を追加しました。


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号:925902 - 最終更新日: 2008/07/20 - リビジョン: 1

フィードバック